<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

緑茶戦争のさなかで

今日の午後、ようやく一番茶後の整枝作業が終わりました。
作業後の茶園を見渡すと最初に刈り始めた圃場の茶畝には遅れて出てきた葉がペラペラと出ていてあまりきれいではありません(方言で言うならブショッタイ)。今日も同じように刈り掃ったつもりですが後に刈った茶園ほどきれいな仕上がりになっています。この原因は刈り取り初期の茶園は一番茶の時にみる芽刈りをするので遅れ芽多いということです。遅れて出てきた葉が層をなして群れるので機械刈りの刃では刈り取りきれないのです。

今日の農業新聞東海版では検証~一番茶を振り返る~緑茶ウォーズ’08というトピックスで静岡茶市場の佐藤参事さんが「40年間、茶の取引にかかわってきたが、こんなに悪かった年は初めてだ。」という出だしでコラムを書いていました。年々リーフ茶の需要が減り続けていることで茶商の在庫は多くなり、仕入れ値が低迷→必要な分だけ良品質を選んで買う→早い時期・みる芽で収穫→出荷量が減る→量は減っても取引価格は上がらない→農家の生産意欲が落ちる→茶業界の活気が無くなる→消費者の関心が薄れる→茶商の在庫が増える・・・。このような悪循環が茶農家と市場の間で巡り回っているように思えます。よその産地で作っているのなら無理をして作らなくても・・と茶の生産現場から離れてしまう農家もいます。

お茶の整枝作業をしながら考えていたことは、美味しくて甘いお茶は高級なイメージがつきまとってしまいコーヒーやジュース類、ペットボトルのお茶に比べると敷居が高く感じられるのかもしれません。販売に携わる農家は、緑茶を飲む生活習慣が無い消費者にもう少し気楽に、楽しくお茶と付き合えるようないろいろな提案をしていくと良いのではないかと思います。


一仕事終えたので今日は椅子に腰掛けて寛ぎたいです。


写真は茶園の横で杉の根元を飾るガクウツギです。
このまま切り株にして坐ってみたいです。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-28 21:11 | | Comments(0)

今年のマンゴー予約受付について

今日、2等品を含めて出荷できそうなマンゴーのおおよその数をカウントしてみましたが去年の7割程度しか生っていません。出荷調整を考えると予約受付前から頭が痛いです。重油高対策で1月、2月の厳寒期に最初に出てきた花芽を摘み取って開花時期を遅らせたことが生りの薄さに影響しているようです。

今年は去年から注文を受けているお客様用のマンゴーで一杯です。
誠に残念ですが新規のお客様の注文は受けられません。
どうかご了承下さい。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-27 21:29 | マンゴー | Comments(0)

小葉系ジャボチカバ 1回の収穫量


写真は今日写した小葉系ジャボチカバ(地植え)の様子です。マクロサイズの設定で写してしまったので写真がボケボケなのですが、1回に何キロぐらいのジャボチカバが取れるのか、以前から気になっていたので、全部収穫して量ってみたところ、1.3キロありました。小葉系は種を蒔いて7,8年から春と秋の2季に数回花を咲かせますが(当園でのハウス栽培の場合です)写真の樹は4月にも1度収穫していますが、前回の収穫量は記録していませんでした。
今夜は収穫したジャボチカバのプリザーブを作りました。
プリザーブは次回の雨日に試作ケーキの材料に使います。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-25 21:58 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ダニで痒いです


2番茶収穫前の茶整枝作業と施肥作業を同時に行っています。
今日は良く晴れて絶好の仕事日和でしたが、茶園にいるとなんだか体中が痒いです。
葉の裏に赤ダニがいて、茶畝を歩いているとダニがついてしまうようです。
ダニ防除も早く行わないと2番茶の品質に影響します。

今日の写真は整枝休憩中に撮ったもの。
山と茶園の境では薄紫色をしたコアジサイがひっそりと咲いています。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-23 23:59 | | Comments(0)

ハウスでゲイシャが舞ってます?

春先からマンゴーの枝先にアオバハゴロモの幼虫をみかけるようになりました。
それを見つけ次第手でとっていましたが、今日初めて羽化したアオバハゴロモを見つけました。外見は可愛らしいのですが、果樹にっとっては吸汁性害虫の一つで、みかん園で以前多発した年に被害をうけたことがあります。
 ところで、アオバハゴロモにはゲイシャという学名がついているそうです。(学名Geisha distinctissima WALKER )幼虫時の真白いコロモがゲイシャさんのように見えたのでしょうか、それとも綺麗に舞う姿が踊りを踊るゲイシャに喩えられたのでしょうか。

生りの薄いところへアオバハゴロモの害で実が落ちてはたまりません。
今まで以上にこまめにチェックが必要です。
明日からはゲイシャをつかまえるのにハウス内を奔走しなくては・・・。


参考アオバハゴロモ

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-22 20:56 | マンゴー | Comments(0)

ジャボチカバ苗


4月・5月にジャボチカバ苗の注文をいただいていたお客様、大変お待たせしました。
苗梱包の時間が取れてきましたので明日発送致します。
画像は発送苗の一部です。

苗発送時に契約している運送会社より配達料金の値上げがありました。
誠に残念ですが、今秋から送料を改定致します。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-21 21:40 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

2番茶前の整枝


大雨が去った後、1番茶の収穫後に遅れてでてきた茶の葉を2人刈り機械で刈り払う作業を行いました。この作業と連動して茶の肥料+消毒を6月中旬から始まる2番茶収穫までに全て終えるようにします。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-20 22:19 | | Comments(0)

5月のマンゴーの様子


今実になっているマンゴーの中で一番大きいものは鶏卵大になっています。
受粉時期が遅いものは小豆大で、これが出荷できるほどまでに生長するかはわかりません。この時期は毎日沢山の実が生理落下しています。
3月の予想では今年は株の状態が回復しているので着果率がよさそうにみえましたが、重油高対策で暖房の設定を最低限まで抑えたのが響いているのか、受粉の数は去年並み程度のように思えます。静岡での確実な栽培法を得ない農家が情熱だけで可愛がっている状況なものですから失敗は覚悟です。(こんなことを書くと代表に怒られるかしら?)

昨日はにんにく・トウガラシ焼酎割りを撒布しました。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-18 22:27 | マンゴー | Comments(0)

寿太郎の花

b0028299_20591271.jpg昨日で一番茶の収穫が終了し、これから二番茶に向けた茶園の管理を大急ぎで進めていかなければなりません。しかし、他の作物も気にかかります。4月下旬からみかん畑には一度も足を運んでいなかったのですが、今日は久しぶりに見てきました。早生みかんはがっかりするほど花が少なく、黄緑色の新芽ばかりが目立ちます。寿太郎は花が散り始め、ぷちぷちの赤ちゃん(緑ちゃん?)が大量に見られます。大量になった実を小さいうちに摘果して適量残すと質のよいみかんになります。始めから少ししかならなかった木の実をいくら大事にしても、あまり質のよいみかんは採れません。今年の早生みかんは期待できそうもありませんが、寿太郎は大丈夫そうです。
画像は寿太郎の花と膨らみ始めた子房です。(代表)
by mgarden2 | 2008-05-17 21:22 | みかん | Comments(0)

仕舞いにはこわくなってきました

4月下旬から始まった今年の1番茶の収穫が今日で終了しました。収穫の手伝いに来てくれた方、応援してくださった方、お茶を購入してくださった方、本当にありがとうございました。
収穫初めの頃の柔らかい茶葉のことを専門用語で”みる芽”と呼びますが、それに対して遅い時期の茶葉を”こわ葉”と呼んでいます。みる芽のうちに収穫すると仕上がったお茶は柔らかい味がしますが、茶の葉が生長してくるとこわ葉の硬い味がしてきます。
適期摘採が遅れると収量は増えますが、品質や値段が下がるので採取の時期を見極めることも栽培のポイントです。収穫開始から3週間もすぎると新芽の先もダラけてきて質が劣ってきます。写真は今日の収穫後の茶園です。茶畝から飛び出して伸びているため機械では刈り取りきれなかった茶で、そんな葉は作業の合間に摘むようにしています。まだこわ葉とまでいかない時期に刈り終えてほっとしています。



収穫後のお茶をトラックまで運んでいると、茶畑の横を沿うように流れる川の端から伸び上がってきたヘクソカズラのツルをうっかりと踏み潰してしまいました。すると、辺りにヘクソカズラ独特の臭いがぷうんと漂ってきました。
雑草に覆われる夏の畑を予告?
お茶が終わってもうかうかしておられません・・・・。

(AYA)
by mgarden2 | 2008-05-16 22:13 | | Comments(0)