ゴールデンウィーク最終日のカフェ・ジャボチカバ

今日は午後から雷雨に見舞われました。
お客さんより市内では雹が降ったと聞いて、茶の新芽が傷んでいないか心配でしたが
自宅付近の茶園の被害はなさそうです。

今日はご希望の方に手摘み茶の呈茶サービスがありました。
南国植物が茂る鉄骨のビニールハウスの中はトロピカルムードで一杯で、
日本茶を飲みたいという雰囲気ではない・・・
というお客さんもいらっしゃいます。
そこで、少しでも日本茶の雰囲気を出すために、
今日はお茶を枝ごと切って花器に差してみました。
(『生ける』とは言いがたいかもしれません。ただのブッシュ挿しアレンジです)
手摘み用の茶の枝  新芽付き!
b0028299_21125838.jpg


お客様の中には、この植物がなんという名前かご存じない方も何組がいて、
「これが茶の葉ですよ。」と言うと
「生き生きとして綺麗な葉っぱですねー。何の葉かしらね?って話していたんですよ」
と驚かれていました。
私も、農家へ嫁ぐ前は植物のことはほとんどわかりませんでしたから
お客様が驚かれたことや、新たに名前を知ったり、味わったりして愉しまれる様子に
とても共感しています。
b0028299_2191475.jpg

呈茶の茶とお菓子
今朝、小豆あんと抹茶の生地で小さなお焼きを作ってきました。
お焼きの上には桜花の塩漬けを乗せてみました。

ジャボチカバのような南国フルーツのハウスでの呈茶は、お客さんにとっては
ハワイアンセンターの中のお茶休憩所のような感じになるんでしょうか??
まぁ、皆さん旬の味を味わっていただけたようでやって良かったなぁ、と思っています。

こちらは初!試飲用ジャボチカバジュース
ジュースの色が鮮やかでとても綺麗です。
b0028299_22331638.jpg

お客様からのコメントは
・さっぱりとして美味しいです。
・しそジュースに似ていますね。
・ジャボチカバの風味も感じられます
とのことでした。

これも十分美味しいですが、農園で改めて飲んでみて、
ジャボチカバの農園で提供するジュースなので、もう一工夫加えて、
ジュースらしいフレッシュ感を出すことができたら最高だろうな、
と感じました。
ジュースの提供までは、もう少し時間がかかりそうです。

今日はゴールデンウィーク最終日で、家族連れのお客さんが半数を占めていました。
農園内の様子を見まわっていたら、こんな風に摘み取りをしている親子もいました。
b0028299_21101849.jpg


足台に上って樹の高い場所で摘み取りをしているお子さんの側で
お父さんが声をかけていているところです。
楽しい、温かい会話が聞こえそうです・・。^^

農園カフェを開く時、「親子やカップルが気軽に楽しめる場所の提供をしたい」
というのは、大きな目標の一つでした。
私達自身、ゴールデンウィーク中は毎年お茶の農繁期と重なり、
親子で出かけることは滅多に無いことでしたので
自分たちが出来なかった夢を代わりに実現してくれているようで
お客様に,ありがとう!の気持ちで一杯です。
これからもお客さんが楽しんでもらえるような雰囲気作りを心がけていきたいと思います。

(AYA)
by mgarden2 | 2012-05-06 22:30 | Comments(0)
<< あくに手を染めて・・・ 農繁期の日録 >>