カテゴリ:ジャボチカバ( 344 )

今日のサービス

先週のブログで宣伝した

ジャボチカバベーグル

自薦した手前、昨夜は一生懸命焼きました。

けれども肝心な時にいつもコケる私。。。

狭い菓子工房で数種類のパンやケーキを同時進行しながら
ベーグル生地をこねていたら
水分配合を間違えて2度も台無しにしてしまい
夜通しいろいろと仕込みながら焼いていたら
寝たのが朝の4時でした。。。(=_=)

頑張って焼いたパンやケーキをお客さんに喜んでもらえて
今日は特に嬉しかったです。

ベーグルを焼きながら仕込んだジャボチカバタルト
b0028299_22024951.jpg
クラフティの生地に酸味のあるジャボチカバがちょこちょこと乗っています。
タルトを頼んだお客さんから
「このタルトはさつまいもが入っていますか?」
と聞かれましたがサツマイモははいっていません。
私も前々からジャボチカバの皮をオーブンで焼いた時に
サツマイモのような香ばしさを感じていましたが、
サツマイモとジャボチカバの皮に共通するポリフェノールの成分が
匂いと関係するのかもしれません。

ぷりん生地にジャボチカバ、合いますよ!


こちらは事後報告。。
今日のランチのおまかせサラダに下の農産物がサービスで付きました。
b0028299_21442418.jpg
父と母が育てている落花生の様子です。
茹でてランチのプレートにおつけしました。
サービスでつけたつもりですが、
お客さんによっては苦手な方がいたかもしれません。
落花生は抗酸化作用があり、貧血にも良いそうです。

時々農園で採れた野菜や果物がランチのサービスに付きます。


秋といえば運動の秋でもありますね。
今日はSBS学苑主催のゆったり始める山登りの体験講座があり、
ランチタイムに農園カフェをご利用頂きました。
b0028299_21440194.jpg
参加者のみなさんと登山ガイドの唐橋さん(左奥)

いい汗を流して楽しそうです!

他には女性グループやサイクリングの方、カップルさんなど
割りとのんびりと過ごされていました。

秋が深まるにつれて実も増えてきています。
摘み取り体験も出来るようになりましたので
宜しければまた見に来てくださいね。

それではまた一週刊頑張りましょう!








by mgarden2 | 2018-09-23 22:47 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカバのミニ盆栽

盆栽には興味があるのですが、なにしろ習ったことがないので、決まりや技などさっぱりわかりません。

そんな私ですが、ジャボチカバの盆栽っぽいものを作ってみました。

じゃ~ん!
b0028299_20084025.jpg
もひとつ、ど~ん!
b0028299_20132961.jpg
どちらも2015年実生小葉系ジャボチカバ。
8センチ鉢。
盆栽っぽい?(代表)

by mgarden2 | 2018-09-05 20:27 | ジャボチカバ | Comments(0)

一日花のジャボチカバ

昨日の朝、数十本の四季なりジャボチカバが満開でした。
画像は昨日の朝の様子です。
b0028299_21591796.jpg
今朝様子を見てみると、昨日咲いた花はすべて萎んでいました。
日曜日に満開になることが滅多にないのが残念です。

明後日17日(日)ジャボチカバの摘み取り体験できます。
17日のカフェ営業、明日もう少し詳しくご案内できればと思います。(代表)

by mgarden2 | 2018-06-15 22:11 | ジャボチカバ | Comments(0)

黄色に注意

b0028299_17561273.jpg
今週からまたジャボチカバの実が増えてきました。
同時にハウス内ではアザミウマ等の小さな虫も増えて
ジャボチカバの皮も傷が付いたものが見られるように
なりました。

アザミウマは黄色や青色に反応して寄って来る性質がある事がわかっていて下の写真のような虫避け用の資材が売られています。

b0028299_17553650.jpg
bag-scan

実際にハウス内で黄色い服を来て作業をしていると
アザミウマが服に付く事もあります。

黄色い服を来て来園される方は
アザミウマに注意して下さい。
アザミウマはアザミウマ目体長2㎜程の昆虫です。
馬ではありません。


by mgarden2 | 2018-05-24 19:15 | ジャボチカバ | Comments(0)

お知らせ

西川農園週一の営業日の明日、満開のジャボチカバを見ることができそうです。
b0028299_21265136.jpg
画像はスタッフオンリーの場所に植えてあるジャボチカバの今日の様子。
見学できる場所の木もたくさん花を咲かせそうです。
b0028299_21331946.jpg
静岡市の発行している「しずおか東海道まちあるきガイドブック」の改訂版が届きました。
前作よりもかなりボリュームアップ!
農園に置いておくのでご覧ください。(代表)

by mgarden2 | 2018-03-17 21:40 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカ盆栽

盆栽には憧れるけど難しそう。
でも作ってみたいジャボチカ盆栽。
b0028299_20511020.jpg
苗コーナーに鎮座する35センチ鉢植えアッスー。
見た目からは信じられない20年生以上の木。
今日剪定してすっきり。
今年も実がなりそうな気配。
b0028299_21003169.jpg
彦生えを掘り取って10年ほど育て150センチほどになったものを昨年カットしてみた小葉系。
40センチ鉢、樹高も40センチほど。
下から2番目の枝のところで切りたいとか、1番目の枝のところで切りたいという衝動と戦い中。
うーん、もっと切りたい。
b0028299_21115293.jpg
樹高3メートル以上あったものを盆栽風にしたくて昨年切ってしまった小葉系。
30センチ鉢は割れ、根は深く地中に伸びた状態。
樹齢20年以上。
ここからどうしてよいのかわからない。

昨日市場にみかんを出荷して、帰り道に本屋に寄ったら「小屋本」のコーナーができていてびっくり!
薪ストーブ、ピザ窯、小屋など、生活必需品ではないけれどなぜか憧れてしまう。
「盆栽世界」の4月号に接ぎ木の仕方が詳しく載っていたので購入。
読み始めたら楽しくてつい夜更かし。
花より団子的なジャボチカ盆栽、いけるかも!(代表)

by mgarden2 | 2018-03-06 21:39 | ジャボチカバ | Comments(0)

春の気配

雨は上がったものの、突然の春一番に少々慌てた一日でした。

外の景色が急速に春めいていく中、ジャボチカバの蕾も日に日に膨らんできています。
b0028299_21050120.jpg
画像は今日咲いた花(小葉系)と明日開くであろう蕾たち。
しっかり受粉できるように今週からハウスの最低温度を16度に上げました。
これから咲く花が上手く受粉できて、4月に大量の実がなってくれるといいな。(代表)

by mgarden2 | 2018-03-01 21:51 | ジャボチカバ | Comments(0)

こんなところにジャボチカバ

先日、農園カフェに
「ジャボチカバという果物があることを本で知って見たくなって来ました。」
と若い姉妹が遠方から来てくれました。
どんな本なのかと尋ねると
ヤマザキマリさんの本だというので
(ジャボチカバがヤマザキさんの本の中でどんな風に紹介されているんだろう・・・?)
と興味を持ってその本を購入しました。
本のタイトルは 『国境のない生き方』小学館新書

本を開き、
どのページに紹介されているのかな?と
早速目次を見て。。。
すぐにわかっちゃいました(笑)

内容の詳細は書きません。
農園カフェのブックコーナーに
置いておきますので来園予定がある方、
読んでみてください。
b0028299_21355471.jpg



ジャボチカバ紹介の章を読んだ率直な感想を2つ。
去年『ざんねんないきもの事典』という本が様々なメディアで紹介されていましたが、
ジャボチカバも「どうしてそうなってしまったんだ?」
とつっこまれる生物(ナマモノ)に違いありません。
そして「かわいそうな食べ物事典」のリストに入るのかもしれないなぁ、と思いました。

もう一つは、ヤマザキさんはまだジャボチカバを食べたことがないとの事なので
チャンスがあれば是非実を食べてもらいたい、ということです。
ますます筆が立ちそうです^^


ジャボチカバの章以外のお話はこれからゆっくりと楽しみに読みます。




by mgarden2 | 2018-02-22 22:17 | ジャボチカバ | Comments(0)

寒害と肥(こえ)焼け

今年の冬は寒さもきつく、軒下のジャボチカバもかなり葉が傷んできました。

先日ジャボチカバ初心者の友人のところへ伺った折、電話で聞いていた具合が悪いを通り越してすでに瀕死の状態にあるジャボチカバと対面することになり、もっと早く来ていればよかったと後悔しました。
b0028299_20283976.jpg
上の画像は我が家の軒下で管理しているジャボチカバの現在の様子です。
気温がマイナスにならなくても冷たい風に当たればジャボチカバの葉は簡単に傷みます。まだ寒さが続くようなので、痛みはさらにひどくなるでしょう。
b0028299_20342138.jpg
二枚目の画像は寒害や夏の日焼けのようにも見えますが実は違います。
この葉の中心から葉脈に沿って茶色や赤茶色に変色していく傷み方、これが肥料をやりすぎたときに起きる葉焼けいわゆる肥焼け(肥傷み)です。
これはかなりひどい状態ですが、さらにひどい場合は葉が下に垂れてしまいます。そうなった場合は残念ですが手遅れの可能性が大きいです。応急処置としては、葉の量を減らし水を多めにあげるとこくらいしか方法がありません。樹勢が回復して新芽が出ても葉がしっかり開くまでは肥料を上げないで下さい。

ジャボチカバは細い根が多いので水や肥料をよく吸います。早く大きくしたくてつい肥料を多めにやってしまいますが、人間と同じで過度の栄養過多はよくありません。木のサイズ鉢のサイズにより必要な肥料の量は変わってきます。
一概にこれだけやればよいということが言えないので肥料について質問されるととても答えにくいのですが、目安としてひとつ言えることは、チッソ成分が10パーセント以下の肥料をほんの少しずつ1年に数回与えるようにすれば、肥料のやりすぎで枯らしてしまうことはまずないということです。新芽が伸びて葉が開いたときになんだか葉が小さくなったように感じたら、次の肥料は少し多めに与えて下さい。
そういう私も初めの頃はお茶用の肥料を与えて苗を大量に枯らしてしまったこともあるし、今でもときどき肥料のやりすぎで葉焼けを起こさせたりしています。(代表)


by mgarden2 | 2018-02-05 21:19 | ジャボチカバ | Comments(0)

もう金曜日!?

夕飯を食べ終えるまで今日が金曜日だということを忘れていました。

明後日のカフェ営業は普段通りですが、ジャボチカバの画像を撮り忘れてしまったので、明日のブログで再度書きたいと思います。
それからひとつお詫びを。
今月いっぱい作る予定でいた清水の赤堀農園産ビーツとジャボチカバの入ったチョコレートケーキは、ビーツが終わってしまったので作ることができなくなりました。楽しみにして下さっていた皆さんすみませんでした。
その代わりといってはなんですが、西川農園で採れたニンジンを使ってキャロットケーキを焼きます。
b0028299_20303021.jpg
先週の日曜日の苗コーナー。
チカバの森の住人が非売品の盆栽風ジャボチカバの上からお客さんを眺めていましたが、気が付いた方はいなかったようです。(代表)

by mgarden2 | 2017-11-24 20:44 | ジャボチカバ | Comments(0)