<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ジャボチカバのクリームチーズパン

国産の強力粉が近所のスーパーで売られていたので、ジャボチカバを使ったパンを焼いてみました。粉は600g使用、24個出来ました。
クリームチーズでソースを作り、ジャボチカバコンポートを乗せて180℃のオーブンで10分
焼成したものです。

形が均等でないのが問題ですが、、クリームチーズとも良く合って美味しいです。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-30 21:25 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

台湾マンゴー二種

b0028299_21153875.jpgこのブログを書こうと思った矢先、台湾の友人陳さんから電話があり来月遊びにきたいとのこと。今日書くのは、その陳さんから買った苗に実った台湾のマンゴー二種。日本では報道がありませんが、台湾ではマンゴーの品種改良が盛んで、その様子はインターネットでも知ることができます。今日紹介する「玉文」「金煌」という品種は台湾で作られた品種で、マンゴーが好きな台湾人ならたいてい知っている名前です。画像右が金煌、左が玉文です。大きいものが好きな台湾人好みのビッグサイズのマンゴーなのですが、当園の場合は苗が小さいこともあり、画像の金煌は677グラム、玉文は773グラムでした。味はというと正直いまいちとしかいいようがありません。糖度は(今回)金煌16.5度、玉文17.5度と申し分ないのですが、どちらも収穫後追熟が必要な品種で、甘いけれども新鮮味が感じられないのが残念です。アーウィンの新鮮味と上品な香りは、今のところ他の品種では味わえそうもありません。台湾では大人気のこの二種、日本では受け入れられるか微妙です。私の個人的判断では営利栽培には向かないという結論に達しました。ただ、玉文は片親がアーウィンということもあり、熟期を的確に判断できれば美味しいうえにボリュームのある果実を提供できるので、万人向けではないにしろいくらかの可能性がある品種だと感じています。(代表)
by mgarden2 | 2008-08-29 22:02 | マンゴー | Comments(0)

恋するパイナップル

数日前から、ハウスの中で育てているパイナップルの花が咲き始めました。
写真はパイナップルを上から写したものです。

一昨年、秋に花を咲かせ成長しながら越冬したパイナップルを食べたところ、とても酸っぱかったのですが、今年は夏の終わりに花をつけたのでその時よりも酸味は薄れていることを期待しているのですが、どうでしょう・・・。

下の紫色の花はパイナップルの果面上で幾何学的に並んでいるものの一つです。

パイナップルは受粉せずに結実するので、花はいつ咲いても恋の季節はないのですが、
こんなに綺麗に輝いている花はどうみても恋をしているように思えるのです。
(羨ましいぞ~~!?)

(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-28 22:06 | 果樹(その他) | Comments(0)

茶園荒し

昨日、お茶の消毒をする予定で防除用具一式を持って茶園まで行きました。
すると、前回イノシシの被害でひっくりかえされた茶の幼苗をまた掘り返してしてありました。そこで、予定していた消毒を急遽取りやめ、鍬や剪定鋏を取りに一度家へ戻り、茶園の整備をすることになりました。前回よりも被害は更に深刻な状態で、茶の枝が丸ごと土の中に埋まってしまったものもあり、苗の発掘にてこずりました。
茶園を荒らしたイノシシは一頭ではないようで、器用にステッチ縫いの間隔で茶を掘ってあるのもあれば、列になった5本の苗全てまとめて無造作に散らかしてあるものも・・。

話は茶園から離れますが、我家の畑で作っているカボチャや冬瓜、近所の畑でもイノシシなどの被害が聞かれます。(イノシシの確定はできません)
山全体の作物が減っているにしても、こんな夏場に四足獣が食料確保に必死になるとは、、。
地震や冷害の前兆でなければいいのですが。

心配は尽きませんが、今日はようやくお茶の消毒作業にとりかかることができました。
(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-27 22:05 | | Comments(0)

ジャボチカバの挿し木~その後のその後~


前回、挿し木のジャボチカバは成功率が低いということを書きましたが、
今日挿した枝を抜いてみました。見てみると、発根している枝は1本もありません。
挿し木成功率は0%でした。残念!

しばらくは枝をテーブルの上に飾っておきます。
(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-26 18:08 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ジャボチカバの挿し木~その後~

茶畑・みかん園の草取りや、マンゴーの収穫はようやく山場を過ぎました。今は秋に販売再開予定のジャボチカバ苗の植え替え作業を始めています。

ところで、先月挿し木をした4種類のジャボチカバですが、その後どうなったのか
全く更新をしていなかったので、レポート用に写真を撮ってみました。




4種類をそれぞれ10本ずつ挿しましたがアッスー、アッスーワンでは生きていそうな枝が2本ずつ、小葉系、大葉系では1本ずつしか生きていません。
7月、8月はハウス内の気温が40℃近くまで上がり、熱過ぎたため成功率が悪かったのかもしれません。また、土壌の水分が足りないため発根できなかったかもしれません。それにしても挿し木の成功率は高いとは言えません。
もっと気合いを入れて管理していれば成功率がアップしたかもしれません。

下の写真は5月に種を蒔いた大葉系ジャボチカバです。

写真ではまだ葉が見えていない鉢がありますが、芽は出ています。
ジャボチカバを増やすには、挿し木よりも種を蒔いて育てる方が早いようです。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-23 20:07 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

とんだ手伝い

b0028299_225577.jpg昨日の夕暮れ時、近所の方から我が家の茶園がイノシシに掘られて茶の木が抜かれているという情報が入りました。近年イノシシの害が増え、毎年のようにお茶の苗が掘り倒されてしまうので、今回もまた何本かやられたなという軽い気持ちで茶園に登ってびっくりです。改植二年目の茶園の畝間がイノシシに耕作されてぼこぼこになっています。ミミズを求めて掘り進み、途中何十本もの茶の木を掘り倒してありました。どうやら一晩だけではなく二晩以上かけての仕事のようです。昨晩抜かれたであろう苗はまだ元気だったので、クワで穴を掘り植え戻しました。葉が黄色くなりすでに枯れてしまった苗は一昨日以前に被害に遭ったようです。茶の木を傷めないように耕作してくれるのなら大助かりですが、せっかく順調に大きくなっている茶園を茶の木もろとももこもこ掘り返されてはたまったものではありません。今夜も来ているかもと思うと、寝つきが悪くなりそうです。(代表)
by mgarden2 | 2008-08-21 22:34 | | Comments(0)

自家製ジャボチカバソフトクリーム

以前よりネットで注文していたクイジナート社のコンプレッサー内蔵型アイスクリームメーカーが昨日届きました。(一晩、英語版取扱説明書の解読に苦戦。。。)
今日は早速、その機械を使って試しにジャボチカバのアイスクリームを作ってみました。


製造中、ガーガーギーギーと凄まじい音が出ることを除けば、この機械はとても良いと思いました。アイスの材料を入れて20分後、口当たりが滑らかなジェラード風のアイスが出来上がりました。出来立てはジャボチカバの果皮が硬いところが気になりましたが、別の容器に移して5時間ほど冷凍してみると、皮が凍ったことで小豆入りの小倉アイスのような仕上がりになりました。ジャボチカバの風味もあり、先のマンゴーアイスよりも美味しく感じられました。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-19 21:41 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

互評会

b0028299_22264273.jpg午後から地元農協の自園茶研究会の互評会が静岡茶市場で開かれました。互評会とは会員が作ったお茶を持ち寄り、審査を通してそれぞれのお茶のどこがよくどこが悪い、どのようにすればもっとよくなるということを研究する集まりです。品評会ではないので、等付けや表彰はありません。早く言えば勉強会です。問題山積、静岡茶の未来は?あまり明るい話題はないようです。(代表)
by mgarden2 | 2008-08-18 23:17 | | Comments(0)

茶園の草取り終わり


ようやく茶園の草取りが終わりました。
茶園の北の空には入道雲がモクモクと。
静岡では一週間以上まとまった雨が降らないので茶の葉も少し萎びてきてしまいました。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-08-17 22:15 | | Comments(0)