<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日のCafe Jaboticaba いろいろ

今日はハロウィンの日ということで、ハロウィン用の飾りをディスプレーしてみました。

ワーゲンバスの屋根の色とオレンジのハロウィン旗でハウスの中が明るい感じになりました。

今月は四季生りジャボチカバ(大葉系)が結構なりました。
秋に摘み取り体験を再開して以来日本人のお客様もまた興味をもって遊びに来るようになりました。有難いことです。そして、今まではその様子をぼ~っと眺めていただけでしたが、日本ではまだ認知度が低い”ジャボチカバ摘み取り体験農園”を多くの方に知ってもらうために、実際に摘み取っている方の様子もこれからはカメラに収めてブログで公開していくことにしました。

下の写真は今日一番で県内・市内から摘み取りにいらしたグループの様子です。

皆さん良い実を探すのに熱中しているようで、次から次へと樹をぐるぐる巡っていて
その速さにカメラが追いつけず、結局この一枚になってしまいました。
写真に写っている小学生の女の子は植物が大好きなのだそうです。
園内の植物を、興味深く観察したりして楽しんでいました。
若い女性の方々もいろいろな感想を話し合いながら楽しそうに摘み取っていかれました。
写真が上手に撮れなくて申し訳なかったですが、また是非いらしてください。


在日ブラジル人の父娘
子供よりもお父さんの方が楽しそうです。
故郷のブラジルで食べていたジャボチカバの実の話をしてくれました。

今日はあいにくの雨でしたが、他にも来てくださった方、ありがとうございました。

そうそう、以前訪れてくれたお客様よりめずらしい”はりつるまさき”別名ハートツリーという
植物をいただきました。

どこがハートなのかというと・・・

赤いハート型の実がなっているのです。
常滑市内の農家さんが育てているとのことです。M様ありがとうございます。


今日のスイーツの一枚はサツマイモ&サツマイモジャムのシフォンケーキ(350円)です。
自園で採れた野菜をメニューに入れてみました。


・・・・が、

これは人気がありません。
(シフォンケーキは私にとっての鬼門!?)
ケーキ自体にもジャボチカバが混ざっていないと興味が湧かないのでしょうか。

自園で採れた野菜類は加工をせずに産直をした方がお客様にとって楽しみが大きいのかもしれません。
先週書き損ねた農園カフェの課題について見えてきたことの一つです。カフェ経営を始めて、お客様が多い日でも、少ない日でも大変楽しく一日を過ごしています。一日の売り上げが〇千円。という日もあります。これは、現段階では自分達の経営方法がお客様が求める楽しみや有益性に劣っているということなのです。

この場所でお客様が収穫したものを自ら加工したり、農産物についての良い情報が得られるようになれば、、、。また、農家の主婦の手作り品ではなく、一流シェフによるスイーツが提供されればお客様の楽しみももっと増えて沢山の方が来るようになるのかもしれません。


しかし、一方で、あまり繁盛しなくても一日に数組のお客さんがゆったりと寛いでくれればそれも目的の一つだよ、とも思うのです。少なくとも私だったら、せっかくの休日ならば、緑に囲まれてゆっくりと本を読んだり、親しい友と興味のある話をして過ごしたいと思います。知人に囲まれたいつもの場所からちょっと離れたところで・・・。
これはジャボチカバが存在しなくても実現できる場所は沢山あるでしょう。
そして、やはり、ジャボチカバがある場所で寛げる人、というのはかなり限定されてしまうのです。

先週は見えてきた課題について書こうと思っていましたが、実際には見えていない課題の方が沢山ありそうです。

次回の営業日はもう11月です。
さし当たっての課題でホットドリンクのメニューも充実させていきたいです。

(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-31 21:27 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

台風一過

嬉しいことに当初の予報は外れて台風は海の上を進んでくれました。こちらは大きな雨も風もなく、おまけに夕方には東の空に虹も出て、厚い雲の上に浮かぶその虹があまりにもきれいだったので、今日一日がとてもいい一日だったように感じています。
気分的にはそうだったのですが、実際には暗雲晴れずと言うのでしょうか・・・。こんな雨の日は書類整理をと思い、机の上や下に積み上げた書類を整理し始めましたが、いろいろ用事もあり結局余計に散らかった状態で夜を迎えました。空を見上げれば虹、床を見渡せば書類。どちらも現実。
明日は晴れてくれると嬉しいです。(代表)

  ※※※※  ※※※※  ※※※※  ※※※※   ※※※※  ※※※※  ※※※※  ※※※※


パンナコッタ 仕上げ途中経過です。
明日の朝一番で生クリームをたててジャボチカバゼリーの上にミントと一緒に飾ります。

今週のジャボチカパイは周りがフリルになってますが、中身はいつものジャボチカバの砂糖漬けとクレームダマンドが入っています。

アヤコマチが沢山採れたので1/2本をシフォンケーキの中に混ぜて焼いてみました。これは父が数年前に苗を買ってきて、冬場はハウスの奥で越冬させ、春に畑に植えつけたオレンジ色のサツマイモです。
カロチノイドがたっぷり入っていそうな外観です。残りの半分はこれからサツマイモジャムにしてシフォンケーキに添えて明日のメニューで出そうかと思っています。

明日はハロウィンのお祭りですが、飾ったり、お菓子に使う予定だったカボチャは
すでにイノシシのお腹の中に・・・・。
そんなわけでカボチャカラーのオレンジサツマイモが代打で登場です。
好評ならレギュラー出演に昇格です。


だいぶ寒くなってきたのでジャボチカバソーダはこれからお休みです。
どうしても飲みたい!という方は事前にご連絡下さい。

ジャボチカバのカップケーキ(1個150円)も焼きました。お土産用にどうぞ!

@ バナナの房がだいぶ大きくなり、数も増えてきました。
  来園予定の方、是非ご覧下さい!

(AYA)

by mgarden2 | 2010-10-30 19:01 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

世界お茶まつり2010へ行ってきた

代表と一緒に世界お茶まつり2010へ出かけてきました。
お時間のある方はどうぞこちらをご覧下さい。画像は全部で10枚あります。

帰宅したら父が一人でみかんを切っていました。
もう3時近くになっていましたが、早速一緒に収穫をしてさきほど出荷を終えました。
今年はみかんの出来が良いようです。
来週からネットでもみかんの販売を始めます。

※一昨日のバジルの穂の続きの話は来週更新しますね。
(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-29 22:07 | 外遊録 | Comments(0)

お知らせ

夏に農園カフェの施設内で、赤い風車のような実が樹にぶらさがっているのを目にした方もいるかもしれません。アオギリ科のピンポンという熱帯植物で、実を茹でて食べることが出来ますが、特筆すべきは実を保護しているビロード状の莢の美しさです。お客さんの中でもデジカメで撮影をしたりして楽しんでいる姿をよく見かけました。

今日は”ささやかなしあわせ”のクレセントさんが、ピンポンの実を工房でドライフラワーに加工して、素敵なアレンジメントを作って持ってきて下さいましたので紹介させていただきます。

ピンポンの実入りドライフラワーアレンジbycrescent


アレンジの拡大

莢の色は紅色からシックな落ち着いた色に自然に変わり、ビロードの質感が残り浮かびあがっています。黒い実はそのまま生かされていて、横に配置されたヒオウギの黒い実との対比がとても面白いです。
乾燥ナズナはまさにツボにはまったという感じで・・・。こんなに手の込んだ美しいアレンジを作っていただいてありがとうございます。農園カフェでもしばらく入り口に飾らせていただきます。


そして、今日は少し先のことですが、クリスマス企画のお知らせがあります。
今年の12月5日(日曜日)、農園カフェでクリスマスリース作り講座を予定しています。講師は今日紹介しましたドライフラワー作家として第一歩を歩み始めたクレセントさんです。教えるのは初心者マークということですが、センスの良さはお墨付きです。料金 2,500円(15センチサイズのリース作りとカフェジャボチカバの飲み物+小さなスィーツ付)所要時間は1時間半程度です。

仕上げた作品は自宅のドアや玄関先に飾ったり、また、クリスマスのお祝いにラッピングしてお友達にプレゼントをしても喜ばれると思います。農園へ来られる方でしたら国籍・老若男女は問いません。小学生以上のお子さんなら一人でも参加できます。いろいろな方の参加をお待ちしています。11月中にはリースのサンプルが出来上がりますので、詳細はHPのトップページとブログで改めて紹介致します。どうぞ楽しみにお待ちください。
(一番楽しみなのは私かも☆)

(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-28 21:04 | コラボレーション | Comments(0)

後片付け


果樹ハウス前の草を取り除きながら深耕鍬で硬くなった土を耕しました。
夕方、本葉が5~6枚まで生育した紫ブロッコリーを定植しました。
紫ブロッコリーは茹でると緑色に変わりますが、食感が滑らかで美味です。
イノシシの被害に遭わずに沢山収穫できたらハウスで直売しますね。



スィートバジルも穂がノビノビになり、花も楽しんだので抜きました。
葉は松の実やにんにく、オリーブオイル、塩と一緒にフードプロセッサーにかけて
ジェノベーゼソースを作ります。
バジルの穂は・・・
利用法を調べていたら、ひき肉のような味になるという調理法を見つけました。
本当かなぁ・・?

週末は雨が降るそうなので、雨農休を利用してチャレンジしてみます。

(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-27 20:27 | 農家の暮らし | Comments(0)

茶園の整枝終了!


ようやく番茶収穫後の整枝作業が終わりました。
毎回、我が家の整枝作業はこの平地の茶畑で最終日を迎えます。
刈り込みの深さは場所によって数ミリずつ違うので神経を使うのですが、
こうしてきれいに整った茶園を眺めると気持ちが落ち着きます。
年内には最後に化粧ならし作業があり、その後、消毒をして冬を迎える準備が整います。

(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-26 19:53 | | Comments(0)

バナナ出穂

17日の農園カフェ営業日に、お客さんよりバナナが出穂していることを教えられました。

花穂はその後すくすくと伸び、赤ちゃんバナナも見えてきました。その先には花が!
一本一本の子バナナの先に一個ずつ花が着いているのはよく考えれば当たり前のことですが、実は知りませんでした。
このバナナ、縁あって今から3年前に青森の観光農園「アグリの里 おいらせ」よりいただいたものです。理事長は二度も当園に足を運んでくれました。そのバイタリティが、青森でバナナを始めとする約30種の熱帯果樹栽培を成功させているのだと思います。
アグリの里おいらせのホームページに、(バナナは花が咲いてから約半年かけて実が育つ。)と書いてありました。春が来るのが楽しみです。(代表)
by mgarden2 | 2010-10-25 20:08 | 果樹(その他) | Comments(0)

今日のCafe Jaboticaba 

今日も無事に農園カフェを終えました。
来園していただいた方、ありがとうございました。オープン一周年第三弾企画というとで自家栽培無化学農薬・自家焙煎コーヒーをお出しました。お陰で今年の春に収穫したコーヒー豆は全て終わりました。
最後に淹れた2杯はそのうちの一人がリピーターでもありましたが、心を込めすぎてしまい、かなり濃いコーヒーになってしまいました。「前に飲んだ時は優しい味で美味しかったわよ。今日のはちょっと濃いんじゃない・・・?」すかさず平謝りをして、けれども代わりのコーヒー豆はもう無いので、飲みかけていたコーヒーカップを一度引き下げて熱湯を注ぎ足してまた出しました。(他のカフェなら即刻クビですね。汗;)
次回、新豆が採れたら真っ先に連絡をして美味しいコーヒーを淹れなくては。


お土産用のジャボチカバとリンゴのクランブルケーキ
一昨日焼いたカップケーキですが、マスキングテープでラッピングシートを止めて商品タグにしてみました。ジャボチカバの砂糖漬けが2個ずつ入っているもので、値段も抑えてあり、お土産用に手軽で良いかな、と思うので来週も焼いてみます。クランブルはボロボロとするのでもしかすると乗せない方がいいかもしれません。
クランブルを乗せるかどうかの結果はこれから売れ残りを食べる高2娘の鶴の一声で決まります。


試飲で出した製造元がブラジルのジャボチカバ粉末ジュース

ジャボチカバが1%含まれていると書かれています。残りの内容については、何か特別なフレーバーを混ぜて開発されたようで、ジャボチカバの皮の味に似ているような・・・、よく考えられた味でした。本物に近づけた面白い味だったので、皆さん楽しんでいただけたかと思います。
粉末ジュースの素は、1袋で1ℓ作ることができるので500mlずつ作って冷蔵庫で保管していました。お客さんが帰った後、代表が自分用にコーヒー牛乳を作ろうとして私が作り置きしていたジャボチカバジュースをアイスコーヒーだと間違えて牛乳を加えて飲んだところ、「(市販の)イチゴミルクの味にそっくり。」
ということがわかりました。色がアメリカンコーヒーのようなので間違えたようですが、ジャボチカバジュース+牛乳も今後商品になるかもしれません。



摘み取り体験用カップ
今週から、今まで摘み取り体験用に使っていた透明プラスチックコップから
上の写真のようなチェック柄の紙コップに変更しました。
従来のコップだと、実験・研究用のイメージがあるでもう少しラフな感じにしたかったのです。コップの色が数種類あるので、摘み取り体験を希望してきた家族連れの子供達は自分用のコップのカラー選びも楽しんでいました。


ジャボチカバとろとろゼリー&パンナコッタ
先週に引き続いて一番人気があったスィーツです。
来週も登場させますので楽しみにいらして下さい。

一方、アールグレイシフォンは全然売れませんでした。
ローカロリーで味もよく、一般受けしそうなケーキですが、一般的過ぎて特徴に欠け、オリジナリティーを追求しているように見える我が家のメニューとしてはあまり相応しくないのかもしれません。
地元で頑張っている若い農家の方が育てている卵を使用しているのですが、また、卵の良い活用法を考えたら出してみたいと思います。来週は試食で出してみようかしら。

一昨日のお茶の機械作業の疲れが今頃になって出てきて今日は両肩が重いです。
見えてきた新たな課題もあり、書きたい事もありますが、今日はこの辺で失礼します。

(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-24 21:42 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

農園カフェ情報

秋たけなわ。四季なりジャボチカバは鈴なり状態。同時に蕾もかなりの数ふくらんでいて、これからしばらくは楽しめそうです。ジャボチカバ(小葉系)は大量のプチプチ(←蕾)が出てきました。今年は11月に咲いて12月になるということになりそうです。


                     今日のジャボチカバ
明日も摘み取り体験の予約をいただいていますが、明日は予約なしの方でも飛び込みで摘み取りできるだけの実がなっています。このブログを見て急に思い立った方、そのまま来ていただいてかまいません。
さらに、順番が逆ですが特ダネ紹介!
今日、何度か農園にお越しいただいているお客さんから、ジャボチカバの粉末ジュースをいただきました。私は見るのも聞くのも初めてです。明日、農園でみなさんと一緒に飲んでみようと思います。興味のある方は是非いらして下さい。
そういえば先週お客さんからの指摘でわかったのですが、育てて何年にもなるバナナに花芽が出ていました。日に日に伸びています。まだ、赤ちゃんバナナはついていません。(代表)

※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

明日のカフェ・ジャボチカバ謹製コーヒーにつけるジャボチカバとリンゴのクランブルケーキ
小さくカットして生クリームを添えてお出しします。
(お土産用のカップケーキもあります。)

画像はまだありませんが、シュワシュワスフレチーズ(プチケーキ)も焼きあがりました。
コーヒーのお供にどうぞ!


いつも販売車の中に隠れて存在感が薄いのですが、
シフォンケーキも焼いています。
今月はアールグレイシフォンケーキとジャボチカバソース季節のフルーツ添え
です。こちらもフワフワの生地です。(作り方を伝授してくれたYちゃんに感謝!)


カフェ・ジャボチカバの開園当初からジャボチカバのバトンを購入してくださっているお客様よりバトンの注文がありました。いつもありがとうございます!
いつも前もってご連絡いただけるのでゆとりを持って焼くことができ、助かります。

他、
・ジャボチカバトロトロゼリーのパンナコッタ
・ジャボチカパイ
・ジャボチカバのバトン2本セット
・ジャボチカバアイス

を用意します。
焼き菓子は予約を承りますのでどうぞご利用下さい。
by mgarden2 | 2010-10-23 20:34 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

 日録

週末は特に慌しく過ごしています。
午前中一杯はお茶の整枝作業がありました。

そして、午後はタヌキの被害が出始めているみかん畑の対策で電柵を調達しに
出かけました。数少ない電柵セットは、今、里芋のイノシシ避けに使っているのでそれを取り外し、みかん畑を取り囲むように柵を張り巡らしていました。
今夜は里芋に被害が出ないことを祈っています。

みかん畑のタヌキ被害の様子
タヌキが気に入ったみかんの樹のものは、味見をしてみましたがまだ甘さが乗ってきていませんでした。けっこう酸っぱいです。けれどもこれは日が経つと甘くなり、北風が吹く頃美味しいみかんになる予定です。インターネットで早生みかんをご希望の方、もうしばらくお待ち下さい。日曜日にハウスで営業しているカフェでは、今週から直売価格で販売します。これは、わが家にとっては同じみかんであっても、お客様にとっては送料と箱代を支払って家で食べるみかんと、直売所の雰囲気の中で買うみかんとでは、みかんの美味しさが違うと考えているからです。

電柵を取り付けた後は代表の父が収穫してきたみかんを出荷する準備をします。
代表は夜にビニールに詰められたみかんを市場へ出荷しに出かけます。

私の方は、金曜の夜には週末出すお菓子の準備を始めます。
まずは日持ちするカップケーキからとりかかります。
下はジャボチカバのコンフィと焼きリンゴのクランブルケーキ
焼く前の画像


焼き上がった写真は立田揚げみたい・・・?
ケーキの生地にはサワークリームときび砂糖を使用しています。
柔らかい甘さです。

(AYA)
by mgarden2 | 2010-10-22 23:32 | 農家の暮らし | Comments(0)