<   2011年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

もっと長生きできます?

予定通りお茶の手摘みをしました。
昨日はお隣の茶農家さん若夫婦が忙しい中手伝いにきてくれ、
今日は同じくお隣の熱血お茶刈り爺も摘みに来てくれました。
2日間皆で黙々と摘んでようやく一回量機械で揉む分が仕上がりました。

明日のカフェ・ジャボチカバでは
午後1時~手摘み茶&和菓子セット(300円)の呈茶を企画しています。

八十八夜に摘んだお茶を飲むと長生きできると言われていますね。
今日のは八十八夜前に摘んだお茶なので長生きできるかわかりませんが、
年に一度、滋養に富んだ八十八夜前の手摘み茶を楽しみにいらしてください。
お待ちしています!

ジャボチカバの摘み取り体験は四季なりは充分ありますが
小葉系ジャボチカバは数が足りなくなるかもしれません。
他ジャボチカバアイス ジャボチカバゼリーとパンナコッタ(限定30個)焼き菓子などがあります。
アイスコーヒーはまだありません。

他には”ピサのバナナ”が見どころです。
具体的に言うと、ピサの斜塔状態に傾いているバナナ苗です。


(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-30 21:21 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

マンゴーの近況

昨日は手バサミで茶園脇に生えているお茶を刈り取って、お茶工場の試運転を兼ねて一通り製造ラインの機械を通しました。明日から手摘み茶、来週から刈茶が本格的にスタートします。

お茶の農繁期が始まる前に今日はハウスのマンゴー区域の掃除や液肥散布を行いました。
今年のマンゴーは今のところ去年より多く生っています。けれどもまだまだ生理落下が続いていて、どれぐらいの量と、品質の良いものが採れるのか、先が読めません。
静岡でのマンゴー栽培は、重油代がかかります。なので輸送などこれ以上のエネルギーを使わないですむような地産地消型の生産を目指して行ったほうが望ましいように感じています。


今日撮影したマンゴー
大きいものは大人の握り拳大ほど、小さいものはウズラの卵大ほどです。


落ちたマンゴー

余談ですが、先月の終わり頃、ちょうどハクモクレンが咲く頃・・・。
ラジオを聞いていたら、ハクモクレンの花先はみな北側を向いて咲いているという薀蓄をアナウンサーが喋っていました。花びらは太陽の光を受けて 南側がふくらむので自然と花先が北を向いてしまうのだそうです。 それで<磁石の木>と呼ばれることもあるようです。
その話を聞いていて「今年はマンゴーの穂を吊る時に実の付け根を南側に誘うように吊るしてみよう!」って思いました。マンゴーも付け根の所に光が当たった方がなんだか栄養が行き渡るような気がしたのです。でもその思いはすぐに変わりました。
近所のハクモクレンは皆、好き勝手にばらばらの方向を向いて咲いていたからです。
昔と違って今はハクモクレンも住宅事情が悪化しているのかもしれません。


それから一ヶ月、水遣りのたびに少しずつ穂吊り作業を行い、
目ぼしいマンゴーの実はたいてい吊り上げが終わりました。
あとはタンソビョウなどの病気とコガネムシ・カイガラムシなどの害虫などの被害がなければ6月下旬~8月にマンゴーの収穫を迎えます。




(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-28 22:10 | マンゴー | Comments(0)

ハウスのアオジ

9日前から果樹ハウスに鳥が一羽住み着いています。
警戒心が強く、人間には滅多に姿を見せず、ジャボチカバの木の方から
「チッチッ」と鳴き声だけが聞こえていました。
 去年の暮れにハウスに来てくれた小笠原亜熱帯果樹センターの宗さんから
<ヒヨドリによるジャボチカバの食害>の様子を聞いていたので、
チッチッと鳴く声の主もジャボチカバの実を食べてしまうと困るなぁ・・・、
と心配していました。

ところが、今日はついにハウスの奥で地際を滑走している鳥を見つけることができました。

ハウス南側のお客さん立ち入り禁止になっている区域
ジャボチカバの落ち葉に対して保護色?のようでこの写真ではどこにいるかわかりにくいですね。
そこで写真を拡大してみました。

ピンぼけで申し訳なありませんが、鳴き声と大きさ、腹の模様などから
スズメの仲間のアオジだとわかりました。
アオジといっても亜種を含めて数種類いるようですが、種や成虫・幼虫などを食べるとのこと。
ヒヨドリのような貪食ではなくてほっとしました。
最近心無しか、蛾によるジャボチカバの実の被害が減ったような気がしていますが、
このアオジが食べてくれているのかもしれません。

私達としてはいつまでもいてもらいたい益鳥ですが、5月~7月が繁殖期のようで、
これから外へ出てパートナーを探す時期になるようです。
しばらくはハウスに居ると思いますが、見かけてもそっと見守ってあげてくださいね。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-26 20:17 | 農家の暮らし | Comments(0)

工場見学クイズ これは何でしょう?

昨日は静岡茶市場(ちゃいちば)で今年の新茶の初取引が行われました。今年は前年より6日遅い取引だそうですが、県内産の入荷量は去年の1300キロに対して3200キロと大きく上回ったそうです。去年は遅霜被害で県内各地の茶園で茶葉が傷んだためです。
今日はおかしな天気で雹が降らないか心配でしたがなんとかもちこたえてくれました。

我が家では一番茶収穫前のお茶工場の掃除がようやく終わりました。

今日はお茶製造の時に使用するある機械の中を写してみました。

これは何でしょう?


茶葉乾燥機の中の金網の底でした(^^)
毎回採れる茶葉の状態によって変わりますが、この乾燥機の中で、
約80度-15分で水分が5%になるまで葉を乾燥させ荒茶を作ります。


(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-25 19:50 | | Comments(0)

不思議な味・ジャボチカバスムージー

強風に見舞われたカフェ営業の一日でした。
ハウス入り口に植えたモッコウバラが数輪開き始め、
薔薇の季節の訪れに心が躍りました。
お越しいただいた方、ありがとうございました!

今日はジャボチカバアイスとお土産用のジャムがよく出ました。
暑くなってきてアイスコーヒーの注文もありましたがまだ準備をしていなかったため
ホットコーヒーにしていただきました。
来週は暑くなるようならアイスコーヒーを始めようと思っています。


先日から計画していたジャボチカバスムージーは・・・

こんな感じで出ました。

ストロベリーヨーグルトの味とよく似ている!とびっくりされる方もいました。
また、スムージーを残してしまった子供さんもいました。
どうやら皮の渋みが後で出てくるのでお子様向けではなかったようです。
もう少し薄めにしたほうが飲みやすいかなぁ、と考え直しています。
味はまだまだ進化すると思うのでまずいと思った方、笑って許してね(^人^)


写真はジャボチカバロール
去年の秋にロールケーキを再開しようと思っていた矢先に静岡葵タワーで販売されている葵ロールを食べて大打撃を受けました。そして自分で作ったロールケーキなどはお店に出せる代物ではないと思っていて冬の間ずっと作れないでいましたが、代表より、ロールケーキをまた焼いて欲しいと言われてなんとか立ち直って焼き始めたものです。松川農園さんの新鮮卵を使い、水あめを加えてしっとりとした生地に仕上げてみました。葵ロールの味には及びませんが、手作り感たっぷりのケーキで自分の中では許せる味のケーキになってきました。
※来週からは農繁期に突入するのでしばらくメニューからケーキが無くなります。


お店を経営していると頂き物をすることがあります。
こんな場所だからでしょうか、農園の頂き物の中で一番多いのが「植物」です。
「ここにあげればきっとうまく育ててくれるに違いない」と里子に出される方もいるかもしれませんし、(その期待はあてになりません。きっぱり!)「ここにこれを置くと農園の見栄えがよくなりますよ。」と親心で下さる方もいるかもしれません。他にもいろいろな理由で植物が寄ってきます。

先日はご近所の方からアジサイの苗をいただきました。
今年の梅雨の時期には開花が間に合わないかもしれませんが、
ハウスの入り口で美しい葉が楽しめると思います。

そして、去年の暮れにいただいたアイスプランツが花を咲かせ始めました。

肉厚の葉から出たとは思えない可憐な花。

ジャボチカバの鉢から垂れてハンギング状態です。これから肉体労働が続く農繁期に塩分もとれて手軽なメニューとしておひたしで頂きます。(どうもありがとう!^^)


(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-24 22:25 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

画像はありませんが・・・

明日のカフェ・ジャボチカバは小葉系・四季なりジャボチカバ両方の摘み取り体験が出来ます。小葉系は収穫のピークを過ぎていて、春の摘み取り体験は来週ぐらいまでになりそうです。

カフェメニューではジャボチカバのスムージー用にジャボチカバ+ヨーグルトを凍らせて準備しました。今回は18杯分作ってあります。値段は1杯400円。
スムージーは一杯につき400円分の生ジャボチカバ(100g)を使っているのでプラス(材料費・光熱費・手間賃)などを考えるともっと高い値段にならなければおかしいのですが、売れ残り品を加工して出す形だと考えれば妥当な値段になると思っています。
(まずは値段に見合った美味しさかどうか・・・?)

前回まではガラスのコップで出していましたが、これから夏にかけて乳製品は傷みやすいので衛生面を考えて使い捨てのコップで出すことにしました。先週ガラスを使っていて、コップ洗浄用の水の量が思ったよりも必要だったということもあるし、忙しくて洗いが不十分だったりすると困ると考えてのことです。

コップは透明なプラスチック製で425mlサイズ。(内容量は300cc強入ります)
色は何タイプかあり、ストライプの柄がついています。
画像がなくてイメージだけになってしまいますが、なかなか良い感じです。



今日は天然酵母パン・焼き菓子のバトン・ジャボチカパイ・ロールケーキを焼きました。

片づけが終わったところ・・・6畳間の自宅のお菓子工場の様子です^^

(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-23 23:17 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

なんど見ても!

b0028299_21493168.jpg

不思議できれいでいい香りのジャボチカバの花。
今朝は3本の木が満開でした。
朝は強烈な香りを放っています。
日本人の理解を超えたところに咲く花。
実も同じく日本人の概念では到底理解できないなり方。
見れば見るほど謎は深まるばかり・・・。
なんど見ても飽きません!(代表)
by mgarden2 | 2011-04-22 21:56 | ジャボチカバ | Comments(0)

日録

茶園のごみを拾っていたらアオイトトンボに会いました。
メタリックなブルーカラーのはらが、硬く黒ずんだ茶葉の上で際立っていました。
しばらく動かないので、死んでいるのかなぁ・・・?
と思ってちょっと触ってみたらトンボはびっくりして、
でも、すこし鈍そうに羽を広げて飛び立ちました。

今日は祖母の命日で親戚の方々がお参りに来てくれました。
農家の大先輩の祖母は90歳を過ぎても寝込むことはなく、
亡くなった日の朝食も、いつもの大盛ご飯と、漬物と、
旬のあさりの味噌汁を「美味しいねぇ。」と喜んで食べていたのを思い出しました。
 お盆の頃になるとオニヤンマが家の中に入ってきて飛び回るので
トンボにはご先祖様の魂が宿っているような気がしていますが、
今日のアオイトトンボにはひょっとして祖母からのメッセージが入っていたのかもしれません。

「あやさん、今年も美味しいお茶が採れるようにがんばっておくれよ・・・。」
ってね。


代表は今まで茶工場の掃除をしていましたが、
機械の部品をはずしながら細かいゴミを
取り除くのでまだまだ時間がかかりそうです。


今夜は今週出す予定のジャボチカバアイスを仕込みました。
アイスの仕込みには2時間半かかります。
製造中の写真を出すのは初めてかも?

相変わらずガーガー・・・・ジージー・・・!と騒音を出しながらアイスベースを
攪拌するクイジナート社のアイスメーカーを使用しています。
クリームが固くなってくると途中で攪拌をサボるので時々手動で回しています。
それでも美味しいアイスができます。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-21 22:44 | 農家の暮らし | Comments(0)

日録

今週から茶工場の掃除に取りかかっています。
代表の父はお茶の露払いに使う竹箒も作り終え準備万端!
代表の母はお茶前で夏野菜の植え付けや冬野菜の後片付けで大忙しです。
いよいよ来週にはお茶刈りが始まります。
連日の強風で茶園の上にはまたゴミが集まってしまい、
ごみ拾いはまだまだ続きそうです。

そんな中、ネット通販を始めた小葉系ジャボチカバの実・ジャム・
ジャボチカバ入りビスコッティも少しずつ注文をいただいています。
ご注文をありがとうございます。
まだ発送分の実が生っていますので興味のある方、
お気軽にお問い合わせ下さい。

午後からジャボチカバのビスコッティを追加で焼きました。
少しふっくらとした形にして焼いたところ、今までの小袋に入りきらず、
途中から大きいサイズの袋に変更しました。
サイズは多少違いますが同じ値段で販売します。
ビスコッティは、2度焼きをするイタリア発祥の焼き菓子です。
一度目は170度で20分、2度目は120度で50分焼いています。
低温で長時間かけて焼くので砂糖漬けのジャボチカバも丁度良い具合に乾燥されていて
甘め・しっとりジャボチカバのバトン菓子とは一味違って
甘さ控えめ・カリカリジャボチカバの風味が楽しめる焼き菓子だと思います。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-04-20 21:57 | 農家の暮らし | Comments(0)

クルミ定植

お茶だけを栽培しているならともかく、そのほかにもみかんや米、マンゴーにジャボチカバ、おまけに林まであって・・・家族だけで管理するにはお茶の面積が広すぎます。
身体がもちません・・・と・・・、・・・言って良いのか悪いのか・・・。
単に歳のせいかも。
いや、精神的な問題かも。
まあ、なんと言っても経営改善のため断行です。
茶畑にクルミを植えました。
b0028299_20444651.jpg

平地ですが南側に林があり、東西も林が迫る茶畑。1,000平米ほど。
10本のクルミは見えません。
なにしろ苗が小さい!
こんな感じです。
b0028299_20475958.jpg

5年後の収穫が楽しみです。
b0028299_20482450.jpg

一番植えたかった(というかそのために注文した)果樹ハウス前の茶畑は、地主の反対が強く今年は無理でした。結果、鉢植えにして時期を待ちます。
ジャボチカバのときもそうだったので焦りは禁物です。そのうちなんとかなるでしょう。
地主といっても、まあ、うちの父ですが・・・経営者は私でも地主の意見も尊重しなければなりません。
今は手作りパンを焼く時に買ったクルミを入れていますが、将来は自家産のクルミを使いたいものです。
子供の頃はクルミはエグくて(標準語だろうか?)苦手だったのですが、近年売られているクルミは甘くてすんなり喉を通ります。
品種改良のお陰なのか、こちらが歳をとって味覚が変ったのか?
クルミと芋焼酎・・・おじさんくさくて苦笑い。(代表)
by mgarden2 | 2011-04-18 21:06 | 果樹(その他) | Comments(0)