<   2012年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

157回目のカフェ営業

こんばんは♪
今日は天気予報通り台風が直撃してきました。
午後から雨脚が強くなり、台風の進路コースになる農作物&施設への被害が心配です。
皆様のところも被害がありませんように・・・。

157回目のカフェ営業は台風接近のため15時で打ち切りました。
来園いただいたお客様、どうもありがとうございました!

b0028299_22384775.jpg

写真は今朝焼いたソフトフランスパン

毎週末、カフェで出すパンを焼いています。
パンをこねる時には強力粉と、発酵に必要な酵母と水、砂糖。
そしてほんの数パーセントの塩を加えます。
塩は、生地に塩味をつけたり雑菌を防いだりする役目がありますが、
他にも生地がダレないようにグルテン膜を張らせてパンの骨格を作る役目があります。

塩は英語でsalt。
古代ローマでは貴重な塩を給料として支払っていたので給料のsaltが今のsalaryの語源にになったのだそうですね。パンを焼いていて最近思うことは、ふっくらとした生地のパンを焼くためには少しの塩が必要ということです。

美しいパンの形を、今の自分の夢の理想像と置いてみる。
夢と、大いなる妄想。という酵母の力で農園の形がどんどん膨らんでいく。
叩かれたり、転がされたり、ひっくり返されたり、折りたたまれてぺちゃんこにされて・・・
(いいとこないじゃん・・・♭)
それでも、酵母が生きている限り膨らみ続ける・・・。
でも、塩がなければ、お給料がなければ・・・、
形は崩れてしまうのです。

夢を良い形で実現させるためには、わずかでいいので(←ここが大事)
塩にあたるお金を適切な形で入れないと途中で潰れてしまうのだということです。

今日でカフェを始めて3年が経ちました。

最初にジャボチカバを知った時は
ジャボチカバ狩りを親子やカップルで楽しんでもらおう。
そう思って始めました。
そのうち、せっかく来てもらったのだからそこで食べられるアイスがあるといいね。
という夢ができ、
アイスも試行錯誤が長い間続きましたが、美味しいアイスができるようになると、
次は他のスィーツを・・・
そして何かおなかが満たされる食事を・・・
カフェらしい空間作りを・・・
どんどん夢は膨らみます。
ここで少し生地を折りたたんで一度振り返らなくては、美味しい農園ができません。

3年カフェ営業をしてみて、
まず感じたことは、飲食業で生計を立てている方のご苦労です。
身に沁みます。
不景気の中の外食産業ということで、向き不向きもあると思うのですが、
うまくいかない時の方が多かったです。
お客さんの舌は肥えていますし、衛生面の管理、提供の仕方、まだまだ
学ばなければならないことが沢山です。
そして、やはり、ジャボチカバ。
この言葉に受容体のある方はほんの一握り。
日本人の多くの方には、味も、外観も拒否反応。
それでも、乗りかかった船というのか、呉越同舟というのか??
自分にとってはジャボチカバを育てて、加工して、皆さんにいろいろな形で届けるように
日々悩み続けるのは、宿命なのかもしれません・・・。

b0028299_22391992.jpg

今日のジャボチカバ


最近の枕の友は高田郁さんの「八朔の雪」。
その中で、主人公澪の奉公先の女将、芳さんの言葉。

”ひとというのは口に出さんでも、それぞれに背負うてるもんがある。
せやからこそ、ひととひと、お互いに寄り添うて、慰め合うて生きていくんやろなあ。”

本当にその通りだな・・・、と。
ズボラな中身のハウスですみませんけど、
農園を開いていなければ巡り会うことはなかった方々と共に、
緊張しながらも、楽しい一時をご一緒できて、毎週感謝の気持ちで一杯です。


今日は先日たこまんのブッセをくださったお客さんから
今度は北海道物産展で買ってきたというロイズのチョコレートをいただきました。
いつも有難うございます!

って・・・・これも商品開発の参考品でした・・・??

これからの商品開発の参考にさせていただきます。

<お知らせ>
ジャボチカバのブッセはあの後一工夫をして試食してもらったところ
なんとか皆さんにも食べてもらえるような仕上がりになったので
来週の3周年記念に、ささやかなプレゼントですが来園の方に差し上げたいと思います。

今日は長々と読んでいただき有難うございました。

(AYA)
by mgarden2 | 2012-09-30 23:13 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

藁上げ

台風が思ったよりも早く静岡に接近しそうなので、明日は夕方4時くらいには営業を終える予定でいます。

西川農園では田んぼもやっていますが、田植えと稲刈りは請負業者に委託しています。

台風が来る前に早生の稲だけ刈り取りました。

b0028299_20504744.jpg


午後から息子も手伝って藁上げ作業。

トラックを入れるには少し難ありの乾き具合だったので、私と息子は手で抱え、父は一輪車で藁を運びました。

運んだ先は隣接している寿太郎みかんの畑。

b0028299_2053470.jpg


寿太郎はいい感じで育っています。

藁ってチクチクしていて、長袖長ズボンでも痒くなるんですよね。

夕方家に戻ったら、千葉の画家さんから刈り取りの済んだ田の絵葉書が届いていました。
絵葉書は精緻な画風で、穏やかな色彩が田舎らしさを感じさせる心が落ち着く絵です。
明日は農園カフェコーナーに展示しますのでご覧下さい。(代表)
by mgarden2 | 2012-09-29 20:59 | 農家の暮らし | Comments(0)

息子帰宅&ランチメニュー情報

月曜日から修学旅行に行っていた高2の息子が、今日無事シンガポールから戻りました。

修学旅行も私たちの頃とはずいぶん変わりました。

「どうだった?」と聞いても息子は多くを語りませんが、きっといい経験になったはずです。

帰りの飛行機が夜1時過ぎのフライトだったせいもあるのか、今夜は早々と寝てしまったようです。

b0028299_20301112.jpg


画像は今日の四季なりジャボチカバの様子です。

明後日30日、摘み取り体験できます。

台風がこちらに来る場合は、夕方早めに閉めさせていただくかもしれません。(代表)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんは♪AYAです。

夏の間お休みしていたカフェのランチメニューを9月30日(日)からまた始めます。
ランチのメインディッシュは国産小麦を使った天然酵母パンです。
メインが肉・魚類ではなくて<穀物&野菜>なので、
男性や育ち盛りの子供さんなど、物足りないな、
と感じられる方はお弁当の持参も0Kです。
そして、農園の雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです。

今週は玄米野菜ポタージュを作ります。
b0028299_2154719.jpg

写真は玄米を香ばしく煎ったところです。
一粒たべてみたらポリポリッとしておせんべいみたいで美味しかったです^^

これにキャベツ、カボチャ、タマネギなどを一緒に鍋に入れて水で煮て、
ブレンダーで撹拌して塩で味を整えて作ります。
このポタージュは健康料理研究家の梅崎和子さんのレシピを参考にしています。
玄米に野菜を加えることでそれぞれの栄養の吸収が高まり、
滋養もあるので疲労回復スープとしてお勧めです。
いただいてみると、玄米の香ばしい香りが味の基本になっていて
身体に優しい味です。

b0028299_21542477.jpg

玄米野菜のポタージュ

副菜はお月見の日とあって里芋を使ったプチグラタンにする予定ですけど
ポタージュと里芋のグラタンそしてかぼちゃプリンのセットだと
どれも味がとろりとしていて単調になってしまうので
間引いた人参の葉と桜えびのガレットを添える予定です。

b0028299_21544785.jpg

発芽率が悪く8月下旬に2度目を蒔いた人参。
葉がだいぶ茂ってきました。

(AYA)
by mgarden2 | 2012-09-28 20:42 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ジャボチカバクリームのブッセ(試作)

昨日と今日はまたジャボチカバの花が沢山咲きました。
b0028299_204455.jpg

2本の幹にフワフワと付く花
(カモシカの)フトモモみたいでしょう?^^

今夜はジャボチカバのバタークリームをサンドしたブッセを作ってみました。
b0028299_20443251.jpg

ジャボチカバジャムと有塩バターをホイップ♪

b0028299_20444786.jpg

ブッセ生地が焼きあがりました。

b0028299_2045779.jpg

ジャボチカバクリームを薄くサンドして・・・・。

生地はお手本の指示通りに焼いた所少し焼き時間が長かったようですが、
バタークリームの方は可愛らしいピンクの色が出て、ジャムの甘みに塩気が効いて
美味しかったです。でもジャボチカバらしいお菓子かというと、
まだまだ改良しなくてはいけませんが
プレゼントなどにも喜ばれそうなお菓子ですのでまた作ってみたいと思います。

(AYA)
by mgarden2 | 2012-09-27 21:03 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

BAR mash ジャボチカバカクテル2種

最近街中まで飲みに行くことがめっきり減りました。

いいことなのか悪いことなのか・・・。

今夜は知人に誘われて夜の街に!

b0028299_23251046.jpg


まずは早生みかんのカクテルとレモンのカクテルをいただきました。画像はレモンのカクテル。

柑橘系の風味が心を落ち着かせてくれます。

次にいただいたのはジャボチカバのカクテル。

b0028299_23411469.jpg


ジャボチカバのフレッシュな部分が上手く表現されています。

ジャボチカバアイスによく似た味なんです想像つきますか?

ウォッカをベースに作られたスムージーもやはりフレッシュ感があふれていていい感じ。

b0028299_23413086.jpg


b0028299_2356369.jpg


BAR mashのマスターに無理を言って作ってもらいました。

いつの日かジャボチカバのカクテルがメニュ-に加えられる日が来ることを祈ります。(代表)                  
by mgarden2 | 2012-09-27 00:06 | 外遊録 | Comments(0)

てん茶(碾茶)工場見学

今日はJAの自園茶研究会の研修で、藤枝市岡部町の青羽根という場所にある、てん茶を製造している(有)青羽根茶業を見学してきました。

てん茶というのは、ごく簡単に言うと蒸気で蒸した茶葉を揉まずに乾燥させたお茶で、主に抹茶の原料となります。

今回私は初めててん茶の製造工程と製品を見ました。茶葉を蒸すところまでは普通の煎茶の製法と同じですが、その後の工程はまったく違います。

揉むことに慣れてしまっている私には物足りなく感じられましたが、これもお茶のひとつの製造法なのです。

乾燥機から出てくるぱりぱりの茶葉(てん茶)を石臼で挽けば抹茶になります。

同じ茶葉でも加工によってまったく別の姿になります。煎茶、烏龍茶、釜入り茶、紅茶、そしててん茶。近所でそういうものが見られるところはそうそうあるものではないでしょう。(代表)
by mgarden2 | 2012-09-25 22:54 | 外遊録 | Comments(0)

さわるな!きけん!

b0028299_21502358.jpg


先日、早生みかん園の中をタヌキが味見をしてまわったのは、ところどころに食べかすが落ちていたので気がついていました。

今朝になり、上3分の1くらいの実がすべてなくなっている木発見。

ここの畑には入ったことのなかったハクビシンが来たようです。

こんばんは♪AYAです。
代表は疲れてしまったそうで、ここまで書いて現在爆睡してます。
書きかけでどうもすみません(^^;


今日は上の写真のようなアニマル避け電気柵を張りました。
柵に触れると8000ボルトが流れる仕組みで、
私も過去に一度経験しましたが、触れるととても痛いです。

そして、極早生品種の日南早生みかんを収穫して市場へ出荷してきました。
私もタヌキ同様、いろいろな木のみかんを食べ歩きしながら切っています。
(トウダイモトクラシ・・・・笑)
まだ酸が抜けないのが青切りみかんの良いところで、
新鮮な秋の味を楽しみながらの収穫です。

今年は10月中~下旬からマルチみかんの直売を始める予定です。
(AYA)
by mgarden2 | 2012-09-24 22:13 | みかん | Comments(2)

ジャボチカバ号の秘密 其の十一

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいいますが、今年はまだまだ暑いだろうと思っていたら、お彼岸を迎え急に涼しくなり驚きました。

b0028299_208770.jpg


雨の日曜日。

ジャボチカバ号は雨が苦手です。

今の車のように錆に強い塗装がされていないのがひとつ。

そして、もうひとつ。

雨の日に活躍するはずのワイパーが、おもちゃといわれてもおかしくないほどお粗末なつくりになっていること。

ドイツの雨はやさしいんだろうか?

こんなんでも雨のアウトバーンが走れたのだろうか?

それでもとにかく出動。

ハウスに入ってまずやることは、ジャボチカバ号拭きふき。

b0028299_20122016.jpg


画像ではわかりませんが、あちこち小さな錆が見えるようになりました。(代表)



こんばんは♪AYAです。
156回目のカフェ営業を無事に終えました。
雨の中、来園いただいたお客様、どうもありがとうございました。
b0028299_20264126.jpg

今日は10月13日・14日に駿府匠宿で開催予定であります丸子カフェまつり「丸子スイーツ・食の祭典」の担当者さんが来園されました。西川農園からはジャボチカバのビスコッティを出品します。
”丸子カフェ”というのは丸子まちづくり協議会が発行する広報誌の名称です。
10月7日(日)JR静岡駅北地下通路でプレイベントで12店が参加する予定です。


今日はジャボチカバのバトンをリニューアルバージョンで出してみました。
b0028299_20421835.jpg

以前のジャボチカババトンよりも皮がサクサクとしています。
少しずつですが、これからデザートメニューに加わる予定です。

b0028299_20423958.jpg

銘菓たこまんのブッセ”大砂丘”

ジャボチカバの菓子作り研究の参考にどうぞ。
と、お客さんから頂きました。どうもありがとうございす。

ビスキュイ生地のさっくりとした軽い食感がするブッセ、美味しいですよね!
ジャボチカバとクリームチーズを混ぜたクリームサンドは合うかもしれませんね。

(AYA)
by mgarden2 | 2012-09-23 20:18 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

スターフルーツのかわいい花/明日のカフェ

b0028299_20334450.jpg


夏にもたくさん咲いたスターフルーツ。

残念ながら実らず。

今またたくさん花を咲かせています。

小さな実が10個ほど。

昨年みたいにクリスマスにオーナメントとして販売できればと考えています。

b0028299_20355994.jpg


今朝の四季なりジャボチカバ。

明日もたくさんの花が咲きそうです。(代表)

明日のカフェメニューをお知らせします♪
b0028299_22355421.jpg

里芋が収穫の時期を迎えました。
明日は里芋を使ったスープを作ります。
我が家のまかないで、最近里芋とごぼうの豆乳ポタージュがなかなか好評だったので
和スープになりますが、天然酵母パンの農園サンドとセットで500円です。

ジャボチカバのバトンは仕込みを終えて、明日焼く予定です。
濃厚なジャボチカバの味にさっぱりとした梨のコンポート&ホイップクリームを添えたメニューになります。
ジャボチカバ風大納言スティックパン(new!)発酵バターで仕込んだ天然酵母スコーン
ジャボチカバジャムパンなど軽食があります。

そして・・・うれしいお知らせがあります☆
b0028299_22362058.jpg

一昨日、ドライフラワー作家のcrescentさんより、
農園カフェ内でのクリスマスリース講座のご案内をいただきました。
今年で3回目になりますが、初めての方も、リピーターの方も、興味のある方、
ご参加をお待ちしています。^^
パンフレットをハウス内のキッチンカー横に展示しておきますのでご覧下さいね。

(AYA)
by mgarden2 | 2012-09-22 20:38 | Cafe Jaboticaba | Comments(2)

宿題が完成した気分

「パンを置くテーブルがほしい~!」といわれ続けて早数ヶ月!

なんだかウン万円もするテーブルが気に入ったようで・・・。

やばいかもということでここ3日仕事半分製作半分で急遽こしらえましたカシのテーブル。

b0028299_20441786.jpg


55年くらい前に我が家で倉庫を建てる際、そこから出土したカシの流木。

祖父が5分に挽いてあったものを1枚失敬。(実は薄く挽きすぎて売れなかったもよう)

8分以上あれば本当に使い道のある板でした。

なにも塗らなくてもこの風合い、でこぼこ、朽ちてなおこれだけの存在感。

脚は1月に伐ったコナラを使いました。

以前伐った大きなカシは、太い部分のみ農園に残し、あとは皆マキにしてしまいました。

今思うともったいないことをしました。枝をとっておけばこんなとき使えたのに。

でこぼこの表面に残るノコギリの挽き痕。

これだけ時間が経つと逆に残しておいてもいいかなと。


23日(日曜日)ジャボチカバ摘み取り体験できます。(代表)
by mgarden2 | 2012-09-21 21:12 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)