<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

販売用ヤブキタ茶刈り始めました

もうこんな時間になってしまいました。明日も早いので早く寝ないと・・・。
山裾から上へと向かってお茶を刈り進めています。なかなか思うようなお茶ができずにいましたが、やっと調子が出てきました。今日のお茶は上手くできました。今日からのお茶を今年の販売用としてパック詰めします。お届けはゴールデンウィーク明けになる予定です。(代表)
by mgarden2 | 2009-04-29 23:18 | | Comments(0)

草取りグッズ

好天に恵まれ毎日一番茶の収穫が続いています。
今日は午後から山で雷雨があり、お茶刈りの途中で下りてきました。

その後、ジャボチカバの樹の周りに蔓延っているムラサキカタバミを抜き取りました。

ジャボチカバの根は鍬などで切ってしまうと根からの養分を吸収しにくくなるため、
(と思う)なるべく先の尖った草取り用具を使って根を傷めないように
抜き取ることにしています。

草をずっと取っている時、中腰姿勢だと疲れるでしょう?


私はビニール製の空になった肥料袋の上にぺったりと座りながら草取り作業を
しています。こうすると、ズボンの膝の部分が汚れず、腰への負担も少ないので
楽なんですよ。

生えている草が少しの時はすぐ取れるのでビニールの上にゆっくり座る時間は
ありませんが、樹の周りの草を取るのに数分かかる時は愛用しています。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-04-28 21:29 | 農家の暮らし | Comments(0)

青空農園カフェ「Cafe Jaboticaba」という形に

b0028299_20182196.jpgいつか観光農園を開こうと思いながら振り返ればずいぶんと長い時間が過ぎていました。2000年頃には国内外使えそうな作物を探して歩き、温室を建ててジャボチカバを植えつけたのが2003年春。漠然とした思いだけで進めてきた観光農園開園計画ですが、昨年からなんとなく形が出来上がってきました。一般の流通経路に乗せるのが難しいジャボチカバの実をどのような方法で消費者の皆さんに届ければよいか。何年も考えてきました。普通は作物を植える前に考えることですが。最終的な形が出来上がるのはまだまだ先。いや、思いは変り続けますから形も変り、最終的には未完のままであるのかもしれません。現段階での西川農園ジャボチカバ観光農園の形は、ジャボチカバの茂る温室の前に1967年製フォルクスワーゲンタイプ2(通称ワーゲンバス)を付け、自宅敷地内加工所にて製造したジャボチカバの焼き菓子をメインに、車内で作るジャボチカバアイスやコーヒー、ピザなどを提供する飲食のできる農園となる予定です。ワーゲンバスは「Cafe Jaboticaba」として飲食店営業の許可を、加工所は「西川農園 菓子工房」として菓子製造業の許可を、それぞれ今月静岡市保健所からいただきました。許可証を受け取ったのち6ヶ月以内に営業を始めないといけないことになっていますので、秋までにはなんとか開園にこぎつけたいものです。お茶のシーズンが終わったらまずやることは、作りかけのトイレを完成させることと、散らかったままの温室内を整理することです。半年などあっという間です。正直時間が足りません。無休の日々もなんのその、やっとスタート地点に立てます。(代表)
by mgarden2 | 2009-04-25 21:12 | ジャボチカバ | Comments(0)

新茶シーズン到来

今日から茶摘みを始めました。毎年この時期に茶摘みをお願いする(かつての)茶摘み娘たち、昨日になって急に今年は無理と断られてしまいました。あの人はどう、この人はこうといろいろ理由を聞かされましたが、どうやら皆歳をとってしまったということが一番の理由のようです。急遽兄弟に応援を頼み今日は無事お茶を摘み終えました。お茶を摘みながらふと先日国立博物館で見た阿修羅像を思い出しました。あんな風に手がたくさんあったらお茶がたくさん摘めるだろうなどと考えるのは不謹慎でしょうか。阿修羅様ごめんなさい。初日とあって阿修羅展はものすごい混雑ぶりでした。上野公園の桜並木をくぐるのは何年ぶりでしょう。いつ来ても変らない景色に、タイムスリップしたような気持ちのまま上野駅に向かって歩きました。(代表)
by mgarden2 | 2009-04-20 21:47 | | Comments(0)

小葉系ジャボチカバ収穫です


写真のジャボチカバは1本の小葉系の樹から1回で採れた量です。
合計で1.14kgありました。
種取りの処理を済ませた後は700g前後になります。


みかんやりんごなどの果物は枝の先に花が咲いて実になりますが、
ジャボチカバは幹に直接実がつきます。
蕾が出る場所は一体どうやって決まるのでしょうか。フシギです。

javascript がさっぱりわからない私。
ジャボ script の解明なんて永遠の課題でしょうね。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-04-13 21:35 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

マンゴーが満開


マンゴーの花がほぼ満開になりました。開花から完熟まで4ヶ月といわれていますので
マンゴー収穫の最盛期は8月10日頃がピークになると思います。
ハウスの中は35度になる時もあり、花の勢いと暑さでノックアウトされそうです。
マンゴーの作業に疲れてくると、北側のジャボチカバまで遊びに行って暑さを凌いでいます。

今日は変わったマンゴーの写真を2枚紹介します

マンゴーの奇形果

去年まではこのような奇形も収穫期まで残し、安値で売ることもしていました。
けれども今年は気が付いた時点で奇形を摘果しています。
といっても、必ず奇形果や小玉は残ります。
自宅用・お店用に購入されたい方への対応です。

そして、良い実は大きくさせ、去年回らなかった贈答用を揃えたいところです。


これもマンゴーの花ですが、花びらの先が尖っていてガーベラのスパイダー種様です。
ハウスの何万本もある花穂の中で1枝、変わり咲きしていました。
ホウソ不足かなにか、栄養が足りないのだと考えます。
これから栄養不足にも注意が必要です。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-04-10 22:43 | マンゴー | Comments(0)

豆たち

b0028299_214747.jpgコーヒー豆って熟すまでにこんなに時間がかかるのでしょうか。実がなったあと冬になってしまったので、熟せずにいただけなのでしょうか。それはともかくとして熟しました。コーヒー豆。甘くて美味しいといわれていますが・・・確かに甘いのですがちょっと青臭くて私はあまり好きになれません。1杯分もない量ですが、自分で焙煎して淹れてみたいと思います。味の方はまた後日。(代表)
by mgarden2 | 2009-04-09 21:10 | 果樹(その他) | Comments(0)

小さな狩人

b0028299_19343675.jpgマンゴーの木には見当たりませんが、ジャボチカバの木にはカマキリの卵がいくつか産み付けられています。少し前からハウス内のあちこちでカマキリの赤ちゃんが見られるようになりました。マンゴーにもよじ登っています。小さなカマキリたちいったい何を食べているのでしょう?こんなに小さくてもガやハエを捕まえることができるのでしょうか?アカダニは食べてくれた気がしますが、食べるところを見ていたわけではないのでなんともいえません。とにかく毎年夏の間活躍してくれるカマキリたち、害虫の多い時期ですので大助かりです。(代表)
by mgarden2 | 2009-04-07 19:42 | マンゴー | Comments(0)

小葉系ジャボチカバ苗販売の表記について

ジャボチカバ苗の販売を受け付けているところですが、表記に間違いがありましたのでお知らせします。

小葉系ジャボチカバ大苗は実生苗ではなく接木苗でした。
訂正・お詫び申し上げます。

尚、大葉系、小葉系のジャボチカバを実生、接木とも育てていますが、
耐病性や実の付き方にはこれといった差異がなく、どちらでも美味しく食べることができます。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-04-05 07:49 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

新茶の予約受付始めました


画像は今日の茶園の様子です。
今年も元気な新芽が出揃いました。
3/30~31と、2日間家を空けていましたが、その間、父が残りのお茶の肥料をすべて振っていてくれました。
(可愛いお茶をお前達には任せておけん。)と言いながら手入れをしてくれた様です。
感謝。合掌!

彼岸が過ぎても霜の降りる日が毎年数回必ずあります。
気温が5度を下回る朝は気が磨り減る思いです。
多少風が吹いていたり、曇っている時はお茶の芽も傷みにくいので
安心したり、天候とのにらめっこです。

今年もお茶の予約受付を始めました。価格は去年と同じ値段です。
リピーターの方、初めてのご注文の方、大歓迎です。
予約を心よりお待ちしています。
予約はこちらからメールでお願いします。
また、5月一杯はHPのトップページからリンクをしておりますのでご覧ください。

(AYA)
by mgarden2 | 2009-04-02 22:59 | | Comments(0)