ブラジルのジャボチカバ

先日ブラジルに居られます石崎様にジャボチカバ情報提供を
お願いしたところ、ジオログに画像付きで現地の様子を
お知らせいただきました。
原産地ではキロ単価の安いこと、
移植が難しい植物のようだとのこと。
驚きました・・。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/takashiishizaki

            
  by 文
HPm garden
# by mgarden2 | 2004-12-12 21:34 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

マンゴーの手入れ

b0028299_2045146.jpg

2日のインターバルをおいてマンゴーにピカコー10倍を撒布したところ
写真のようにカイガラムシがコロリ。と動かなくなっていました。
綿を出す気配がありません。
これはピカコー10倍の濃度でカイガラムシの気門がふさがった
ということと考えたいです。
次回のカイガラムシ発生時期までどのくらいの期間があるかわかりませんが
しばらくこのまま様子を観察してみます。

下の写真はマンゴーの花芽の様子です。
今このように花芽が出ているのは110株のうち数株なので
花芽のスタート時期を一致させるために写真の花芽を欠きます。
b0028299_2052758.jpg


マンゴーの神様は女性に優しい。と、ある文献で読みました。
それだけの理由でマンゴー栽培経験が浅い私が管理を買ってでている次第です。
                                      by 文
HP  M Garden
# by mgarden2 | 2004-12-10 20:00 | マンゴー | Comments(0)

サボテンと多肉植物の寄せ植え

b0028299_18362834.jpg
久しぶりにサボテンと多肉植物の寄せ植えを作ってみました。以前は、このような寄せ植えを幼稚園のバザーなどで売ったこともあるのですが、最近は忙しいこともあり、寄せ植えとはご無沙汰でした。毎月欠かすことなく参加しているサボテンの趣味の会では、単品での売買が主になっています。
植えられているものの名前ですが、手前および全体(多肉)セダムの一種、二列目左から(サボテン)海王丸、(サ)烏城丸、(サ)ランポー玉、三列目(多)ブロンズ姫、(サ)碧瑠璃ランポー玉、(サ)明星、四列目(碧瑠璃ランポー玉の後ろ)(多)月兎耳、五列目(多)ハオルチアの一種、(多)オーロラ、(多)寿、以上11種です。
鉢の幅は10センチです。画像ではもっと大きく見えるかもしれませんが、実際はかなりコンパクトな寄せ植えになっています。使った11種は、どれも育て易い種類で、温室がなくても十分育てることができるものばかり。将来は、農園の中にサボテンと多肉の展示場を設けたいと密かに考えています。販売するものも並べられればなおいいことですが。現在は農園とは別の場所に、計48坪のサボテンと多肉植物専用のハウスを持っていますが、観光農園を始めればそちらの面倒を見る暇がなくなるでしょう。そんなわけで、サボテンと多肉植物のハウスを引っ越し、観光農園の一部に組み込みたいと思うわけです。(代表)
# by mgarden2 | 2004-12-07 18:36 | Comments(0)

マンゴーの手入れ

b0028299_2194526.jpg


今、ハウス内の鉢植え栽培マンゴーの中で花芽が出たものが数%あります。
緑の円で囲んだ塔立ちのしている茎がそうですが、
このような芽を有葉花と呼んでいます。
このような芽は花が咲いても受粉率が弱いため早めに切り捨てるようにします。


マンゴーに付くアカダニ防除のためピカコー10倍を撒布しました。
ピカコーは赤道付近でとれる海藻を農業資材用として開発されたもので、
当園ではアカダニ防除効果を期待して撒布しています。
                                 by 文
# by mgarden2 | 2004-12-05 21:11 | マンゴー | Comments(0)

茶園に苦土石灰を投入しました


昨日~今日の午前中は茶園の土壌改良のため茶の畝間に
苦土石灰を10a当たり6袋投入しました。
これにより翌年の新根の成長を促し、苦土の効果で葉の葉緑素がアップして
葉がいきいきとさせます。
                                     by文
# by mgarden2 | 2004-12-04 20:49 | | Comments(0)

青島みかんの収穫始めました


青島みかん切りが始まりました。
今日は3人で800kgほど切ったでしょうか。
この勢いで切り続けると3、4日で切り終えてしまいそうです。

家へ帰って糖度を測ったら鳥がつついた箇所は13度。
その反対側の糖度は12度でした。

12度では甘みがある方だと思いますが
鳥の第6感はすごいなぁ、と思いました。(◎~◎)
by文
# by mgarden2 | 2004-12-01 19:44 | みかん | Comments(0)

バンレイシ(釈迦頭)収穫

b0028299_19205519.jpg
11月20日に果実を触ってみると、かなり柔らかくなっていて焦りました。即もぎ取り、家に持ち帰りました。よく熟れてよい香りがします。果実の直径6センチ、重さは105グラム、糖度は16度ありました。すでに熟しすぎていて、柔らかくなりすぎていましたが、バンレイシ特有のクリームのような食感を味わうことができました。
画像は二個なった果実のうちのあとで収穫したものです。二個目は22日に収穫しました。ジクのところの果皮が裂けていたので、ダンゴムシに食べられてしまうのではないかと心配になり採ってしまいました。今日(25日)切ってみましたが、追熟が足りず、果肉も硬いまま。直径8センチ、重さ210グラム、果汁が採れず糖度測定不能、種子の数38個。香りはほとんどなく、食感はカキに近い感じです。かろうじて、果皮に近い部分が少しだけクリーム状になっていました。家族全員で試食しましたが、「美味しい」~「まあまあ食べられる」という程度の評価でした。収穫が早すぎました。勿体無いことをしました。(代表)
# by mgarden2 | 2004-11-25 19:47 | 果樹(その他) | Comments(0)