2011年 03月 30日 ( 1 )

萌芽


やぶきた茶の萌芽の様子

平地の茶園のごみ拾いが終わって、ようやく山の茶園のごみ拾いを始めました。
ごみ拾いは一番茶の収穫期まで延々と続きます。

去年は3月末日に襲い掛かった遅霜に、静岡県内の多くの茶農家が泣きました。
今年は新芽が霜に襲われないように願います。


今日の茶園


今日の静岡新聞で、川勝県知事が岩手・大槌町を訪問して、被災に遭われた方1万2千人をホテルや旅館などに短期間受け入れたいという意向があることを知りました。
その記事を読み始めて、私も伊豆の温泉地などで疲れた身体を少しでも癒してもらえたら嬉しいなぁ、と思いましたが、担当者の答えは意外にも、
被災者の中には家を失っても生まれ育った故郷を離れがたい人など
さまざな事情を抱えている人がおり、
積極的に申し出を引き受けるつもりはないとのことでした。

有意義な提案のように思えても、置かれた立場によって受け止め方はさまざまなのですね。

県知事の訪問に限らず被災地では本当にさまざまなことが起っていることでしょう。
被災地にいる方の負担を少しでも軽くできるように、
そして皆で希望をもって生活ができるように願いながら私も仕事に励みたいと思います。


(AYA)
by mgarden2 | 2011-03-30 20:56 | | Comments(0)