<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

『CYABEYA さくら』と吊るし雛

ジャボチカバの小苗植え替え用の赤玉土と鹿沼土を買いにホームセンターへ向かう途中、『CYABEYA さくら』に寄りました。さくらは、農家の庭の一角に立つ古い茶部屋を改装した喫茶店です。
b0028299_1972059.jpg

木の温もりがいっぱいの落ち着く店内。コーヒーを一杯いただくだけのつもりが、いろいろお話ししていたらお昼になってしまいました。
広い庭には手入れの行き届いた植木や花たち、木造の立派な母屋は今まで外観しか見たことがありませんでしたが、今日は中へ案内されてびっくり!
b0028299_19122576.jpg

なんと、土間から続く2部屋が雛人形や吊るし雛で埋め尽くされています。普通の民家でこれだけの雛人形を飾っているところは滅多にないのでは。手前の部屋は半分しか写っていませんが、上がり端まで人形や吊るし雛がびっしり!
数にもびっくりですが、それ以上に驚いたのはほとんどがさくらさんのお母さんの手作りだということ。
b0028299_19193758.jpg

この小さなウサギたちもお母さんの手作り!畳の目と比べてみて下さい。
3月中は飾っているそうなので、興味のある方は寄ってみて下さい。
さくらは火曜日と水曜日がお休み、営業時間は11時から5時までです。場所は国1を駿府匠宿方面に曲がり、駿府匠宿や吐月峰柴屋寺を過ぎさらに少し進んだ左手になります。
手作りケーキがおすすめ!

明日は、SBSラジオの午後の番組「らぶらじ」でも、スクーピーが立ち寄り生中継でこの豪華な雛飾りの様子を伝えるそうです。県内だけですが、お時間のある方はどうぞ聞いてみて下さい。(代表)

CYABEYA さくら
静岡市駿河区丸子3297
054-259-0934
木曜~月曜 11時~5時営業
by mgarden2 | 2011-02-28 19:42 | 外遊録 | Comments(0)

お客さんの心配

今日も無事にカフェ営業を終えました。
お越しいただいたお客さま、どうもありがとうございました!

今日はオープン以来、初!お菓子・パン・ジャボチカバの実が完売しました。
最後に遠方から来てくださった方のお菓子を切らしてしまい申し訳なかったです。

いつもは「こんなに余ってしまって勿体無い・・・。」と思うのですが、
いざ、売り切れとなると、やはりもう少し作っておいたほうが良かったかなぁ。
と反省です。
事前に実やお菓子などの予約をいただければ多めに作って
お取置きもできますので、ご面倒かもしれませんが、
電話・メールでご連絡をお待ちしています。

今日は天然酵母パンを20個作りましたが、
キッチンカーの電子レンジでチン!すると
ふかふかでとても美味しいパンになることがわかりました。
お土産用で購入頂いた方、少し温めて召し上がって下さいね。

来週も20~30個ぐらいですが、ジャボチカバジャムが楽しめるような
パンを焼こうと思っています。

今日は作ったアイスがちょっと甘めでした。
来週はもう少しさっぱり系に仕上げたいと思います。



午前中に、名古屋からいらしたブラジル人の方が
「ちょっと失礼ですが。。このカフェの営業だけでハウスを維持できるのですか?」
と心配してくれました。

今は食品加工会社に勤務しているという、そのブラジル人男性は
ブラジルでは20以上もの農園を経営していたのだそうです。
そして、その農園の経営がうまくいかず、今は日本で働いているとのことで、
この農園の経営を心配してくれる気持ちもわかるような気がします。(^^)

訪れたお客さんが安心して寛げるような、
そして楽しんでいけるような農園作りは常に心がけて
いかなければならないな、と思いました。

今日の問いかけに対しては、なんらかの形で反映させていきたいです。


(AYA)
by mgarden2 | 2011-02-27 21:17 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

明日は

昨日は花粉に包まれていてもそれほど辛くなかったのですが、今日は目が埴輪になってしまいました。明日もこんな顔だったらどうしましょ!?
b0028299_2182186.jpg

今、熟した実はほとんどなっていません。そんな訳で、先週に続き明日も摘み取り体験はできません。カフェは平常通り営業しています。
月曜日が雨だというので、急遽明日餅つきをすることにしました。10時までに終わるように4時起きで頑張ります。(代表)

このあと、今パイを焼いている妻がまだ書き足す予定です。私は先に休みます。

※※※※  ※※※※  ※※※※  ※※※※   ※※※※  ※※※※ ※※※※  ※※※※   
22:35

明日カフェに出すパイが先ほど焼けました。

ジャボチカパイを横で焼きながらジャボチカパンも作ってみました。オーブンを使うと室温が上がるので生地発酵時間に合わせて利用しています。


バナナとロイヤルミルクティーのパンをアレンジして焼いたもので
中にはジャボチカバジャムとバターを一匙ずつ入れて包んで
マフィンカップに入れて焼いたものです。
ミルクティーにはアールグレイティをしっかりと煮出して・・・。

プレゼント用にもできますよ。^^

(AYA)
by mgarden2 | 2011-02-26 21:18 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

2月24日から28日は72候の一つ、
「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)の時期だそうです。
昔の人は薄っすらと霞んだ野山の景色を見て
春が訪れる喜びを味わっていたのかもしれません。


茶園でも棚引き始めました・・・。


霞ではありません。
山肌から出ているのは去年の猛暑で例年より数多く飛び散っているスギ花粉です!
代表曰く「スギ花粉とジマンダイセン(殺菌剤)と互角勝負だな。」
ジマンダイセンは黄色い粉末なのです。

これからの山での作業は花粉対策が必須です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一昨年の農園カフェ開園の際、恩師のM先生が漆工芸で
カフェの看板を作ってくださいました。
その看板が紫外線で傷んできて気になっていたところ、
先週、綺麗に修復してもらいました。(どうもありがとうございました!)
時々、お客さまから「これは漆ですね」と声をかけていただいていましたが、
またカフェコーナーに戻ってきておりますので来園の際に観覧くださいね!

恩師の奥様手作りの砂糖漬け柑橘ピールも一緒にいただきました。
パンにいただいたピールを入れて焼いたら爽やかな味が楽しめました。
残ったピールで10個分のパンが焼けそうですので
今週末は農園カフェ用にオレンジピールパンを焼いてみようと思います。

他にも定番のパイ・パンナコッタ・ケーキ類
少量ずつですが準備してお待ちしています。


手作りピール入り天然酵母パン (自宅にて)

(AYA)
by mgarden2 | 2011-02-25 22:34 | 農家の暮らし | Comments(0)

ついに!

朝から雨、暮れに妹からもらった軽乗用車の名義変更をしに、葵区国吉田にある軽自動車検査協会に行きました。書類を提出しようとしたら住民票がありません。前々から準備してあったのに、家に忘れてきてしまいました。他の書類は協会でもそろいますが、住民票は区役所やその出先機関に行かなければもらえません。家まで取りに戻るのは時間とガソリンの無駄使いになるので、近くの市の出先機関で再度写しをもらいました。名義変更自体はとても簡単ですしお金もかかりません。自分でできることは自分でやるのが経費の節約になるし、勉強にもなるのでお勧めです。ちなみにジャボチカバ号の車庫証明やナンバーの取得も、自分で警察署や陸運に行ってやりました。
最近物忘れや忘れ物が多くなったような・・・。先週は確定申告のあの赤青緑の申告用紙が見つからなくなってしまい、仕方がないので農協で予備のものをもらって申告を済ませました。
そんなわけでついに私も・・・という意味で今日のタイトルをつけたわけではありません。
種から育てたジャボチカバ(小葉系)がついに花を咲かせました!
b0028299_20252873.jpg

四季なりジャボチカバはすでに何本も種から育てたものが花を咲かせ実をならせました。冬も加温している当園の環境下では、5年かからずに花を咲かせるものもかなりあります。画像のジャボチカバ(小葉系)は2004年の4月に種を蒔いたものです。1月に少しだけ花を咲かせ、今は小さな実がひとつだけついています。そして今日またいくつか花を咲かせました。種蒔きから約7年かかって花を咲かせたことになります。結実まで10年前後かかるといわれている小葉系ですが、ハウス栽培ではもう少し早く開花樹齢に達するということでしょうか。現在のおおよそのサイズは、樹高180センチ、根元の太さ(直径)3センチ、30センチのポット植えです。もう1本ほぼ同じ条件の苗がありますが、そちらは昨年植替えのために枝を強剪定したためか、まだ蕾は出てきていません。
モモクリ3年カキ8年、ジャボチカバは10年、しかし果物全体からするとそんなに時間がかかる方ではありません。かんきつ類などはもっともっと時間がかかります。15年前に蒔いたレモンの中で、1本だけ変った葉がつき、おまけに刺もほとんどない苗ができたので、今でも大事に育てています。いつになったら花が咲くのでしょうか。長い時間待って、そこそこ使える実がつけばよいのですが、小さすぎるとか、ごつごつで使い物にならないとか、恐ろしく不味いとか、そんな実しかならなかったときには「ついに!」の喜びも半減かもしれません。(代表)
by mgarden2 | 2011-02-24 20:58 | ジャボチカバ | Comments(0)

時間差攻撃

b0028299_21145417.jpg

昨日載せたアッスー。画像では実の大きさが伝わりません。
今日は新しい花が咲きました。
一日でこんなに変化があります。
b0028299_2116411.jpg

ジャボチカバ(小葉系)。
2月の初めに花が咲き、そのときなった実と今日咲いた花。

こんなにも激しい時間差攻撃。
種(シュ)の保存と反映のためにこのような進化を遂げたのでしょうか?
いつでも食べられるよと、捕食者たちへのシグナル。
種(タネ)は他所へ運ばれ、その地に芽を伸ばす。
おそらく研究した人はいませんが、私は勝手に想像をめぐらし、ジャボチカバってすごいなと、勝手な思い込みで作り上げた物語りを楽しんでいます。(代表)
by mgarden2 | 2011-02-23 21:35 | ジャボチカバ | Comments(0)

巨大ジャボチカバ“アッスー”とアッスージャム

夕方6時半、車を運転して子供を迎えに行く途中、家から300メートルほど走ったところでイノシシ2頭に遭遇。中くらいのものと巨大なものが、道路上から慌てて竹やぶに走りこみました。親子でしょうか。さらに1キロほど走ったところでまたまたイノシシ!中くらいのサイズのものが道路わきの山裾で落ち葉を掻き分けながら食べ物を探していました。目の前まで近寄っても逃げようともしません。車を凹まされては困るのでこちらが逃げました。数分後にバス停で子供を乗せて戻ってくると・・・同じ場所にまだいました。イノシシはときどき見かけますが、こんな短時間に3頭も、しかも道路上でというのは初めてです。

ジャボチカバの実は相変わらずほとんどなっていません。そんな中、アッスーとアッスーワンの実がいくつか採れたので、ジャムを作ってみました。
b0028299_21185415.jpg

アッスーの実。一番大きいものは直径39ミリありました。緑の幼果たちも1ヵ月後には大きな実になっているはずです。ただし、多目の摘果が必要です。

b0028299_20574949.jpg

画像は出来上がったジャムです。1瓶しかできませんでした。
アッスーとアッスーワンは、生で食べた場合四季なりジャボチカバに比べ風味が劣りますが、可食部が多いため加工しやすいのがよい点です。ジャムにしてみると、四季なりジャボチカバよりも酸味が強く感じられ、独特の渋みが口に残ります。この渋みは、カキのような耐えられない渋みとは違い、ワインの渋みにも似た風味のひとつとして楽しめる部類の渋みです。
来週は試食できます。ひと匙ですが。(代表)
by mgarden2 | 2011-02-22 21:13 | ジャボチカバ | Comments(0)

一区切り

今日も先週に引き続いてTV静岡「テレしず通りパロパロ」を見た!
と言って訪れてくれたお客さんがかなりいました。
足を運んでいただいてありがとうございます!

これまでにも当園を取りあげてくれた報道機関はいくつかありますが、
どの機関の方も好意的に、きれいなところばかりを選んで報道してもらっていたので
期待大!で訪れたお客さんは<来てがっかり・・・>という反応も多少あったかと感じています。
今回の”パロパロ”は、長閑な農園の風景や、カフェとしては一般の常識からはずれた、
ドロで汚れたビニールの入り口、そして登場した<不気味なフルーツ>。
ありのまま、等身大の内容を放送してくれたので
それが視聴者の方々の「行ってみたい!」という関心をそそったのかもしれません。
今日は若い方から年配の方、そして県内在住のブラジル人ファミリー、
さまざまな方が来てくれました。

その中で、西川農園のHPから「お弁当の持込は出来ます」というフレーズを見て
来てくれた若いご家族、さっそく二人の可愛いお子さんを連れて、
ランチを持参で来てくれました。

市内にお住まいのご家族
手作りランチでゆっくりと寛いでいました
ランチのお供にお茶やスイーツの注文もいただきありがとうございました!

ハウスの中での飲食は落ち着かない、という声も聞かれますが、
子供連れには楽しい空間かもしれません。
家族やグループの団欒の場として使っていただければ
ジャボチカバも喜ぶに違いありません。


今日は、お客様からジャボチカバの絵手紙をいただきました。

実物よりも表情豊かでとても美味しそうです!
0様、どうもありがとうございました!
カフェコーナーに飾ってお客さんと一緒に楽しませてもらいます。(^^)


夕方、売れ残った天然酵母パン
素朴な味は良いのですが、見た目も大事なんですね。

日本人にとっての<ジャボチカバ>は、嗜好品としてのフルーツの中の、
さらにその中でも存在価値が低いフルーツです。
それを、いきなりドーンと、それだけを沢山食べてもらおうというのではなく、
食べる時のいろいろなシチュエーションを想像して、
どんな食べ方が受け入れやすいのか考えて提案していけたら、
と思っています。


先日のTV放送の後、今日まで予約が入ったジャボチカバのお菓子作りで忙しく
茶園の草取り作業が遅々として進んでいませんでした。
今週は新鮮な空気がたっぷりの畑で草を取りながら次の計画を練ります!

・・・・「どっちが本業だ?」って父にからかわれそうです(^^ゝ

(AYA)
by mgarden2 | 2011-02-20 21:21 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

スギ花粉には・・・

明日はジャボチカバの実がほとんどありません。

摘み採り体験をご希望の方は3月中旬以降にいらしてください。

実はなくともカフェは営業しています。

私もスギ花粉で今日から目がうるうるしています。
スギ花粉には、抗アレルギー作用があると言われているべにふうきを煎じたドリンクを・・。
ちょっと苦いですが、けっこう効きます。(^^)

定番のパイ、パンナコッタ、ジャボチカバのバトン、そしてジャボチカバジャムのお土産など、
素朴な味わいの天然酵母パンも(35個ぐらいかな?)出す予定です。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-02-19 23:17 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

スギ花粉飛散開始

雨上がりの気持ちよい一日でした。
昼過ぎに茶園に向けトラックを走らせていると、目の前のスギからぼわ~っという感じで花粉が舞い上がりました。ものすごい量です。あっちのスギもぼわっ。風も強くないのにぼわっとまるで木自体が意識して花粉を噴出しているかのようです。
数年前まではすごいなぁと感心するだけの風景でしたが、花粉症になってからはやだなぁという思いの方が強くなりました。私の場合は鼻はなんともないのですが目にきます。とくに車の運転中がひどく、目を開けているのが辛くて仕方ありません。瞼も紅くなるし、飲んでもいないのに紅い顔になってしまうのは情けないです。

さてさて、ジャボチカバは熟した実が全くといっていいほどなっていません。数十粒はなっていますが、とても摘み取り体験などできる量ではないので、来週は摘み取り体験はお休みします。カフェのみの営業です。
b0028299_20335461.jpg

ジャボチカバ(小葉系)の実も膨らんできました。(代表)
by mgarden2 | 2011-02-18 20:39 | ジャボチカバ | Comments(0)