<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

日録

こんばんは♪ AYAです^^

2月に、また地区のイベントがあります。
去年は初出店日の日にちを間違えるという大ボケぶりを発揮!
今回も懲りずにジャボチカバの焼き菓子などの出品を約束してしまい、
朝からジャボチカバの種取り・ビスコッティ生地仕込みに追われていました。

ジャボチカバ入りビスコッティは、香ばしいスライスアーモンドに甘いざく切りチョコと
ほろ苦いジャボチカバが交じり合う、
カリカリとしたとっても美味しい焼き菓子です。
今週は日曜日の農園カフェでも販売しますので是非食べてみて下さいね!
(仕上げるまでに手間がかかるので時間がある時しか焼けません)

菓子加工場で生地を仕込んでいる間、
窓越しに材木を扱う代表の姿が見えました。

デジカメを持って近寄っていくと、
金属性のヘラを使って裏庭のコナラの樹皮を剥がしとっていました。
b0028299_2004896.jpg


皮を剥いておくと樹が乾燥して腐りにくくなるそうです。

次はどんな木工作品ができるか楽しみです。


いい作品ができるように差し入れです(毒味も兼ねて・・・)
b0028299_201353.jpg

焼きたてビスコッティにくれあーるさんのコーヒー
頂き物の最中も(皮が香ばしくて美味~~へ_へ)


ビスコッティをオーブンにかけながら
『コケの植物誌』・・・コケの生態の謎解きも加わって面白さが続きます・・・。
中でも、著者のキマラーさんがとりわけ好きなヨツバゴケの話では、
友人でもあるお向かいの酪農家の話も交えて書かれていました。

家族経営の農場が農家としての営みを続けていくためには、
基幹作物に頼るばかりでなく、
羊肉や、クリスマスツリーの販売が、
子供の学費を捻出してくれるかもしれない、ということ。

柔軟性に根ざした打たれ強さで生き抜く。
多様性の中から安定が生まれる。

ヨツバゴケも不安定な生息環境の中で
絶滅の危険を分散させるために独自の生態を持って個体が存続していることを、
長年の観察によって突き止めたそうです。
人間の価値観をはずして、コケの目を持って・・・!

あぁ、なんか、そうなんですね~~。

異業種からみれば農家がやることは、
「お金にならないのにそんな事をやってどうするんだ?」
と思われたり、
「一歩も仕事が進んでいない」
ように見えたりすることもあるでしょう・・・。

それでも個々の農家は、それぞれが農業で生きることを目的に
工夫し、時には休み、自然と共存し、時には必死に戦っていくのです。
繁殖の場である樹木が朽ちてもヨツバゴケが生き延びるように・・・。

もしかすると非農家の方も、農家の目を持つことで、
また違った価値観が出てきて生活が一層楽しくなるかも・・・?

自他共に思いを馳せ、いろいろな妄想が膨らんで、
読んで楽しい一冊です。

焼成1時間・・・
追加のビスコッティ350枚
無事に焼けました。
by mgarden2 | 2013-01-31 21:16 | 農家の暮らし | Comments(0)

Facebookとしずふぁん

先日取材に来て下さった静岡の情報発信サイト「しずふぁん」ライターの柚子さんから、今日しずふぁんに記事を掲載しましたと連絡をいただきました。
皆さん是非見て下さい!

そしてそして、恐ろしく遅ればせながらの感がありますが、今日西川農園のFacebookページを作ってみました。
まだまだ制作途上で情報は無いに等しいですが、これから徐々にアップしていこうと思います。
「西川農園 / 農園カフェ Cafe Jaboticaba」で検索して下さい。
Facebookの使い方がいまいちわかっていない私です。(代表)
by mgarden2 | 2013-01-30 19:50 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

コケが面白い

土日の疲れがどっと出て、
週明けはぐっすりマンデーです。
洗濯物や部屋の片付け・・・にわか主婦業に転身してました。


最近の枕の友はコケの自然誌(ロビン・ウォール・キマラー著 三木直子訳 築地書館)
静岡新聞の書評で興味をそそるように書かれてあって購入した本です。

地表と大気の境界に棲むコケの不思議な生態。
そしてコケの生態についてだけを書いたものでなく、
人間の実生活の場面とコケの生活模様について、
詩的な文章で絡ませて書いてあって楽しく読めます。
(果樹ハウスカフェコーナーの本棚にもしばらく置いていますのでどうぞ一読を~~)

b0028299_2111957.jpg

写真は茶園で長年生活を続けるコケ群落

肥料振りでくたくたになった身体でも、
ここを通るとホッとして、なんだか足取りが軽くなるのですよ。

地際の境界といえば、裏庭では蕗の薹が顔を見せ始めました。

春も近いです。
by mgarden2 | 2013-01-28 21:47 | 農家の暮らし | Comments(0)

174回目のカフェジャボチカバ

こんばんは♪

今朝の気温は静岡でも-2℃。
日中も寒い一日でした。

風邪やインフルエンザも流行っているようで、
そのような中、農園へ遊びに来てくれたお客様、どうも有難うございました!
心配していたカフェ専用トイレも使えるようになり一安心です。

今日は鳥害に悩んでいる私達に
ニャンコ持参でハウスに来てくれたお客さんが!!
その猫はタマちゃんというオス猫で、
キャリーバッグから出た後ハウスの環境になかなか慣れず、
周囲を怖がって
「ニャ~☆◎□~~!!ニャ~☆◎□~~!!」
と盛んに鳴き叫んでくれたのですが、
今日のメジロにはすぐに効果がなかったようでした。
タマちゃんには気の毒な事をさせてしまいましたが
ご主人様のお心遣いが嬉しかったです。


今日の写真はこちらの一枚・・・
b0028299_20472129.jpg

寿太郎みかんのデニッシュです。
国産小麦とバター、天然酵母、砂糖、塩
そして自家製カスタードクリームとコンポートで仕上げた品ですが、
今日は一個も売れませんでした。
前回輪切りスライスで出したみかんのデニッシュは買う方も多かったのですが
この外見では買う気がしなかったのかも。

たとえば数切れを試食で出すとか、
セールスポイントをきちんと商品横に提示するとか、
値段設定を倍にするとか?

”商品として売れる物”を作る難しさを感じたデニッシュでした。

来週の販売はどうするのか、
一週間頭を冷やして、
でも気持ちは熱く!

考えます。
by mgarden2 | 2013-01-27 21:23 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

明日のカフェメニュー

こんばんは♪AYAです^^

一日中風花が舞って寒い一日でした。
皆さん風邪など引いていませんか?

明日の農園カフェは
1000円セット(スープ・惣菜一品・農園サンド・デザート・ドリンク付き)
があります。
農園サンドとスープだけの500円セットもお勧めです。

今週は珍しくタラのスープを作ってみました。
煮干しや昆布を使った和だしのスープに香味野菜を入れて
煮込んだスープで、さっぱりとした味付けの温かいスープです。

惣菜・・・里芋のミニグラタン(ミニサイズ)

デザート・・・かぼちゃのプリン又は、寿太郎みかんジャムのプチロールケーキです。

みかんロールのジャムは、穴が開いていたりカメムシの被害にあったものなど
売り物にならない寿太郎を使って煮てみました。
けっこういけます^^

他、ジャボチカバのタルト、みかんコンポートのデニッシュ・つぶあんデニッシュ
カレーパン。スコーン・ジャボチカパンなど準備しています。

ジャボチカバの摘み取り体験はありませんがハウスでのんびりおしゃべりしたり、
本を読んだり、楽しんでいただけたら嬉しいです。

皆さんのお越しをお待ちしています!
by mgarden2 | 2013-01-26 19:39 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

一難去ってまた一難

メジロの次はこんな鳥に悩まされています。

b0028299_19532288.jpg


遠目は可愛いのですがよく見ると・・・。

b0028299_1954794.jpg


けっこう怖い顔してます。

今朝ハウスの扉を開けると、彼がセキレイを追い掛け回していました。
縄張り争いなら外でやってくれと言いたくなります。
セキレイと同じく、温度調節用の天窓が開いたときに天井から入ることを覚えてしまったので、朝追い出しても夕方行くとハウスの中でまたご対面です。
うちってそんなに居心地いいですか?

先日彼が口にジャボチカバをくわえて飛んでいるのを目撃してしまいました。
たしか外ではミミズをつついていたはず・・・。
猫の写真で追い出してもすぐ戻ってしまいます。
新たな作戦を考えなければ!

鳥のことが頭から離れませんでしたが、今日は味噌用の麹が出来上がってくる日だったので、予定通り味噌をつきました。

b0028299_2053089.jpg


餅をつく。味噌をつく。蒟蒻をつく。
かつては蒟蒻までついていましたが、今は餅と味噌だけになりました。
強風で釜の火が強くなりすぎ、今年の味噌は焦げのある味噌に。

b0028299_2010771.jpg


ジャボチカバ、なってはきていますがまだ食べられません。
そんなわけで、明後日27日は摘み取り体験はできません(2月3日は少しだけできるかも)。
農園サンド、1000円農園セット、その他いろいろいつも通り準備してお待ちしています。
アジサイをひっくり返したような花ドンベアは8房くらい咲いています。(代表)
by mgarden2 | 2013-01-25 20:19 | 農家の暮らし | Comments(0)

アフリカからの視察団来園

曇り空の寒い一日。1月16日よりアフリカ諸国から静岡に研修に来ている8カ国18名(内1名はインフルエンザで休養中)の皆さんが、ハードな研修の合間を縫って今日の午後西川農園に視察(?たぶん)に来てくれました。

どんな肩書きを持っているとか、研修の主な目的は何なのかとか、私自身は何も知らされていなかったのですが、聞くところによると皆さん公務員だそうで、しかも若い・・・まあ何もわからないけれどどうぞどうぞ。

摘み頃の実が20個ほどあったので、少なくて申し訳ないけど皆さんひとつずつ摘み取り体験。
「デリィーシャス!」とどこからか聞こえてきたような・・・。
ジャボチカバのタルトと温かなジャボチカバティーも好評だったようで一安心。

b0028299_1921078.jpg


ひとつ気になったことが。
皆さんジャボチカバの実がなっているところを見てもぜんぜん驚いた様子なし。普通の表情でもいで食べて美味しいと。
きっとアフリカにはもっとすごいものがあるに違いない!(代表)
by mgarden2 | 2013-01-23 19:30 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ピサンリさん

こんばんは♪AYAです^^

今日はレストランピサンリさんのフランス家庭料理教室へ出かけて来ました。

b0028299_2029695.jpg

今日の一枚はカニ入りライススフレ
カニと卵がしっとりと交じり合っていてとっても美味しい!!
炊きたてのご飯よりも冷やごはんの方がこのスフレには合っているということで、
主婦にとっては嬉しい惣菜レシピです。

他に自家製ジンジャーエール、紫キャベツとりんごのポタージュ、
キノコのワイン煮&ポークソテー、かぼちゃプリンなど、
食とシェフに関心を寄せる奥様方と楽しい時間を過ごしてきました。

教室といっても参加者の多くの方はシェフの料理を楽しみに出かけるのが
メインになっていて私もその一人ですが、
家庭でシェフの味が再現出来るかは、・・・謎・・・です。(--;

ピサンリさんとのご縁はジャボチカバのスィーツ開発でお世話になって以来ですが、
今日はまたピサンリさんからジャボチカバ加工についての良い提案をいただいてきました。

この提案が、春には良い形になって皆さんにもお披露目できますように・・・。

冬場の栽培管理に励みたいと思いました。
by mgarden2 | 2013-01-21 20:55 | 外遊録 | Comments(0)

173回目のカフェジャボチカバ(大寒)

こんばんは♪

大寒の一日、今朝はとんだアクシデントがありました。
なんと、ハウスの外にあるカフェジャボチカバ専用トイレが水浸しに!\(◎◎)/
水源はウォシュレットの水道水を貯めるタンク(もしくは水管)。
ここ数日の寒さで、洗浄用の水がタンクの中で凍ってしまったらしく、
膨張してタンク(又は水管内)が破裂した模様です。
臨時でカフェのお手伝いに来てくれた代表の妹が
マイナスドライバーを使って水管元を閉めようと試みてくれましたが、
便座が突っかかってドライバーがうまく回らない状態で、
かといってハウスの電源をストップさせる訳にいかず結局一日故障のままでした。
お客様には大変ご迷惑をおかけしました。
明日中には代表がトイレを直してくれますので、来週は使えると思います。

下の写真は今朝4時のデニッシュの生地
b0028299_20394037.jpg

一晩生地を休ませ、冷蔵庫から取り出した後、伸ばしてカットした所です。
これは自園の寿太郎みかんのコンポートとカスタードクリームのデニッシュに。。。

b0028299_204019.jpg

季節のデニッシュです^^

焼きカレーパンやこちらのデニッシュは、食べた後お腹が重くならないのが嬉しいです。
油っけが少ないので物足りないかもしれませんが、
興味のある方、また是非食べに来て下さいね♪

こちらは、代表の弟が作ってくれたパッチワークのぬいぐるみ
b0028299_20413215.jpg

愛らしい表情で、*ジャボチカバ森のくまさん*って感じでしょう?(へ_へ)
飾りっけの無いカフェに、ほっこりとするこんな小物、
皆さんが楽しんでいただけたら嬉しいです。

お礼が遅くなってしまいました、今日も寒い中、
農園へ来ていただいたお客様、どうも有難うございました!
朝9時半前に、富士から来られたという男性。
今日は子供さんが静岡市内の学校までセンター試験を受けに来たとのことで
お子さんが受験の間、こちらに立ち寄ってくださったのだそうです。
試験がうまくいきますように・・・・!

日中は、いつにも増して、摘み取りやカフェメニューが品薄でしたが
お客様にはゆっくりと過ごしていただたけて有りがたかったです。


そして、カフェも店じまい、という時間になり、
農園オープン当初からお世話になっているYさん一家が
沢山の野菜を持って来てくれました。
Yご婦人はイタリア系ブラジル人。
去年ブラジルパラナー州に住む実のお母様が亡くなられたの事、
ブラジルに一時帰国した時の写真を見せてくれました。
ご実家は農場を経営されていたそうで、
広大な畑には、ヤギ・牛・孔雀・・・
コーヒー、バナナ、トウモロコシ・・・
様々な家畜や農作物と、

ジャ・ボ・チ・カ・バ !!

b0028299_20415117.jpg

スマートフォンで撮影


何十個と転がり落ちているみかんの側にジャボチカバの樹があるのがわかるでしょうか。

本場のジャボチカバを眺めているうちに、
ハウスの一本一本のジャボチカバの兄弟が来たような
温かい気持ちに包まれました。^^


来週も実が少なく、ジャボチカバ摘み取り体験ができるかわかりませんが、
カフェは年間通じて日曜日に営業していますので
また、遊びにお立ち寄りいただけたら嬉しいです。
by mgarden2 | 2013-01-20 21:50 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

明日カフェは営業しています

こんばんは♪ 

明日の農園は、ジャボチカバ摘み取り体験は出来ませんが
カフェ営業、寿太郎みかん販売は行っています。

・季節のスープ(カブのポタージュ←人気!!)+天然酵母パンのサンドイッチ 
 500円

・ジャボチカバのタルト+ドリンクセット・・・700円

・かぼちゃプリン単品・・・250円

1,000円のランチプレートはありません。

少しですが、
カレーパン・デニッシュ・農園サンド・キャラメルクリームトーストなども
用意しています。

ハウスの中は日中温かくなりますので、散歩がてらのんびり入らして下さい。

お待ちしています^^
by mgarden2 | 2013-01-19 18:32 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)