<   2011年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

タイヤ交換

9月に車検を通した我が家のハイエース。
購入して19年。
あちこちガタがきています。
今日は端だけつるつるの前輪を交換しました。
中央はまだまだ溝がありますが、カーブの多い山道で端だけ減りました。
b0028299_20225450.jpg

走行距離は13万5千キロ。
まだまだ頑張ります。(代表)
by mgarden2 | 2011-11-30 20:30 | 農家の暮らし | Comments(0)

食の芸術<集い>

今日は静岡駅前の葵タワーで、静岡県、静岡県農林水産業振興会主催の「ふじのくに 食の都づくり表彰式 2011」が行われました。
川勝知事の挨拶に続き、13人の「The 仕事人 of the year 2011」の表彰が行われました。読んで字のごとく、その活動がとくに優れていた方々です。
その中には我らが仲間、フランス料理「Pissenlit」の有馬亨シェフもいらっしゃいました。(こんなこと書くと怒られるんだろうな・・・)
有馬シェフは仲間というより正確には恩師です。以前にもブログで紹介したことがありますが、ジャボチカバのバトンは有馬シェフが生み出してくれました。
日本におけるジャボチカバ加工史にその名を残すことになってしまって・・・有馬シェフ迷惑だったかなー?
b0028299_19361066.jpg

男性陣左端が有馬シェフです



続いて行われた「ふじのくに食の都づくり仕事人表彰式」では、これまた我らが仲間フランス料理「TETSUYA SUGIMOTO」の杉本シェフが表彰されました。
お二人ともおめでとうございます。

最後に「しずおか食セレクション認定式」が行われ、ここでも何人かの知人が登場しました。
みなさんおめでとうございます。

そのあと交流会が開かれ、仕事人と「しずおか食セレクション」とのコラボレーションによる料理や菓子の試食をしました。
b0028299_19353963.jpg

写真は「ホテルアソシア静岡」提供の「緑茶スモーク金目鯛のクレープ包み アメーラトマトソース仕立て」。
他5店の提供がありました。(代表)
by mgarden2 | 2011-11-29 20:52 | 外遊録 | Comments(0)

その名は”abobura-menina”

おてもやん・・・という熊本の民謡の唄のくだりに、

春日ぼうぶらどんたちゃ 尻ひっぴゃあて
花盛り・・・ 花盛り・・・

という歌詞があります。
意味もわからないまま、学校の帰り道やお風呂の中で歌っていました・・・。
今日は、長年、ひそかに歌い続けて来たおてもやんの歌詞の意味が解明しましたので、
その報告を兼ねてカフェ便りを書こうと思います。

昨日は農園カフェ閉園間際になり、日系ブラジル人の横山さんが家族を連れて久しぶりに訪ねてきてくれました。カフェに来られたお客様なら目にされたこともあるかもしれません、ポルトガル語で書かれた農園案内地図を製作してくださった方です。
「ジャボチカバを始めたら、きっと訪問を希望するブラジル人が沢山いると思うので、
彼らが迷わないように地図をつくりましょう。」
そうしてボランティアで地図を書いてくれた方です。
奥様はイタリア系のとても美しいブラジル人で、日本でブラジル野菜を沢山作っていらっしゃいます。

昨日はレタスやタピオカ芋、ケールなどの他、見たことのないカボチャを持ってきてくれました
b0028299_212153.jpg

この姿が代表に大うけ!(・・・失礼しました・・・・)
岐阜高山の宿儺かぼちゃにも似ていますね・・・。

その名は”abobura-menina”。
ズッキーニが生長して完熟したものだそうで、
サイズを測ってみたら長さが72,5cm重さ4,5キロ(巨大!!!)
カロティンやビタミンBが豊富で栄養価値も高く
ジャムにすると美味しいらしいのです。
ブラジルで呼ばれているabobura-menina(ポルトガル語)は
アボブラ=カボチャ メニーナ=姫
日本語にすると姫カボチャと呼ぶのか、カボチャ姫というのか、
想像力の乏しい私には、
「どこが姫なの~??」
という印象です。

カボチャの語源はカボチャがカンボジアから伝わったから、ということは聞いていましたが、誰が伝えたのか知りませんでした。そこで、食材事典で調べてみてみると、「1541年大分に漂着したポルトガル船が大名の大友宗麟にカンボジア産のカボチャを贈ったため・・・」と書かれてありました。
あ~!それで九州地方ではかぼちゃのことをポルトガル語のaboburaに因んで
ボウブラ。。と呼ばれてきたのですね。
カボチャには何種類もありますが、ブラジルと、九州とで、ポルトガルの共通語、
ア・ボウブラ~~ってことだったのですよ。(ちょっと苦しい・・・)
という訳でおてもやんの歌詞に出てくる春日ぼうぶらというのは、
春日町のカボチャということだったのです。
花盛りの様が目に浮かびます。
(ご存知だった方にはつまらない謎解きだったでしょうね^人^;)


さっそくジャムにしようと思いましたが、
あまりにも立派で一人で調理するには恐れ多いので、
来週のカフェで1日展示することにしました。
そして、展示後は欲しい方にカットしておすそ分けすることに決めました。
夕方まで展示をして、日が終わる頃に切り分けます。
調理人の方も、種が欲しい方も、是非見に来てください。
お待ちしていますね。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-11-28 20:52 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

小さなガーデナー

摘み取り体験が全くできない日曜日。
ジャボチカバの実がない時期は(実があってもですが・・・)
去年までは、一日を通してお客さんが1組、2組、という日も・・・。

今日はリピーターのお客様や、小さなお子さん連れでのお客様が何組か遊びに来てくれました。
そして、お子さん連れのお母様の中から
「ここなら安心して子供を遊ばせられます。」
と、嬉しい言葉をいただきました。
 私自身、上の子が2歳の頃までは都内で生活をしていたので
子供と一緒に過ごせる安全な遊び場が近くにあったらなぁ・・、と感じていました。
なので、そのように感じてもらえ、ここをオープンして本当に良かった、と
私の方こそ有難い気持ちになりました。

ハウス内には、流行のゲームや刺激的な遊具はありませんが
緑に囲まれて親子でのんびりとおしゃべりを楽しむ時間は
きっと良い思い出になるのではないでしょうか・・・。
そうなって欲しいなぁ!

今日の写真はコーヒー苗鉢にジョウロで水をあげて楽しんでいる男の子
b0028299_192221100.jpg


また遊びに来てね。
そして、大きくなったらこのコーヒーも飲みに来てね(へ_へ)



カフェ記事は明日も続きます・・・。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-11-27 19:55 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

明日は摘み取り体験できません

そうなんです。
明日は熟した実が数粒しかありません。
(試食はできると思います)
こんな感じです。
b0028299_1855066.jpg

来週はあまり気温が上がらないようなので、12月4日に熟しているかは微妙なところです。

摘み取り体験はできませんが、カフェでのんびりしていって下さい。(代表)

~明日のカフェメニュー~

今晩は明日のカフェ用に里芋のポタージュを作っています♪
自園の野菜をスープの素材に・・・
とろりとした食感で滋味のあるスープです。
単品でも注文できますが、農園サンドとセット価格でメニューに出しますので
温まって下さいね。

・ジャボチカパイ(パンプキンクリーム入り)
・バトン(焼き菓子)
・ロールケーキ
・パンナコッタ
・アイス

・天然酵母パンの農園サンド
(パストラミビーフ・ミズナ・レタス・キュウリ・トマト・アボカド・カッテージチーズが入っています)
ジャムパン・オレンジパン・ジャボチカパン

(AYA)
by mgarden2 | 2011-11-26 19:12 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

こんな時期にトンボ

だいぶ冷えてきました。
今朝のハウス内の最低気温は4度。
本来なら暖房を入れてやらないといけないのですが、もう少し辛抱してもらいます。

早生みかんの収穫が終わり、今日は寿太郎みかんの枝吊りに行きました。
低いところになっているみかんは、枝が垂れて地面に着いてしまう場合があります。そのままにしておくと色が上手く着かないばかりか、ナメクジに穴を開けられてしまうこともあるので、なるべく早く吊り上げてあげなければなりません。

片膝を着いて作業をしていると、なにを思ったのかトンボが一匹膝にとまりました。
私は手を動かすのをやめてじーっと見詰め合っていたのですが、羽に目をやるとあちこち小さな千切れ跡があり、ひと夏どころか秋まで越してしまった小さなトンボの薄い羽に、命のたくましさを見たのでした。

寿太郎みかんは順調に生育しています。(代表)
b0028299_18574242.jpg

by mgarden2 | 2011-11-25 18:57 | 農家の暮らし | Comments(0)

早生みかん販売終了のお知らせ

早生みかんの収穫がほぼ終わりに近づきましたので
今年の早生みかん注文受付は終了させていただきます。
お買い上げいただいたお客様、どうもありがとうございました!
来年はマルチ栽培他、良さそうな栽培方法を導入して、
味のバラつきのないみかんをお届けできるように頑張ります。


今日の写真はハウスのカフェ用テーブルベンチ作成中の様子です。
b0028299_19403111.jpg

秋の夜長に、居心地の良い木のテーブル作り・・・

来週には新台入荷します。請うご期待!

(ちょっと意味が違います・・・・?)

(AYA)
by mgarden2 | 2011-11-24 20:12 | 農家の暮らし | Comments(0)

ジャボチカパイのパンプキンクリームサンド

予定通りお茶の整枝作業が午前中に終わりました^^
午後からは急いで早生みかんの収穫と出荷作業です。

先週焼いたジャボチカパイが余ってしまったので、こんなのはどうかな、
と思ってカボチャのクリームをパイに無理やり押し込んでサンドしてみました。
b0028299_2194813.jpg

カボチャクリームはブリュレのレシピを参考に、生クリームと牛乳、卵、少量の砂糖で
煮たもので、パイに挟んで食べてみたらとっても美味です!

これは、とても美味しいパンプキンパイです・・・。
でも、肝心のジャボチカバ風味はどうかな?と言うと、
それは微妙なところで、カボチャが美味しくてパクパク食べてしまい
ジャボチカバの風味を味わうのを忘れてしまいました(汗;;
カボチャクリームとアーモンドクリームの量を減らして焼いてみたら
いけるんじゃないかと期待しているので
今週はカボチャクリーム入りバージョンでジャボチカパイを焼く予定です。
カボチャ味が勝ってしまうかもしれませんが、
興味のある方、是非食べてみてくださいね。



先日、イタリアへ旅行をしたラジオのパーソナリティが興味深い話しをしていました。
昼時はシエスタで殆んどのレストランが数時間にわたり店が開いておらず、
一軒だけ開いていたレストランを見つけ、そこでピザを注文したそうです。

出されたピザ生地はガチガチで、トッピングはトマトオンリー・・・。
チーズや肉類は一切乗っていなかったため、
イタリアの料理はこんなものか、と思ったそうです。

けれども、食べてみるとトマトの風味がしっかりと出ていて
生地を含めて食べた後後まで、料理の美味しさが口一杯に残り
印象に残ったピサだったとのことでした。

ピザの料理人は
生地とトマトの味を引き出すために余分を削りとる努力をしていたのですね。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-11-23 21:48 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

下り続ける・・・・

11月初旬から続いている秋冬番茶収穫後の整枝作業がもうすぐ終わります。
写真は今日の茶園から
b0028299_1955859.jpg

見ての通りの急傾斜地です。
整枝の片腕、OCHIAI EX-L 1070 と茶畝

整枝作業をしていると、
茶業歴60年の熱血お茶刈り爺の言葉をいつも思い出します。

お茶のならし(整枝)はナ、
無心に、
心穏やかに、
ゆ~っくりと
葉を刈り払っていくんだヨ。


そんな風にお茶の手入れを機械でしていると
まるで自分が機械の一部になったように
機械と、お茶との一体感というのでしょうか、
清清しくてとてもいい気持ちで仕事が出来ます。

お嫁に来た当初は
「今の時代にこのような、誰もいない場所で働いている人がいるのだなぁ・・・!!」
と、驚きの連続でした。
しかし・・・、住めば都です。
ここで一日、一生懸命にお茶の手入れをしていれば、
誰からも文句を言われません。
休みたい時に休めます。
何より5月には美味しいお茶が採れます。

けれども、私が働いている20年の間にも、
世間のお茶に対する評価はどんどん変わってきてしまいました。
美味しいお茶を作っても、今まで通り喜んで買ってくれる人が減ってしまったのです。

60年間お茶を作ってきた爺も、そして、50年作ってきた代表の父母も
どのような思いで茶の取引の変遷を見守ってきたのでしょうか・・・。
皮肉にも、諸行無常とは世の常である、ということでしょうか。



山の頂上付近から刈り下りて来て、予定通りに行けば明日には作業が終わります。
b0028299_1962153.jpg

写真は茶園と対峙の山
向こう山では5年前までみかんを育てていました。
鳥獣害がひどく耕作を放棄してしまい、今はヒノキを植栽してあります。

お茶とみかんの作業がひと段落したら
みかん畑に隣接する(ごちゃまぜ状態といった方が正しいかも・・・)
雑木林に入ってコナラの伐りだしをする予定です。
ハウスのカフェスペースにあしらうパーゴラの材にするためです。
無くなったみかん園の分、素敵なパーゴラを作りたいと願っています。


(AYA)
by mgarden2 | 2011-11-22 19:54 | | Comments(0)

花と幼果とジャボチカバ号

なんだか映画のタイトルのようですが・・・。

b0028299_2074369.jpg

画像は昨日の営業風景です。

熟した実はほとんどなくなってしまい、青い実ばかりが目立ちます。
今は丁度谷間。
12月にはまた熟した実が増えます。

ジャボチカバ号は元気にしています。(代表)
by mgarden2 | 2011-11-21 20:36 | ジャボチカバ | Comments(0)