<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

マンゴーの手入れ

一日雨降りの静岡でした。
ハウス内は22℃まで下がり、過ごしやすい気候になりました。
今日はマンゴー&ジャボチカバに牡蠣殻石灰を施しました。
牡蠣殻石灰は無機質タイプの石灰よりも値段が高めですが、ミネラルを含んでいるので樹の生育に必要な微量要素を含んでいます。マンゴーにはどちらかというと酸性土壌が適しているため、土がアルカ性に傾くのはよくないかもしれません。数日して土が落ち着いてきたら酸度計でチェックをしてみます。
b0028299_2065955.jpg

上の画像は牡蠣殻石灰を施したマンゴーの根元と潮干狩りの時に使っている熊手。
熊手は小さな鉢の根元をかき回す時に重宝です。

下の画像は炭疽病が顕著な地植えマンゴーとニーム(インドセンダン)の葉です。
b0028299_2071729.jpg

インドではニームの枝を歯磨きに使用しているそうですが、写真の葉は我家で5年前に購入したニームの木の葉をちぎったものです。今年の夏にハウス内で2m以上に育ち、マンゴーの日当たりを邪魔するようになったため、枝を切って炭疽病のひどいマンゴーの鉢に試験的に枯れ枝をマルチしたところ、1ヶ月ほど後新たに出た葉は生き生きとした様子だったのでこの地植えマンゴーでも実験してみることにしました。
ハウスでは精油を希釈した資材も定期的に撒布していますが、地植えのマンゴーの炭疽病には効果が見られません。それで生枝をたっぷり敷いてみることにしたのです。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-09-30 20:50 | マンゴー | Comments(0)

四季なりマンゴーその後

b0028299_2154165.jpg今朝、ハウスの横に植えてあるサトイモをふと見たら、数十株全てイノシシに食い荒らされていました。すぐ横は住宅街、国1を走る車の音も聞こえます。こんなところまでイノシシが出てくるようになったことに驚きました。
少し前に紹介した四季なりマンゴーですが、だんだんと実が膨らんできました。ソラマメ大くらいでしょうか。一番大きいものはウズラの卵ほどの大きさになりました。今日は雨が降り涼しい一日でしたが、彼岸過ぎてのこの暑さには本当に閉口です。着荷率が悪いのは暑すぎるからなのかもしれません。このまま上手く生育するようならまた報告します。(代表)
by mgarden2 | 2007-09-29 21:16 | マンゴー | Comments(0)

寿太郎みかんの手入れ


早生みかん(日南・高林)の収穫・出荷と平行して、今日は晩生の寿太郎(高糖度系温州みかん)の手入れに来ました。写真は寿太郎の夏秋梢を剪定している様子です。
このような徒長枝は、若い樹では実の生りが少ない時に出ることがあるのですが、この徒長枝を切ることによって実に栄養が行くように管理します。

作業後は苦土石灰を買いに出かけました。明日はこの苦土石灰撒布を行います。みかんの年間管理作業の中では苦土石灰は冬場に撒布することが常識になっているようですが、特に寿太郎の場合、若い時に樹勢を保たなければうまく育ちにくいため、今の時期に苦土石灰を施すのです。
(AYA)
by mgarden2 | 2007-09-26 22:06 | みかん | Comments(0)

台湾のジャボチカバパイ


先の台湾土産でもらったジャボチカバのパイを食べてみたので紹介したいと思います。
お菓子のパッケージを見ると”嘉寶果酥”と書かれています。
嘉寶果とはジャボチカバのことで、意味は

【嘉】・・・さいわいとする、よい、めでたい
【寶】・・・宝(宝の旧字体)
【果】・・・果物
【酥】・・・パイ

ということです。ジャボチカバという名前は日本人には覚えにくく、また
いかめしい感じがして第一印象はあまりよくないように思えます。けれども
台湾では落語の寿限無を思わせるようなおめでたいネーミングになっているところがいいな、と思いました。
シールには爽やかな印象のジャボチカバの挿絵もありました。
実際に食べてみると、生地はパイ生地ではなく、タルト生地に近いです。
中味は固めのゼリーとかアンゼリカ(フキの砂糖煮)のような食感でした。
主要原料は小麦粉、砂糖、牛乳、卵、ジャボチカバの実です。
主要、と書かれているので、上記の素材以外に色素などの添加物は入っているかもしれません。お菓子のサイズや、タルト生地とゼリーの組み合わせなどのアイデアが勉強になりました。

<補足>
台湾の”嘉寶果”はただおめでたい名前をとってつけたのではなく、
発音を”ジャボチカバ”似せて
”ja pao ka”(ジャ パオ カ) と読むためにそのような漢字をあてているのです。
(AYA)
by mgarden2 | 2007-09-24 20:40 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

レッドアテス(赤いバンレイシ=赤い釈迦頭)

b0028299_20365435.jpg2003年沖縄にマンゴーとジャボチカバの苗を買いに行った際、訪ねた農園の“おじい”からレッドアテスの小さな苗木を1本いただきました。今年初めて実を着け、先日無事収穫することができました。画像の実の色は茶色ですが、収穫時にはもっと赤くなっていました。小さめの実でしたが、樹上完熟のため香りや甘さは本物、某空港の土産物屋で売っているものとは雲泥の差です。糖度を測ってみましたが、我が家の20度までしか測れない糖度計では計測不能でした。ジャリジャリとした食感と甘ったるい香りが遠い記憶を呼び起こします。初めてバンレイシを食べたのは確か20年前の9月、スコールに包まれたプノンペンの自由市場だった気がします。亀の甲羅を丸くしたような皮の剥きようのない果物の食べ方を、現地在住の日本人が教えてくれました。皮ごとかぶりついて果肉だけを喉の奥に流し込み、果肉の量ほどある種は口から吐き出す。そういう食べ方がバンレイシには合うようです。(代表)
by mgarden2 | 2007-09-22 21:19 | 果樹(その他) | Comments(0)

みかん園の電柵


高林早生みかんと電柵

午後からみかん園の周囲に獣避けの電気柵を取り付けていました。
90センチの棒を畑の縁に沿うように3~4m間隔で地面に打ち、ナイロンコードと金属ワイヤーをねじったロープを棒に取り付けた碍子で取次ぎながらぐるりと畑を囲うのです。電柵は草や果実などが触れると漏電するので、電柵周囲の草もきれいに刈り取りました。

近所の農家から聞いた話では、イノシシは、今まで鼻が電柵に触れるとびっくりして逃げていたそうですが、最近はお尻の方から紐を潜って入ってくることを習得したそうで、電柵も効かなくなってきたらしいのです。毛があるので電気がピリッときたぐらいでは魅惑の果物を前に猛進も拒まれないということかもしれません。そんなことを考えているうちに電柵取り付け作業が終わり、代表がバッテリーをかけて夜間自動的に作動するように準備を整えました。
「テストするぞー!」と一言。
「はーい!」と答えて、四つん這いになりながらみかんの樹の根元の草取りから後退してきたその時。
お尻が通電中の電柵に触りました。

 びりりり!! 
 思わず大声で叫び、同時に電気ショックの熱さと刺激で飛び上がりました。

 (鼻が被害に遭わなくてなくてヨカッタ・・・・)

 電柵のショックを一度習得したイノシシの奥さんも夜に来園した時にきっとこんな感想をもらすに違いありません。

 (AYA)@今頃みかんが取られていませんよう祈りつつ
by mgarden2 | 2007-09-20 21:15 | みかん | Comments(0)

日南早生みかんの出荷

いろいろな作業を残したまま今年も温州みかんの収穫期がきました。
これから12月まで、他の作業と平行しながら家族で協力してみかんの収穫を乗り切っていきます。今年は夏場の乾燥の影響で玉は小さめですが、晴天が続いたことで糖度が高いみかんがとれそうです。また、9月にきた台風9号による大雨で、みかんについていたダニが洗い流されたので、ダニ撃退には良かったと思います。(ダニは実際には消えているのではなく、ただ脳震盪をおこして地面で寝ているだけなのかもしれません。)

今日は色がついてきた早生みかん”日南”を30Kコンテナに数箱分切って市場出荷しました。糖度を測ってみましたら10度あります。例年ですと今の時期の糖度は8度前後ですが、今の時期で10度あるので今年は期待通り美味しいみかんが沢山採れそうです。


写真はあまり良くないのですが日南早生みかんです。
どうして良くないかというと草取りが追いつかずメヒシバなどが生茂っている
「ダメ農家の見本」のような畑だからです。
このままでは害虫の住処が増える一方です。
みかんの収穫作業で疲れたらこまめに気分転換をして雑草もとらなくてはいけません。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-09-19 20:27 | みかん | Comments(0)

ねじれブログ

茶園の畝上の落ち葉拾いが続いています。
しかも作業は永遠に終わらないように思えてきました。
茶の上に落ちた杉やヒノキの実も一緒に刈って抗アレルギー茶なんてうたって
売れば嵩も増えるし労働力は減るし儲かるかもしれません。
でもまずそうです。

20日前には日南早生みかんを少し切って出荷する予定です。

ペリカンマンゴーはまだ小さいながらも元気で穂にくっついています。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-09-16 21:30 | | Comments(0)

空飛ぶペリカン四季なりマンゴー

b0028299_19444043.jpg9月に入り四季なりマンゴーが開花しました。これはいわゆるペリカンマンゴーですが、一年に数回花を咲かせるという特徴があります。先日訪れた台湾中部の友人宅では、庭に植えてあるこの四季なりマンゴーが小さな実をいくつもつけていました。よく見るとまもなく収穫できそうな大きな実もいくつか。6年ほど前に一度だけ食べたことがありますが、とても美味しく感じたのを今でも覚えています。丁度1年前、この四季なりマンゴーの苗を数本台湾より導入しました。それが今回開花したわけですが、虫の放し方が遅かったせいか、ナメクジが花をなめ回したせいか、結果状況はかなり悪いです。5ミリぐらいまで生長した実が数個見られますが、それも上手く育ってくれるかどうかわかりません。その上、実が熟すであろう12月には、ハウス内の最低温度が10度を下回ってしまうのは確実で、そうなった場合に果たして熟してくれるのかどうか。昨年暮れに花を咲かせたアーウィンの小苗が3株あり、どうなるかと思いそのままにしておいたら、予想に反して収穫は他のアーウィンと同じ8月でした。どうなるかわかりませんが、とりあえず実の生長を見守ってみたいと思います。
ちなみに四季なりマンゴーですが、正式な名称はわかりません。台湾でも四季なりマンゴーという名前で苗が流通しています。インターネットで調べると、四季なりマンゴーが台湾にもたらされたのは最近のことで、その出所は日本となっています。おそらくタイ辺りの品種が日本経由で渡ったのではないかと思いますが、詳しいことはわかりません。(代表)
by mgarden2 | 2007-09-14 20:12 | マンゴー | Comments(0)

ナンカ とは

今日はフルーツのお菓子の話です。近所に住んでいらっしゃる親戚の娘さんが先日タイへ旅行へ行き、今日タイ産フルーツのお菓子をお土産にもって来て下さいました。

写真はその土産です。東南アジアを旅行をされたことがある方にはこれが何か、想像がつくかもしれません。一見ポテトチップのようなこのチップは、パラミツという熱帯果樹をスライスして素揚げしたものでした。外装にはパラミツの挿絵と説明のついたラベルが貼られていました。

去年の冬に当ハウスでパラミツに雄花が着いた記事をブログで書きましたが、ジャックフルーツチップスはバナナチップスとパイナップルチップスの味を足して割ったような味で、甘みとフルーティな酸味、クリスピーな食感で美味しいです。
我家のパラミツも実がなったら生食以外にフルーツチップスにしてみようと思いました。
実生で結実まで8年とも3年とも言われています。

イタリアの旅行家マーリニョウリ(1290-1357)は、その旅行記に
”インドには驚くべき木がある。これはchake-barukeといって、木はカシぐらいの大きさであるが、果実は枝にではなく幹から実り、大きさは大きめの小羊、または3歳の小児くらいもある。マツカサ(松毬)に似た硬い殻があるので、手斧で割らなければならない。中にある果肉はその香りハチミツに似て、味はイタリアで最上品のメロンに匹敵する。クリの実に似た500個ほどの種子があり、焼いて食べるとその味は素晴らしい”と叙述されています。(図説熱帯果樹より引用)


それで、ここからが今日のタイトルの説明なのですが、パラミツはクワ科(Moraceae)の幹生果で、英名はジャックフルーツ(jackfruit tree)と言いますが、インドネシアなど東南アジア一帯ではナンカ(nangka)と呼ばれているそうです。名前の由来はわかっていません。同じく図説熱帯の果樹によれば、多くはほとんど放任で栽培され、現金収入を得る為の貧民向け果樹のイメージがあるそうですが、ローマの博物学者プリニによると、パラミツはインドでは賢人の常食であったと記されているそうです。

見方次第で食べ物のイメージもガラリと変わるものなんですね。
もっともインドには貧民の賢人も沢山いらっしゃるということも考えられますが。


パラミツに関する参考サイト
Wikipedia

ねこがためさんの熱帯果樹写真館
(AYA)
by mgarden2 | 2007-09-12 22:02 | 果樹(その他) | Comments(0)