パンとジャボチカバジャムの話

昨日仕込んだ生地でブリオッシュを焼きました。

レシピ通りに焼いてみたけれど、ちょっと火力が強かったみたいです。(^^ゝ

今日はこのブリオッシュと2種類のジャボチカバジャムを持って
市内にあるパンの材料店”maman”さんへ行ってきました。
ジャボチカバジャムに合うパンを一緒に考えてもらいたい。と、お願いに伺ったのです。
mamanさんにはパンの材料の他、ジャムやお菓子の材料、ラッピング素材などが沢山!
手作り意欲がぐんぐん湧いてくる不思議な魅力のあるお店です。
去年からカフェコーナーも併設されて店内でゆっくり過ごすこともできます。

去年販売したジャムはヨーグルトなどのソースとして良いのでは、ということ。
新しく作ったジャムはストレートな小麦の味との相性が良さそうですね、との
ご意見をいただきました。
(突然の訪問に快くアドバイスをくださったmamanさん有難う~!)

さて、今日はちょっと提案があります。
小葉系のジャボチカバは年に1~2回収穫でき、味も巨峰に似て日本人にもブラジル人にも人気のある品種で、すでに予約待ちの状況です。ところが、四季なりジャボチカバは味がさっぱりしているということと、大きい種と厚い皮が食感を悪くしていて、生のままではなかなか売れません。最近お客さんの足が遠のいてしまった原因の一つとして、「珍しさが先行していて実際には生食にあまり向かない四季なりジャボチカバを小葉系ジャボチカバと同じ1カップ400円で販売していること。」ではないかと考えました。
そこで、
四季なりジャボチカバ1等品1カップ300円に値下げ
四季なりジャボチカバ2等品(ジャム加工用)300g500円
で販売してみることにしました。

値段設定を変えたのは、お客さんが農家が経営している果樹ハウスに訪れて、
「来て良かったな♪また来たいな。」
と思うのは、
<美味しくて安くて安全なもの>
を直接買うことが出来るからなのだと痛感してのことです。
代表の経営方針では、ハウスの維持費(燃料代も含め)を考えると、最低でも1カップ400円は欲しいところなのだそうですが、冬場は特に部屋にひきこもりがちになるし、自宅でジャム作りが楽しめるお手伝いが出来れば私も嬉しい限りです。
今週末は配布用のジャボチカバジャムレシピを少し印刷してみます。
ジャム作りの好きな方、無化学農薬のジャボチカバを丸ごと使ったジャム作りはいかがですか。(^^)

@ジャム試食用パン(ドリンク付セット500円)も焼く予定です。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-01-20 20:30 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)
<< 食と農の改革フォーラム 発酵生地 >>