<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

明日も摘み取り大丈夫です

b0028299_211763.jpg今朝の静岡新聞中部版で当園を紹介していただいたので、今日は問い合わせの電話を何本もいただきました。秋も深まり実の生長は遅くなりましたが、明日もジャボチカバ摘み取り体験できます。予約なしで来園していただいてかまいません。天気予報では曇りのち雨となっていますが、当園は雨でも夕方までは開いています。他所では食べられないジャボチカバジャムやコンポートを使用したお菓子やアイスを準備してお待ちしています。(代表)
by mgarden2 | 2009-10-31 21:19 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

秋整枝

みかんの収穫(代表の父が担当)と同時進行で茶の秋整枝を行っています。
山の茶園の上の方から一畝ずつ二人刈り機械で刈りながら下がってきています。
単調な作業なので数十分も刈っているとつい気がゆるんでしまいます。
そうすると、整枝面が1cm下がったり、上がったりすることがあります。
整枝面の高さは、来年の一番茶となる冬芽の形成に影響してくるので気をつけなければいけません。


今日刈り払った茶畝です。
肥料がよく効き、大きい夏芽が繁茂しています。

大きさがわかるように携帯に載せて撮ってみました。

だれかにとっては、この葉の大きさなどは目に留める必要はないと思います。
けれども、私達にとっては、この葉は来年の生活を支える一枚になるのです。

しばらく整枝作業が続き、それが一通り終わる頃、今年最後の手入れ、化粧整枝作業へと続きます。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-10-27 21:25 | | Comments(0)

農園カフェ1ヶ月を終えて

10月にオープンした農園カフェ。
さまざまなお客様がいらしてくださいました。
ジャボチカバに興味のある方は実を楽しみに、
ご近所の方は
「あのビニールハウスの中で一体何がはじまったんだろう?」と不思議がって、
お世話になった方、親戚は心配をしながら・・・、
どの方も、立ち上げたばかりの農園カフェに興味をもって来て下さり、感謝です。

お客様の中からは
「入園料としてきちんともらって、それで摘み取り体験をしてもらったらどうか。」
というご意見が聞かれました。
ジャボチカバは実が無い時もあり、摘み取りが出来ない時期は営業をやめるのか、など、
他にもメニューの一つ一つ、経験の乏しさから値段設定にはとても悩みました。

営業をしているうちに、ジャボチカバはマンゴーやみかんと違い生のまま何回でも食べたいという日本人は少ないのではないか、と感じました。最初は物珍しさから手に取る人があっても、入園料を払って何回でも食べに来たいというお客さんは実際は少ないのです。
もし、入園料を設定してしまうと、ジャボチカバが持つ発信力(常緑のきれいな葉姿やユニークな実、可憐な花など感性を刺激する力と表現しておきます)が、私達農家自身によって抑え付けられてしまう危険があるのです。

そこで、これからしばらくはどなたでも気軽に農園に来られるよう、入園料は無料のままに致します。
(摘み取り体験は有料です)

ご質問などにきちんと対応できるか不安なところもありますが、それも勉強になりますのでお気軽に声をかけていただければ、と思います。

来月も週一農園カフェ営業を楽しみにしています。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-10-26 22:04 | ジャボチカバ | Comments(0)

今日もありがとうございました

b0028299_2054233.jpg今日も遠くから近くからご来園いただきありがとうございました。東京からお越しのご一家、車の故障で時間を取られ、到着時にはジャボチカバの実がよく見えないほど暗くなってしまったのが残念でした。この次は是非明るい時間帯にお越し下さい。
画像は小葉系ジャボチカバの実です。この実が熟すのは11月下旬あたりでしょうか。(代表)
by mgarden2 | 2009-10-25 21:07 | ジャボチカバ | Comments(0)

明日の農園情報

大葉系ジャボチカバの実はまだたくさんなっています。


明日もジャボチカバの摘み取り体験ができますので、お時間と興味のある方は是非お越しください。
ジャボチカバのジャム・コンポートを使ったお菓子と生のジャボチカバを練りこんだジャボチカバアイスなどを用意しています。明日はチーズケーキの代わりに、ジャボチカバジャムをのせたシュークリームを出してみる予定です。失敗したらシュークリームはメニューからはずします・・汗ゝ)

食事はメニューにありませんが、弁当の持込はOKですので、ゆっくりされたい方は
弁当持参でいらしてください。

※農園案内ページの地図と道順の説明を改善しました。
農園案内

(AYA)
by mgarden2 | 2009-10-24 20:42 | ジャボチカバ | Comments(0)

農園の場所案内

b0028299_22232948.jpg








静岡市中心部より(国1・バイパス合流点より・交差点名)
1 二軒家
2 赤目ヶ谷
3 御前谷
4 赤目ヶ谷中 右折

藤枝市方面から(宇津ノ谷トンネルを抜けて・交差点名)
1 逆川              1
2 赤目ヶ谷西
3 赤目ヶ谷中 左折

赤目ヶ谷中交差点を曲がったらすぐのところにある橋を渡り、アスファルトの土手沿いに走ると突き当りがCafe Jaboticabaです。
ナビには登録されていないので、「丸玄工芸(まるげんこうげい)」(駿河区丸子6288-1)を入力して、それを目指して下さい。Cafe Jaboticabaはその隣になります。


Cafe Jaboticabaは国道一号線丸子「赤目ヶ谷中」交差点を曲がり、車では1分もかからない場所にありますが、地図の書き方が悪かったのと、ナビに登録されていない番地のため、場所がわかりにくいというご意見を何人もの方からいただきました。
今夜中に新しい地図をアップする予定でしたが、肝心の美術担当が試験勉強で頭が疲れて筆を投げ出し、私自身もみかんの出荷や息子の迎えで家に戻ったのが9時半。とりあえずということで地図を描いてみましたが、ブログにアップするだけで正式な案内図は明日以降に作る予定でいます。(代表)
by mgarden2 | 2009-10-23 22:46 | ジャボチカバ | Comments(0)

電柵(デンサク)張り

b0028299_21212695.jpg例年ならとっくに出没するタヌキが、今年はどういうわけか今になっても現れず、今年はみかん園の周りに電柵(電気柵)を張らなくてもよさそうだと安心していたところ、今日発見しましたタヌキの食べた跡。被害はまだ数個ですが、放っておくとあれよあれよという間に被害が増え、みかんの木の下はタヌキが剥いたみかんの皮でいっぱいになってしまいます。今日、ぐるりと二周電線を廻しました。しかし、肝心のバッテリーは電池切れ、明日新しいのを着けて準備OK、明日の夜からは安心して眠ることができます。(代表)
by mgarden2 | 2009-10-22 21:24 | みかん | Comments(0)

台湾産観賞用パイナップル

一年前に植え替えた台湾産の観賞用パイナップルに蕾が着き始めました。


一年前の写真(2008.10.4)



来週には花序が上がって蕾が見えそうです。
実ができるのは来年になるかもしれませんが、1ヶ月後にはだいたいの実の形がわかるようです。
ユニークな実をつけるジャボチカバを育てている代表が台湾でこのパイナップルを見た時に「これは面白い!」というのですからよほど独特な実をつけるのでしょう。私はまだ見たことがありません。
パイナップルは観賞用を含め2000種あると言われているので、中にはいろいろな花や形になるものもあるんですね。

写真のパイナップルはハウスの入り口付近に飾ってありますので、
どなたでもご覧になることができますが、葉に棘があるので観賞の際には注意が必要です。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-10-21 22:32 | 果樹(その他) | Comments(0)

ジャボチカバ号の秘密 其の三



「前から見ると新幹線に似てる~!」
って本当ですか?
昨日の営業終了後、ガソリンを補給しに行きました。行きつけのガソリンスタンドで若い女性店員が笑顔でいいました。う~ん、昔の新幹線を知っているのですね。
仮面ライダーにも似ていますが・・・ライダー1号、2号までですね。シンプルなうちが華でした。
でもって、この愛嬌のある顔、バスとしては1968年からのレイトバスに受け継がれますが、レイトバスの生産終了後は愛嬌のない今風のバンとなってしまいました。形は違いますが現在も人気のあるニュービートルが、レイトバスと似た雰囲気のマスクというのが嬉しいところです。
ジャボチカバ号のナンバーは製造年の“1967”です。

なんとなく私の顔にも似ているような・・・製造年も近いし。(代表)
by mgarden2 | 2009-10-19 20:51 | ジャボチカバ | Comments(0)

今日のお客様

今日は農園のご近所さんから遠くは東京からという方まで、多くのお客様にお越しいただき嬉しく思います。観光農園開園以来、何人かの方から地図が見にくいという指摘を受けましたので、もう少しわかりやすいものに書き換えるようにします。また、農園所在地がナビで探せない場所なので、近くにある会社等ナビで探しやすいものを書き込むつもりです。迷ってしまった皆様申し訳ありませんでした。
お昼過ぎ、客足が途絶えた時間が少しありましたが、その間にけっこう長い時間かわいいお客様がチェアにちょこんと・・・羽を休めているのか暖まっているのか、まるで飾り物のようにとまっていました。(代表)


by mgarden2 | 2009-10-18 20:23 | ジャボチカバ | Comments(0)