<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ジャボチカバ苗販売に関するお知らせ

明日から4月、春ですね。
庭の花桃がやっと満開。近くの梅はまだ残っている花があり、山桜も染井吉野も咲きだしました。ぱっと見の景色から感じる季節感と、身体が感じているものとのずれが大きく、今春のどの辺りにいるのか迷ってしまいます。

昨年からお知らせしていた春のジャボチカバ苗の販売ですが、四季なりジャボチカバの苗が病気による葉傷みが激しく、販売再開ができない状態になりました。楽しみに待っていて下さった方には大変申し訳ありませんが、夏以降きれいな葉が出そろってから販売再開をすることにしました。
なお、昨年ご注文いただいた方の分はなんとか間に合いそうなので、準備でき次第メールでお知らせします。また、小葉系ジャボチカバの苗は問題なく育っているので、近日中に苗販売を再開する予定です。(代表)
by mgarden2 | 2011-03-31 21:47 | ジャボチカバ | Comments(0)

萌芽


やぶきた茶の萌芽の様子

平地の茶園のごみ拾いが終わって、ようやく山の茶園のごみ拾いを始めました。
ごみ拾いは一番茶の収穫期まで延々と続きます。

去年は3月末日に襲い掛かった遅霜に、静岡県内の多くの茶農家が泣きました。
今年は新芽が霜に襲われないように願います。


今日の茶園


今日の静岡新聞で、川勝県知事が岩手・大槌町を訪問して、被災に遭われた方1万2千人をホテルや旅館などに短期間受け入れたいという意向があることを知りました。
その記事を読み始めて、私も伊豆の温泉地などで疲れた身体を少しでも癒してもらえたら嬉しいなぁ、と思いましたが、担当者の答えは意外にも、
被災者の中には家を失っても生まれ育った故郷を離れがたい人など
さまざな事情を抱えている人がおり、
積極的に申し出を引き受けるつもりはないとのことでした。

有意義な提案のように思えても、置かれた立場によって受け止め方はさまざまなのですね。

県知事の訪問に限らず被災地では本当にさまざまなことが起っていることでしょう。
被災地にいる方の負担を少しでも軽くできるように、
そして皆で希望をもって生活ができるように願いながら私も仕事に励みたいと思います。


(AYA)
by mgarden2 | 2011-03-30 20:56 | | Comments(0)

初収穫

ハウス内の植物には時々このような札がぶら下がっています。

非売品というからには何か訳があるのですが、
これは何故非売品なのか?
これまでそんな質問をしてきたお客さんはおりません。

今日はその問いかけの無い質問にお答えします。

これは、7年前に私が初めて蒔いた小葉系ジャボチカバの苗なのです。
食べた実をすぐに蒔きましたが、
巨峰のような味でとても美味しく感じられたことが今でも記憶に残っています。

その頃から、代表と私の2人3脚(正確には父母や、他にも協力をしてくれた方々も含めて♪)の開園準備が本格的に始まりました。
開園できるのか?お客さんはくるのか?
そんな不安を抱えながら、何年も、一人の時も多かったです、何時間もハウスの草を取ったり、水遣りや苗の植え替えを行ってきました。その様子を傍でずっと見守ってくれた苗が、ようやく実をつけてくれたのです。


(2月24日に花が咲いた写真をブログに載せています)

種まきから7年。
どこから見ても、他の小葉系ジャボチカバと変わったところはありません。
でも私にとっては初めての子供のようでもあり、
その苗を売らずに大切にとっていてくれた代表に感謝しています。

今日収穫した実は・・・・

もちろんまた蒔きました!

農園で収穫体験したジャボチカバは、皆さんも持ち帰って蒔いてみると楽しいと思います。
7年か、8年後には美味しい実をつけます。



(AYA)
by mgarden2 | 2011-03-28 21:01 | ジャボチカバ | Comments(0)

今日もありがとうございました

花冷えが続きます。
先日露地に蒔いたホウレンソウやカブ、白菜が思うように芽が出てきません。

ハウスでは、高い重油代を出して、最低15度以上の設定をしています。
燃料不足が騒がれる中、静岡での熱帯果樹栽培は片身が狭く感じられます。

毎年生りが悪いマンゴーは、期待と共に量を減らして、
お茶のようにもっと皆さんの生活に密着した農作物を
ハウスで作った方がいいのでは??って考えることもあります。
けれども悲しいかな、栽培技術がないので
軟弱野菜など新規の作物を作ることは難しいし、
何よりも代表の熱帯果樹栽培への情熱が萎えない限り頑張らなくてはなりません。


今日も予定通り農園カフェ営業を行いました。
訪問いただいた方、ありがとうございます。

ハウス入り口の寄せ植えコーナー 
 春らしくパステルカラーであしらってみました。


熱帯果樹少年からいただいたアメイシャが大きくなってきたので
植え替え用にドライフラワー作家のクレセントさんに頼んで
植木鉢を焼いてもらいました。
鉢は飾り気がなく、素朴な外観で、そこがとても粋に感じて気に入っています。
(クレセントさん、どうもありがとう!)


カフェメニューでは、最近一番人気が天然酵母+国産小麦のパンです。
"ジャボチカバ&くるみ入り"と"オレンジピール入り"の2種類を出していますが
値段の割りに味はそこそこ(?)、作る量も少ないのでほぼ完売状態です。
天然酵母のパンはジャボチカバのお菓子を作る時に、合間を見ながら焼いています。
パンナコッタを固めながらパンを1次発酵、その間にパイを焼いて、
2次発酵をしながら焼き菓子のラッピング、すかさず
次の生地をこね始めて・・・といった状態です。
発酵の時間と温度にとても神経を使うので、
作る量をこれ以上増やすことはできませんが
皆さんが喜んでくださるので出来る限り続けて焼いていこうと思っています。

次回の営業は4月になります。
ジャボチカバの実がたまってきたので凍らせています。
来週は新メニューでジャボチカバのスムージーが出る予定です。
乞う期待!!

(AYA)
by mgarden2 | 2011-03-27 22:04 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

百果繚乱

静岡では数日前に染井吉野の開花が報じられましたが、こんなに寒いというのに春はやはりすぐそこまで来ているのですね。こちらでも山桜が咲き始めました。

明日は四季生り・小葉系ジャボチカバ2種類の摘み取り体験ができます。

ブラジル人も日本人も大好きな小葉系 ようやく摘み取りができるようになりました!


四季なりジャボチカバも甘くて美味しいです。


b0028299_2084956.jpg

先日ブログに載せた巨大ジャボチカバアッスー、今もたくさんなっています。熟しすぎて落ちていたものがあったので食べてみたら、なんと美味しい!
驚異の直径41ミリのものを持ち帰り、計りに載せてみました。37グラム。糖度は14.3度。
渋みやジャボチカバ臭さもなく普通に食べることができます。四季なりジャボチカバのように甘~いという味ではありませんが、いやな味はありません。適度な温度と水分があればクセのある巨大ジャボチカバアッスーでも美味しいものができるのかもしれません。

b0028299_2016462.jpg

画像は甘夏の一種「スルガエレガント」です。皮が当園のオレンジブレッドの原料になります。
(明日と来週はパンの店mamanで購入したオランダ産のオレンジピールを使用します。)
同じく天然酵母と国産小麦使用のジャボチカパンもあります。

b0028299_20185072.jpg

先日、友人のドライフラワー作家クレセントさんに依頼された看板立て完成!
イヌビワのイーゼル。
看板が厚さ4センチの板でかなりボリュームがあるので、太目の材を用いました。こんな無骨な感じでいいのか不安です。
注文としては「乗用車に入るように折りたたみで」ということでしたので・・・。
ごめんなさい。折りたたんでもかなり大きいです。

b0028299_20233778.jpg

うちの1トントラックには楽々入りました。(代表)
by mgarden2 | 2011-03-26 20:24 | ジャボチカバ | Comments(0)

お茶の改植作業

やぶきた茶の幼苗約800本が届いたので、植え付け作業を行いました。
お茶苗は一束50本で、毎年コーヒー屋の包装紙に包まれてきます。
去年はkeyコーヒーでしたが今年はuccのロゴ入りでした(理由は謎)


苗の根を水につけて濡らしながら植えつけます。


苗を植え付けたところ。
冷たい風が吹いて、茶の葉も寒そうでしたが、根がよく活着するように水をたっぷりかけました。

(おまけ)
昨日から今朝にかけて息子の高校入学の報告を兼ねて千葉の実家へ行ってきました。
農園カフェの準備を始めてから2年以上実家を訪れていませんでしたが、
久々に故郷の景色をみて和んできました。
かつてあった商店が無くなっていたり、新しい住宅が建っていたり、、と
家の周りは少し変わっていて、残っている光景が宝物のように思えました。


写真は新高校1年の息子と母。新聞の数独を競って解いているところです。
計画停電の実施区域に入っていて、暖をとるのに皆で同じ部屋に集まり、
火鉢で部屋を温めました。

個人でできる省エネもいろいろ実施していきたいです。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-03-24 20:40 | | Comments(0)

ジャボチカバとキリン

ホダ木に着いたまま干からびていたシイタケたちが、昨日と今日の雨でぶにょぶにょに!
露天栽培(?)なので、水分の制御のしようがありません。

b0028299_20355698.jpg

画像はプチプチと幹にへばりついているジャボチカバの青い実です。この木は3週間後くらいが食べごろでしょう。木に繋がれているのは、2年前から飼っている木製のキリンです。先日、このキリンを見てとても驚いてしまったお客さんがいましたが、多分こんな感じで胴体だけが目に飛び込んでしまったのでしょう。2頭のキリンはどちらも木に繋がれていて、遠目からはわかりづらくなっているものですから。

b0028299_20503117.jpg

キリンの身長は2メートルくらいですが、ジャボチカバはもっと上まで枝を伸ばしています。(代表)
by mgarden2 | 2011-03-22 20:50 | ジャボチカバ | Comments(0)

豊かさについて思う

先週は大震災の直後でカフェ営業の更新を初めてお休みしました。
2週間ぶりの更新になります。


ハウス入り口のキンカン 中のジャボチカバ同様、次から次へポコポコと色づいています。


今朝焼いた国産全粒粉とクルミとジャボチカバのコンフィ入りパン
お土産用に皆さん買われていき、最後に残ったパン2個。
最後にパンを購入されたお客さんに
カフェでバター付きで食べていただいたところ、
「美味しい!」
とコメントいただきました。
好評のメニューは農繁期が始まるまでは続けて出す予定です。
またご意見をお待ちしています。

ハウスの外は春めいてきて野の花が一斉に騒ぎ始めました。

久々に野の花遊びをしました。
いつもハウスに来てくれる姪っ子がレンゲの葉とムスカリを持ってきてくれたので
ラベンダーと一緒に挿しました。



タネツケバナとホトケノザ


震災に遭われた方々のために、今それぞれの立場で何ができるか。
真剣に考えて行動を始めています。

福島第一原発の報道を耳にして、一介の農家として感じたことがあります。
首都圏のエネルギーの源が、数百キロも離れた福島にあるという事実についてです。
この事がフードマイレージの奇妙で複雑なルートを思い起こさせました。
一万キロ以上離れた土地に住む海外の農家が、日本の都市部に住む人のために
毎日数百haの田畑を1つの作物だけ育てるという
農業のあり方は、かなり特殊なのではないかと思うのです。

人々の、豊かさへの憧憬が、お金と、土地の利用法や人の労働方法をこれまで決定づけてきたに違いありません。そして、この地震を機に、私も含めて「豊かさ」の概念を変えていかなければいけないと感じます。私達の豊かさの影に、原発のある地区の人々の負担があるのだという認識をもとに、少しずつ・・・。

農の豊かさを支えるのは、技術を含めた農家の労働力と、気象や動植物を始めとした周りにある自然、そして消費者の応援力だと思っています。

この農園カフェも、ジャボチカバを提供するだけの専門化された場所ではなく、
生産農家としての多様性を盛り込んでいった方が自然で望ましいように思い始めています。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-03-20 22:21 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

気になる風

ここ数日風が気になります。
強い風はあまり吹かない静岡ですが、この時期に妙に気になる強い風が何日も続いています。
地震が起きて以来心もざわついています。

ピンポンの花、今年も咲きました。
b0028299_21302864.jpg

受粉率が悪くその上受粉の仕方がわからないので悩みましたが、昨年もしかしたらと花に水をかけたら実が着いたので、今年も毎日水をかけています。この方法が正しいかどうかは謎です。

ジャボチカバの実は少しだけ増えてきたので、明日は摘み取り体験もできます。ただ、量が少ないので摘み取り希望の方は早目の来園をお勧めします。
b0028299_21333385.jpg

巨大ジャボチカバアッスーの実は見るだけです!ごめんなさい。
実の径41ミリ、40ミリというビッグなのがなっています。黒いピンポン玉を想像して下さい。
先週訪れたお客さんも驚いていました。
何度も言いますが見るだけです。採らないで下さい!(代表)

※※※ ※※※  ※※※ ※※※  ※※※ ※※※  ※※※ ※※※ ※※※ ※※※  ※※※ ※※※   
明日の主なカフェメニューは先週とあまり変わりません。

いつも出しているパンナコッタですが・・・
急いで液体のまま容器に注いだら下に敷いたスポンジが浮いてしまったのがありました・・・。


物資が不足しているという時にこんな失敗をしてしまってm(。。)m
急いては事をし損じる です。

・ジャボチカバゼリー&パンナコッタ(成功したものだけ)
・ジャボチカパイ
・ジャボチカバジャムのパウンドケーキ
・ジャボチカバジャム&ベイクドレアチーズケーキ
・ジャボチカバアイス
お土産用のジャボチカバジャムもあります。

今週はヨーグルト・生クリーム・バターをカットして
天然酵母にみかんピールと国産小麦(春よ恋)・少量の塩と砂糖とお湯だけで作った
オレンジパンを焼いてみました。

今焼き上がったところです。

明日の朝は全粒粉入りのパンを焼く予定です。
by mgarden2 | 2011-03-19 21:39 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

私にできること

被災された方々が一日も早く平穏な日々を取り戻すことができるよう祈っております。
私の作った農作物が今すぐに直接被災地に運ばれるわけではありませんが、今の私にできる協力と言えば働いて農作物を作ることしかありません。安全な食料を生産することは非常に重要なことです。
農家も漁師も酪農家も誇りをもって生産に励みましょう!(代表)
by mgarden2 | 2011-03-18 19:13 | 農家の暮らし | Comments(0)