ジャボチカバの飲む寒天ジュレ



ジャボチカバの実が増えてきたのでこれからの季節にぴったりの
ジャボチカバヘルシースイーツを試作で作ってみました。
b0028299_21082964.jpg
ジャボチカバゼリーを寒天ゼリーに乗せた飲む寒天ジュレ

ジャボチカバゼリー(海藻類で固めたもの)
静岡市内、心太と寒天の専門店大信様の「プレミアム粉末寒天」を使用。

b0028299_21084886.jpg
ストローで寒天と混ぜると甘酸っぱいジャボチカバが
チュルチュルと飲めて美味しいですよ!



# by mgarden2 | 2017-04-05 21:40 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

ジャボチカバジャム売れてます

4/2農園に来ていただいたお客さま、どうも有り難うございました。
遠方から友人を誘って、また家族連れ、カップルでのんびりと
過ごしていただいて嬉しかったです。

口コミでお土産用のジャムを買いに来られた方も多く、
今日はまたジャムを作りました。

b0028299_21513749.jpg
作りたてのジャム
ラベルを貼り付けたところ。
b0028299_21523357.jpg
今回も糖度は42%前後。
(写真はありませんが45%の所もありました)
低糖の上保存料を入れていないため
お買い上げいただいたジャムは開封後
早めに使用してください。

無農薬ジャボチカバで作ったジャムは
清涼感のある酸味と渋みが特徴の独特の風味。大人の味です。

パンに塗ったりヨーグルトやバニラアイスに乗せて召し上がってみてください。





# by mgarden2 | 2017-04-04 22:20 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

特別企画「巨大ジャボチカバアッスーワンを食べてみよう!」

一雨ごとに暖かくなっていくのかと思いきやいまだに寒い4月の始まり。
それでもあちこちにヤマザクラが咲き始め、山の景色も華やいできました。
b0028299_20484583.jpg
先週から熟し始めた大玉品種のアッスーワンが、熟しすぎて連日落果しています。
全部採ってジャムにしようかと思いましたが、せっかくなので興味のある方に試食してもらうことにしました。

アッスーワンの木は摘み取り体験対象外です。
試食したい方は遠慮なく申し出て下さい。(代表)














# by mgarden2 | 2017-04-01 20:59 | ジャボチカバ | Comments(0)

初タケノコ

今日タケノコを掘りに行きましたが、案の定イノシシに食べつくされていて、やっぱりダメか~という状況の中、奇跡的に1本だけイノシシの目残しを発見して、明後日軽食セットで提供するキッシュの具を確保することができました。
b0028299_22313947.jpg
久々のバトン、ザクザクのビスコッティ。
パンナコッタにチーズケーキ。
天気が悪そうなのでジュースよりも温かいジャボチカバティーがおすすめ。
b0028299_22375032.jpg
小葉系はまだなっていませんが、明後日2日(日曜)四季なりジャボチカバは摘み取りできます。(代表)














# by mgarden2 | 2017-03-31 22:44 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

水洗いbefore after

朝ジャボチカバの水やりを終えて家への帰り道、カモシカとご対面。
初のご対面でびっくりでしたが、カモシカもびっくりしたらしく慌てて山に入ってしまいました。

ジャボチカバの木は花が萎びて干し草のような香りを放っています。
このままにしておくとガが寄り付きやすくなるので洗います。
水やりのついでにホースの水を飛ばして上から下までジャバジャバ洗います。

  before

b0028299_20312835.jpg

after

b0028299_20365048.jpg
まだ雌しべが残っています。
今回は何割くらい実になってくれるでしょうか。
しっかり観察したことはありませんが、だいたい咲いた花の数の1~3割くらいが実になるような気がします。(代表)











# by mgarden2 | 2017-03-30 20:44 | ジャボチカバ | Comments(0)

ギフト

b0028299_20412774.jpg
昨日は冷たい雨のカフェ営業でした。
満開の花を見に来てくれた方、有難うございました!
また、パンやお菓子、カフェメニューの注文もいただき有り難かったです。


今日は夕方に雷が鳴りはじめ、雹も降ってきてびっくりしました。
春先で農作物の被害が無いことを祈りたいです。

雷といえば、最近、恩田陸さんが書いた『蜜蜂と遠雷』を読みました。
養蜂業を親に持つ天才ピアニストが国際ピアノコンクールに出場するストーリー
というので手に取り読み始めた話ですが、
文中の音の表現や、音楽を愛する登場人物達の情熱に惹きこまれ、
本を読みながらそのコンクール会場で
上等な音楽を聴いているような錯覚に浸りました。

『ギフト』と呼ばれる少年の話は、
そのまま我が家にとってのジャボチカバに通じるものを感じました。
ジャボチカバという新しい作物が農園にとって『ギフト』となるのか、
それとも『災厄』にしてしまうのか。
それはこれからの私達のかかわり方、
そして周囲の評価に委ねられると思うのです。














# by mgarden2 | 2017-03-27 22:58 | Comments(0)

「ジャボチカバの旬はいつですか?」そう聞かれることがよくあります。
今まで食べ頃という観点から「一年を通じて実がなりますが、あえて言えば実が一番多い春です」と答えてきました。
でも、今朝花の香りに包まれて写真撮影していたら、これもひとつの旬かなと思えてきました。
「花も実も楽しめる春が旬です」とこれからは答えようと思います。
b0028299_20275319.jpg
小葉系はまだなっていませんが、四季なりジャボチカバは実があるので、明後日26日摘み取り体験できます。
b0028299_20301755.jpg
ジャボチカバのチーズケーキ、、パンナコッタ、ジェラート、農園サンドの軽食などいつも通りのメニューを準備しています。
(ひそかに売れ残るのを期待しながらも最近は売り切れてしまうことが多い)焼きカレーパンもあります。
b0028299_20323298.jpg
摘み取りエリアにアッスーワンという大玉品種のジャボチカバもなっていますが、こちらは摘み取らないで下さい。
「この木はとらないで下さい」という札を提げておきます。
400円の摘み取りカップがたった2個でいっぱいになってしまうサイズですから、採ったら後悔しますよ!
見るだけにして下さい。

ジャボチカバ旬に突入。
それでは日曜日にお会いしましょう。(代表)














# by mgarden2 | 2017-03-24 20:46 | Cafe Jaboticaba | Comments(2)