パソナ“アーバンファーム”見学/明日のお勧め♪

今日は1989年から92年ごろにかけて北京にある中国人民大学に留学していた仲間たちの同窓会が、東京駅の近く新丸の内ビル内にあるレストランで開かれました。
あれから20年経って、みなさんご立派になられて・・・。
半数は初対面の方々でしたが、同じ時代に北京にいたということで、中国関連の話題で盛り上がりました。


新幹線に乗って上京したのは本当に久しぶりのことで、東京駅ってこんなに広かったっけ!?ときょろきょろしながら歩いてしまいました。新しくなった東京駅でカメラを構えている人の数がまたすごい!
道行く人々が皆元気です。この活気はどこから来るのでしょう。


同窓会は昼からだったので、その前に兼ねてから予定していたパソナグループ本部“アーバンファーム”の見学をしました。一般にも開放されていますが、見学可能なのは土日祝日以外の営業日なので、見学希望の方は気をつけて下さい。
東京駅の日本橋口を出てすぐのところに本部ビルがあるのですが、どのビルだろうと探さなくてもすぐにわかります。なぜなら、ビル全体がすごいことになっているからです。
b0028299_22174933.jpg

花の時期にはビル側面にバラが咲き乱れるそうです。
今の時期は紅葉も見られます。
b0028299_22192898.jpg

窓の外の手が届かないところまで伸びている植物の手入れや掃除は大変な作業だということでした。

外だけでなく中も植物だらけ、ビル内の植物工場では人工灯で野菜も作られています。収穫された野菜は社内の食堂で社員に提供されています。
b0028299_22213795.jpg

パッションフルーツは実をつけていましたが、肝心のジャボチカバは春に植えつけてからまだ実をならせたことがないとのこと。
b0028299_22215778.jpg

診察の結果、養分は十分足りているようでしたが、光線が不足しているため葉は茂っても蕾がつきにくい状況になっているということが判明しました。(診察者は私ですが)
果樹はかなり光線を必要とするので、人工灯だけだと難しいのかもしれません。
b0028299_22222582.jpg

屋上のガーデンにもさまざまや花や果樹が。
ヒマワリが紅葉しながら花を咲かせていました。
今回は急ぎ足での見学となってしまいましたが、次回は是非ゆっくり見学したいものです。季節による変化も楽しめるそうなので、近くの方は季節ごとに足を運ぶのもいいかもしれません。(代表)

☆~○~○~□~□~☆~○~○~□~□~☆~○~○~□~□~ ☆~○~○~□~□~☆

こんばんは♪
明日はジャボチカバのソースをランチプレートにつけて出してみます。

b0028299_21302812.jpg

ジャボチカバとバルサミコ酢のフルーツソース

塩コショウ、しょう油などは加えずジャボチカバをたっぷり入れたソースです。
タマネギスライスも横に添えておきますので自由に合わせて見て下さいね。

ソースに合わせて牛ブロックにスパイスをすり込んだものを
今日はオーブンで40分ほどローストしてローストビーフを焼いてみました。

仕上がりちょこっとローストし過ぎ???で、

夜に東京から帰宅した代表に試食をしてもらったところ

「これは・・・。ローストビーフというより、ビーフジャーキーだな。」

と、有難いコメントいただいています(ーー;;

ビーフジャーキー風ローストビーフ???
(お子さんの歯固めに最適☆~~~??)

あとはベジ・ピンチョス(一口サイズの野菜5種とマルチみかんの串刺し)
里芋のポタージュとソフトフランスにデザート・ドリンクセットがあります。
ピンチョスは、先日の交流会で、ル・モンドふじがやさんが提案してくれた
パーティ料理のオードブルとして配布されたレシピを参考に作ってみました。


あと、新メニューはジャボチカバジャムとホワイトチョコのプチジャムパン♪
b0028299_2131568.jpg

仕込み中です。
いつものベーコンサンド&カマンベールサンドもあります。

他、ジャボチカバのバトンは、以前の春巻きで巻いた方がしっとりとして美味しかったと、
お客さんから意見をいただいていて、両方の良いところをドッキングして
春巻き+パート・フィロの2層で仕上げてみました。

雨が心配ですが、来園をお待ちしています!

(AYA)
by mgarden2 | 2012-11-10 21:57 | 外遊録 | Comments(0)
<< 163回目のカフェ・ジャボチカバ 美女はジャボチカバにはまる >>