秋冬番茶終盤

ひたすら番茶収穫の日々が続いています。
朝はどんよりとした雲に覆われていた茶畑も
午後から青空が出てきて、
刈り取ったお茶が日に焼ける事無く
今週は順調に作業が進んでいます。

b0028299_22181510.jpg


一日茶畑と空を眺めて過ごしました。
美しい雲だったので美しい詩を口ずさみながら。

「白い雲」

おお見よ、白い雲はまた
忘れられた美しい歌の
かすかなメロディーのように
青い空をかなたへ漂っていく

長い旅路にあって
さすらいの悲しみと喜びを
味わいつくしたものでなければ
あの雲の心はわからない

私は、太陽や海や風のように
白いもの、定めないものが好きだ
それは、ふるさとを離れたさすらい人の
姉妹であり天使であるのだから

     ー ヘルマン・ヘッセ ー

b0028299_22184247.jpg


b0028299_22185966.jpg

あの雲の白い粒粒の一つ一つが、
もしかしたら遠い昔、
この山の茶園の葉から沸き上がったものだとしたら?

そんなことを考えていたらワクワクしてしまうのでした。(へ_へ)

お茶刈りはあと数日続きます。
by mgarden2 | 2016-10-12 22:34 | | Comments(0)
<< 今週末のカフェジャボチカバ 秋のカフェジャボチカバメニュー >>