紫葉のマンゴー

b0028299_2035582.jpg

開花株が110鉢中5株と日に日に花数が増えてきたハウスです。
昨日マンゴーにピカコーを撒布したところ、カイガラは目で確認できる範囲で
2、3箇所の範囲まで減りました。


写真は我が園ではあまり見ることのない紫色の葉のマンゴーです。
同じ株から出て他の枝につく葉はみな緑色ですが、
今、一枝だけ紫色になっているのです。これは台木が台湾産の在来種のマンゴーで、
その台木の枝からでた新芽はこのように濃い紫色をしているのです。
この葉をちぎって嗅いでみるとアーウィンの品種よりも強い芳香がします。

インドでは結婚式等の吉事の際にマンゴーの葉で花綱をこしらえて
部屋の入り口に張り巡らすとか。
爽やかなテルペン油と蜜の香りで祝福された式はさぞかし至福の時を過ごす
ことができるに違いありませんね。   

ハウス内最高温度34.5度 最低温度14.5度 午前の仕事中23度
AYA
M Garden
# by mgarden2 | 2005-01-08 21:10 | マンゴー | Comments(0)

多肉植物2 オブツーサ

b0028299_20101926.jpg
ハオルチア属のオブツーサです。この透き通った窓がなんともいえません。ハオルチアは大間かに言うと硬葉系と軟葉系に分けることができ、この種は軟葉系の中では玉扇、万象、寿の仲間などと並び大きな人気を誇っています。タイプにより、葉の色や模様、形が微妙に違っています。(代表)
# by mgarden2 | 2005-01-07 20:24 | Comments(0)

マンゴーの施肥

ハウス内で1鉢だけ花が咲きました。
あとの鉢も花芽が完全に形成されてきたので今日は窒素分を与えることにしました。
鉢植えマンゴーに1株につき苦土重焼燐大さじ1杯 魚粕大さじ3杯ずつ投与しました。

b0028299_2130483.jpgb0028299_21303551.jpg













写真は先日のマーキングマンゴーのその後の経過です。
左上の小さい写真は今、芽の準備段階です。
夫のコメントではこれは花芽が形成される芽とのことですが、
私にはまだよくわかりません。
右の写真は花芽がしっかり見えています。あと数日で開花すると思われます。

ハウス内最高温度20.5度 最低温度14.5度 午前の仕事中15度
M Garden
# by mgarden2 | 2005-01-06 21:50 | マンゴー | Comments(0)

マンゴーのマルチ

b0028299_2019089.jpg

ハウス内最高温度35度 最低14.5度

マンゴーの実がなった時に果実全体に色がまんべんなく着く様に
みかん園でよく使っている白のビニールマルチシートを敷きました。
反射光を利用して果実の下の部分にもよく光をあてようという計画です。
ただし、これは夫の考えで、みかん園用のマルチシートがマンゴーに有用かどうかは
結果がでないとわかりません。

初夏にはサングラスが必要そうです。



M Garden< AYA>
# by mgarden2 | 2005-01-05 20:40 | マンゴー | Comments(0)

根域抑制栽培失敗

b0028299_2085017.jpg
まだ仮植の状態のマンゴーですが、怖いのは鉢から根がはみ出して直接地面から水分や養分を吸収してしまうことです。そうなると、木の生育は旺盛になりますが、蕾がつきにくくなります。レンガやブロックを鉢の下にあてがう余裕もないので、山から切り出した材木を輪切りにして、鉢を地面から持ち上げています。しかし、木材は水分を吸い腐食し、鉢から出た根が食い込んでいきます。昨年何度か鉢を持ち上げて点検し、そのつどはみ出した根も切ってきました。最後に点検したのは夏の終わりだったでしょうか。もう大丈夫だろうと安心していたら、なんのことはない、ほとんどの鉢から根がはみ出し、腐った木材を取りぬけ、手では到底抜けないほどの太さになって地面に食い込んでいました。(マンゴーの根は切れやすいので、強い力で鉢を持ち上げれば、5ミリくらいまでの太さの根なら簡単に切れてしまいます)画像を見ればわかりますが、このように何本もの根が鉢からはみ出して、直接地面から水分と養分を吸っているのです。鉢植えの意味がありません。そのせいで、今年は有葉花が多いのかもしれません。こんな状態ですが、しかし蕾はしっかりついています。この画像の株もすでに花を咲かせていました。マンゴーの花芽形成促進には、低温に当てることが重要だと言われています。一定時間以上低温に遭わせれば、地植えのマンゴーでも相当数の蕾をつけることができるかもしれません。以前から地植えのマンゴーで実験してみたいと思っているのですが、一度地植えしてしまうと移植はほぼ不可能なので、それがネックとなり未だ取組んでいません。しかし、今日見た根の状態と花芽の着き具合からして、これはやはり試してみる必要があると感じました。(代表)
# by mgarden2 | 2005-01-04 20:28 | マンゴー | Comments(2)

ドラゴンフルーツ

b0028299_1955288.jpg
1年8ヶ月前に蒔いたドラゴンフルーツです。20センチほどになったときにハウス内に移植したら、急に生長が早くなりました。放っておくと一本のままどこまでも伸びていきますが、それでは都合が悪いので昨年160センチくらいの高さで芯を止めました。(棚代わりに設置した竹の高さがだいたい地上160センチです)今は新たな茎が何本も枝のように伸びています。今年はたぶん花が咲いてくれることでしょう。ドラゴンフルーツはサボテン科で、月下美人に似た白い大きな花を夜咲かせます。私が蒔いた系統は、自家受粉しない系統だと思われます。二株以上の株が同時に花を咲かせてくれないと、結実は望めそうもありません。同時開花が理想ですが、数日のずれなら片方だけ受粉させることも可能です。そんな裏技を、サボテン愛好家は持っているのです。(代表)
# by mgarden2 | 2005-01-03 20:06 | 果樹(その他) | Comments(0)

西川農園

西川農園のホームページ
# by mgarden2 | 2005-01-01 20:03 | Comments(0)