2016年 04月 12日 ( 1 )

拾ってみたら巨大なジャボチカバだった(笑)

先週の土曜日にジャボチカバに肥料をやりました。

下を向いて肥料を撒いていたら、グァバ?みたいなものが落ちているのを発見。

拾ってみたらアッスーワンの実でした。

いつの間に?
b0028299_2133236.jpg

知らないうちに何個かなっていました。
b0028299_21352951.jpg

(拾ったジャボチカバ)
比べるものがないとただのジャボチカバ。

でも、実際はかなり巨大。
b0028299_2136288.jpg

実の直径は41ミリありました。

ピンポン玉が枝についている姿を想像して下さい。

小葉系のジャボチカバだと実の直径は20~25ミリ、果重は8~12グラム程度。

30ミリ、15グラムくらいのサイズになる実もありますが、それくらいの大きさになるとかなり食べ応えがあります。

さて肝心の味ですが、アッスーワンと呼ばれるこのジャボチカバ、ブドウの巨峰を薄味にしたような感じといえば伝わるでしょうか。

すごく甘いというわけではないですが、食べ応えは抜群です。

でも、残念ながら西川農園ではたくさんはなってくれません。

本来はどの程度なるものなのでしょうか?

それから、どこの国が原産で、正式な品種名はなんというのでしょう?

気になるところです。



アッスーワンの開花株45000円(発送可)よりあります。

接ぎ木して何年たったか忘れてしまいました。

実がなるまでにとにかく時間がかかります。(代表)
by mgarden2 | 2016-04-12 22:06 | ジャボチカバ | Comments(0)