しなびたジャボチカバ

b0028299_195896.jpg
画像は鉢植えの二年生のジャボチカバです。本体の割りに鉢が小さいので、一日水をあげないだけでしなびてしまいます。硬化した葉までふにゃっとして下を向いています。この程度のしなび方なら、水をあげれば回復しますが、あまりにも長時間水をあげないでいると、当たり前ですが枯死します。(代表)
# by mgarden2 | 2005-05-30 20:01 | Cafe Jaboticaba | Comments(10)

葉隠れ

といっても、武士道の話ではありません。
今日の画像はこちら。
b0028299_4334743.jpg

モデルはまだ熟していないマンゴーですが、吊るしているフックの上の枝が一部
麻紐をよったような外観に変わっている部分があることがわかるでしょうか。
これはコガネムシが食べたあとの枝なのです。
もう少しで全部食べられて果実が落ちてしまうところでした。
しかも、枝がこのようになってしまうと果実に栄養が行かず
未完熟で収穫したものと同じような味になってしまうそうです。

なので、園内ではコガネムシは見つけ次第、捕獲しなくてはいけません。
マンゴーのために何匹も潰すので、独裁者として刑罰を受けそうです。
しかしながら、無農薬でこうして虫を殺める者と、農薬をかけて虫を殺める者と、
どちらが悪いのかなんていうことは難しいことだと思います。

MGarden(AYA)
# by mgarden2 | 2005-05-29 04:49 | マンゴー | Comments(0)

チャノナガサビダニ

茶の整枝作業が続いている途中ですが、
園でチャノナガサビダニが多く発生し始めたため昨日・今日と茶園の防除作業でした。
(ミルベノック1000倍撒布)

チャノナガサビダニの発生ピークは春から2番茶収穫時期にかけてで
主に葉の裏に付いて葉を吸汁します。


b0028299_18512786.jpg

写真は茶葉の裏側についているチャノナガサビダニ君。
デジカメの画素数が240万画素なのでダニの活躍の様子がよく
わかりませんね。体長0.2mmなのです。
発見できましたかー。

茶の裏の模様はグリーンタイルみたいでしょう?(へ_へ)

MGarden(AYA)
# by mgarden2 | 2005-05-25 18:56 | | Comments(0)

在来種の紅茶

茶畝のある一画に、茶の在来種(中国から伝わってきた子孫の系統)が生えています。
今年の一番茶を刈っている頃から、父がそのお茶を使って紅茶を作ってみたいと
言い出したので、今日、夫が別の株の在来種を使って試験的に紅茶を作ってみました。
これが出来上がった紅茶です。
b0028299_2136475.jpg

昨日の整枝作業の際に茶葉を採り、一昼夜日陰干しをして葉を萎れさせ
台の上で小麦粉を練るようにして揉みました。
その後ビニール袋に入れて2時間程発酵させ、ガスコンロを使って乾燥させたものです。

味も香りもまろやかでコクがあって美味しいと思いました。ミルクティーにしても良さそうです。
夏の気温の高い時に作れば更に味の良いものになると思います。

b0028299_21344377.jpg

色もとても綺麗です。
これでジャボチカバの焼き菓子のお供が出来そうだと考えています。

MGarden(AYA)
# by mgarden2 | 2005-05-22 21:45 | | Comments(2)

マンゴーの脂

おはようございますー!
昨夜は疲れて更新ができませんでした。
今日はこの写真から。
b0028299_4535713.jpg

これは最初、マンゴー水遣りの際の後で水滴が残っているものと思っていました。
けれども触ってみるとコロコロとした石のようで何かの結晶のような物体です。
ファッション界で時々耳にするラインストーンをつけたマンゴー??
そんな綺麗なイメージでしたが、潰してみると何やら黒ずんでべっとりとします。

そうそう・・、これはマンゴーの脂(ヤニ)のようです。
ヤニが流れると表皮が汚れ、外観が悪くなるのでこれから見つけたら
なるべく手で取り除こうと思います。
b0028299_45829.jpg

長径9.5センチのマンゴーです。ヤニが流れた跡が見えますね。


# by mgarden2 | 2005-05-22 05:07 | マンゴー | Comments(0)

さなぎマンゴ

昨日は近所のぶどう農家のご一家がマンゴーの見学と予約に
いらしてくださいました。
近場の方ですと採れた日に電話1本で買い付けにきていただけるので
輸送コストやエネルギーの無駄がなく良い方法だと思います。
近在の方は見にいらしてください。(要予約)

こちらはプレミアマンゴー。
息子が”さなぎマンゴ”と呼んで親しんでいるものです。
昆虫好きの方、予約承ります(^^
b0028299_5235051.jpg


MGarden(AYA)
# by mgarden2 | 2005-05-21 05:10 | マンゴー | Comments(0)

マンゴー販売についての考え

あと半日お茶を収穫すると今年の一番茶が終わります。
例年ですとそのまま2番茶へ向けての作業になりますが、
今年からは6-8月にマンゴーの収穫と小売に力を入れていきたいと考えています。
と言いますのは、
一つは、梅雨時期にあたる6月に収穫作業が集中する二番茶は、
一番茶と同じように毎日4時間睡眠の労働をしても
キロ単価があまりにも安くなってしまったということです。
これは我が家に限ったことではありませんで、茶農家全体に共通する問題で、
以前と同じように良い物を作っても情報過密時代を迎えて消費者の
価値観が大きく変わり、時代のニーズにあった物を作らないと作物が
売れない時代になってしまったことです。
 もう一つは静岡の暖かい気候を生かし、茶とみかんの端境期間に
営利作物としての作物を育て、新たに農の楽しみを創出していきたいという夢の
一つとしての作業です。

現在は苗がまだ小さく、生理落花もかなりの数に上り、出荷数はせいぜい200個数
強ですが、去年試しに食べてみたところ味は大変美味で、果肉はカロチンをたっぷり
含んだ鮮やかなオレンジ色で、去年、一部小売したお客様からは大変好評をいただいて
います。
値段の方は果実の重量別に決め、国産マンゴーの産直価格とほぼ沿う程度、
また、無農薬上ヤニの汚れが気になるものや形が悪いものは2割引きぐらいで
お届けしようと考えています。

後になって調べたところマンゴーは釈迦がマンゴーの樹の下で弟子達に
布教をしていたことがあることから”学林樹木”の一つとして知られているようです。
そのような樹から採れたマンゴーですからご進物としても今後利用していただければ
嬉しいと思います。


ただ今マンゴーの販売ページを作成中ですが、ネット販売でネックになる
送料の件で、どの運送システムを利用するか検討中です。
なるべく安い輸送コストでお届けできるように方々当たっていますので
もう数日お待ち下さい。

今日の写真は、3日前に近所のスーパーで購入したマンゴー(左:420g 1800円)と、
コガネムシに軸を食べられて昨日落ちてしまったM arden不完熟マンゴー
(右:220g 完熟で販売希望価格420円)です。
明日お茶が切り上げたら先ずは家族で収穫祝いに食べようと思います。

b0028299_2220915.jpg



M arden(AYA)
# by mgarden2 | 2005-05-16 21:59 | マンゴー | Comments(0)