焼き菓子の名前変更お知らせと11月4日のカフェメニュー

朝晩肌寒くなってきましたね。
風邪も流行ってきているそうです。
体調管理をしっかりしたいですね。

今まで”ジャボチカバシフォンラスク”として販売していた焼き菓子を
今週から”ジャボチカバロッシェ”と商品名を変更しました。

ラスクというのはパンを薄く切って砂糖などを塗って焼いたお菓子です。
今まで作っていたものはシフォンケーキを薄くカットしてメレンゲを付けて焼いた
メレンゲ菓子でラスクではありませんでした。
けれどもどのような名前がこのお菓子にふさわしいかうまい考えが浮かばず
細々とラスクとして販売していました。

最近、お菓子の勉強をしているうちに、
メレンゲ菓子の中でも
メレンゲを岩のような外観にして焼いたメレンゲを
”ロッシェ”と呼ぶことがわかり、
岩のように満開の花がぎっしり幹についている様子を表した
ジャボチカバロッシェ
という名前にしてみました。

ジャボチカバロッシェの中には
ドライジャボチカバと香ばしいピーカンナッツが生地に練りこまれていて
甘くて香ばしい、サクッとしたお菓子です。

名称とラベルが変わりましたが値段の変更はありません。

ティータイムのお伴やちょっとしたお土産に使っていただけたら嬉しいです。


b0028299_20370426.jpg
ジャボチカバロッシェ


農園の菜園区画では秋冬野菜、秋のキノコがすくすくと育って
収穫ができるようになりました。
b0028299_20380233.jpg
毎年カフェメニューのスープ用に育てているコカブ

11月の季節のスープはかぶのポタージュです。
b0028299_20381273.jpg
原木栽培のしいたけはキノコのマリネに
b0028299_20382579.jpg
ラディッシュは虫に食べられたものもありましたが
良いものだけ選んで薄くスライスしてサラダになります。

b0028299_20371803.jpg
11月の軽食セット(15食分用意しています)
1000円プレート
(写真はイメージです)
里芋の焼きコロッケを出す予定でしたが、
試食をした家族から
「揚げた方が美味しい」
という意見だったので
通常の里芋コロッケになります。
チーズカレー入りでさらに美味しいメニューにしました。


食後のデザートセット
b0028299_20385121.jpg
ジャボチカバのミニタルト又はジャボチカバミニジェラート
みかんロール&洋ナシ付き


b0028299_21070632.jpg
実が少しずつ増えています。
ジャボチカバの摘み取り体験も楽しめます。
ジャボチカバ苗の販売もあります。

皆様のお越しをお待ちしています。


by mgarden2 | 2018-11-02 21:11 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< ピチピチ、コトコト・・ 農園のかわいいお化け >>