<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

マンゴー出荷 終盤


上の写真は今日網の中に収穫されたマンゴーの中の一つです。いよいよマンゴー出荷も終盤に入りました。今年のマンゴーを振り返ってみると、ヤニ果は少なかったものの、果実の下の部分が青いものがほとんどでした。その主な原因は、去年の春から夏にかけてマンゴー全体の葉が黄色がかってきたため今年の春にかけて窒素成分を多めに施したためだと思います。また、梅雨が長引き、日照時間が少なかったことも重なって、色づくのに時間がかかりました。そのようなことで今年は出荷の調整受難の年でした。梅雨が明け、日がガンガン照るようになりだいぶマンゴーの色が写真のように紅くなってきました。
あと百数十個残ったマンゴーは日に日に紅く色づき大きくなっているのがわかります。そして、根性が強いのか、茎を上下に揺ってもなかなか落ちてくれません。なのでこのまま8月中旬頃まで生り続け、毎日少量ずつ収穫・出荷することになりそうです。


ところで、今年は贈答用マンゴーを受け取った方が少しでもマンゴーを美味しくいただけるように願って、プリンター(キャノンピクサス960)を買い、しおりを自作して発送する箱の中に一枚ずつ入れました。幸いにもこれまではしおりについて何のクレームも来ませんでしたが、昨日、お客様からこのような問い合わせがありました。
「御宅で作ったマンゴーが贈られてきたんですが、写真のようなマンゴーの色になるのはいつ頃ですか?」



(ガチョーン・・・!!)です。
プリンターの写真の色がよすぎて実物の色が見劣りしてしまったのです。
そこで「今年は写真のような紅いマンゴーは数が少なく、今、オレンジ~青色のマンゴーは数日置いておいても写真のようにはなりません。けれども、下の青い部分が黄色くなってきたら美味しく食べられます。」と説明をしました。

来年はマンゴーには窒素肥料を控えて色の良いマンゴーを採らなければ、と誓いました。
そして過度の期待をさせないように適正なマンゴーのしおり作らなければ、と反省しました。

キャノン プリンターの名誉のために。
ピクサス960は お見合い写真用には ◎ 。


(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-31 21:18 | マンゴー | Comments(0)

お茶の肥料

ようやく東海地方も梅雨が明けました。
今日は山の上でも30度を越えると思う暑さで、ダラダラと汗をかきながら茶園の肥料を撒布していました。1袋20Kg入りの化成肥料で約1t撒布しました。温度計を背中に背負っておけば精確な温度がでたのですが、温度計を忘れました。


20k入りの肥料は、父はサンパーという肥料撒布専用の器具に入れて、私達夫婦はこのような缶に8~10kずつ小分けしながら何度もつぎ足して肥料を撒いていました。
今の肥料は来年用の茶の台をしっかりさせるための、お茶にとって大切な栄養です。
ムラが出ないように丁寧に肥料を施しました。


山の茶園の中央には柿の木が1本立っています。毎年枝が大きくなり過ぎないよう代表が剪定をしていますが、今年の柿はハートのトピアリーのように仕立ててあったので写真を撮ってみました。柿は今3センチほどの青い実をいくつもつけています。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-28 23:04 | | Comments(0)

ジャボチカバ果実4種

b0028299_22281468.jpgアッスー・ワンの2個目の果実が色付いて数日、いつ採ろうかと悩んでいるうちにまたしても落果です。家に持ち帰り早速試食。大きいのでナイフで切り分け、大人4人で試食できました。アッスーに似たジャボチカバ臭が少し感じられ、1個目の果実よりさっぱり感は感じられなかったものの、ほぼブドウの巨砲に近い風味と言うことで意見が一致しました。今回の果実の縦の径33ミリ、横の径34ミリ。果重22グラム。その内皮5グラム、3個の種子3グラム、可食部は14グラムありました。糖度は一番低い値が15.2度、一番高い値が16.5度でした。適度な甘さです。
今なっているジャボチカバを並べて写してみました。画像左から、小葉系、アッスー、アッスー・ワン、四季なり種です。小葉系とアッスーはほぼ黒に近い色、アッスー・ワンと四季なり種は黒に近い濃い紫色になります。画像の小葉系と四季なりは標準の大きさ、アッスーはかなり小ぶりのもの、アッスー・ワンは資料がないのでわかりません。アッスー・ワンの果実は四季なり種と同じようにほとんど軸がありませんが、その長さ1ミリ程度の軸の太さが他の3種に比べると驚くほど太いのが特徴です。こんなに太い軸なら10センチくらいの大きさの実がなってもおかしくないと思えるほどですが、今枝についている5個の実も2から3センチ大ですので、どうやら軸が太い割にはそれほど大きな実にはならないと考えた方がよさそうです。アッスーは幹が覆われるほどびっしりと大きな実を着けますが、アッスー・ワンはどうでしょう。蕾の着き方を見た限りではそれほど豊産性には見えません。今回は一回目の結実なので、品種特性はまだ充分表れていないと思われます。次回以降の結実に期待したいと思います。(代表)
by mgarden2 | 2007-07-27 22:48 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

お茶の消毒

マンゴーの出荷と平行しながらお茶の消毒が続いています。
今日は山間地のお茶の消毒が終わりました。使用した薬剤の中、有機リン系のスプラサイドは生物の神経に作用するので害虫にも効きますが、神経を持っている人間にも当然作用します。幸い私は神経の数が少ないですが、ちょっとは副作用をうけているんだと思います。こんな時は無神経の構造だったら農薬の副作用などは受けずにすむのになぁ、と思います。

お茶につくカイガラムシ等は、1回や2回スプラサイドをかけても全滅するわけではありません。そこで年間を通してうまく害虫と付き合っていく根気強さが大切になるんです。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-24 23:00 | | Comments(0)

ピンポンの実



昨日のピンポンを茹でて食べてみました。
風味や食感は栗に似ていますが、甘みはあまりありませんでした。
家族の話では、「自然薯を焼いた時にこんな味がする。」という感想でした。

私は、この実を最初に食べようと思った人は本当に開拓精神が旺盛だと思いました。
真っ赤な皮は毒気さえ感じさせるからです。
実際にえぐみがあるので生ではとても食べられません。

けれども、たとえこの実が食用や薬用にならない植物だったとしても、中央から四方に開いた真っ赤な袋状の実は圧倒的な存在感と謎めいたユーモラスな外観で、見る人を充分楽しませてくれる植物だと思います。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-23 23:18 | 果樹(その他) | Comments(0)

ピンポン収穫

b0028299_222481.jpg少し前に紹介したピンポンが熟しました。種を蒔いて6年経ちました(たぶん)。種子は豆のようにサヤに入っていますが、豆と違い熟したサヤは画像のように緋紅色となり、内部の種子は黒色に、大きな緑の葉と相まっていかにも熱帯の果樹という風情があります。煮たり焼いたりして食べるとクリまたはギンナンに似たよい風味があると文献には紹介されていますが、私が以前茹でて食べたときはヒシの実に似た味だと感じました(クリの風味に近いかもしれません)。今日、種子をいくつか持ち帰りましたが、なにかと忙しく食べる時間がありませんでした。明日、茹でてみようかと思います。ギンナンと同じで、子供にたくさん食べさせてはいけないそうです(たくさんはありませんが)。(代表)
by mgarden2 | 2007-07-22 22:22 | 果樹(その他) | Comments(0)

沖縄産マンゴーの報告

今日も雨模様でしたが、マンゴーの出荷(たぶんピーク)です。
充分に色がまわらないままどんどん落ちています。甘さはどうか心配です。
出荷の調整に難航してます。
梅雨明けが待ち遠しいです。

今朝、昨日スーパーで購入した沖縄産マンゴーを食べました。
外観は真っ赤でとても綺麗でした。
糖度も測ってみました。
糖度は14度ありました。
けれども旨みと鮮度が感じられません。
数日間スーパーの寒さの中に置かれて
旨み成分が失せてしまったからでしょうか。

生産者が丹精込めて作り、バイヤーが1000km以上も離れた場所の名産地と交渉をしてここまでやってきた美味しいはずのマンゴーが、保存期間・保存状態の不適合によって消費者から「○○産は美味しくなかった」
と言われたら、それはとても悲しいことです。
逆に我家の農産物も各地方へ運ばれた時に「静岡のマンゴーはまずい。」
といわれることも充分あると思います。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-21 22:48 | マンゴー | Comments(0)

日録

代表と代表の父は梅雨の休みを見計らってみかん園の消毒(ジマンダイセン アクタラ マイトコーネ)黒点病予防を行いました。

私はほぼ一日マンゴー出荷の調整で値段と重量・質を見比べながら作業をしていました。

今夜8時半、明日の庚申当番用の食材を買いに、代表と共に近所のスーパーへ買い物に行きました。我家のマンゴーも数点、そのスーパーに置かせてもらっているので売れ行きも気になってチェックをしたところ、全く売れてません。(1個1200円)
<一つ買ってあげようか。>(これって自給自足と言わずなんというんでしょう・・・)と思いましたが、我が家のマンゴーの上に赤々とした沖縄産マンゴーが1個1480円で売られていたので<沖縄産を購入するか>ということになり、レジへ行きました。
お会計をすませ、食糧で山積みになった買い物かごを持ち上げようとした時です。
レジ係りの方が
「お客様・・・」
と引き止めるので、何かと思ったら
「あの、今、お客様が買った真っ赤な果物はなんというんですか?」

「.....マンゴーという果物らしいですよ。」

「あぁ・・!そうでしたか、あれがマンゴーですか。マンゴーって高いんですね。」

先ほどのレジ係りの質問を受けて、静岡では売っている人間でも本物のマンゴーを知らない人がいるんだなぁ・・。とちょっとショックでした。
インターネットでも微力ながらマンゴーの宣伝をしなくては!
と思い、今日はpcを立ち上げた次第です。

沖縄産マンゴーは明日の朝にいただきます。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-20 23:55 | 農家の暮らし | Comments(0)

アッスー・ワン初収穫?

b0028299_22131127.jpg収穫という言葉からは野菜や果物をもぐ動作を連想します。初めてなったアッスー・ワンの実を、いつ採るか悩んでいるうちに収穫適期は過ぎていました。昨日まで枝に着いていた実が今朝はありません。どこに転がったか探すこと30秒、そう遠くないところにありました。残念ながら団子虫に穴を開けられていましたが、十分食べることはできます。家に持ち帰り糖度測定のあと試食。果実径26ミリ、重さ11グラム、種は小さく、正常に発育したもの1個と発育不全のもの1個が入っていました。酸味は弱く、果肉や果皮にジャボチカバ特有の臭みは感じられません。糖度は部位によっても違いましたが、一番高い値は16.2度でした。「さっぱりしたブドウのような味」で、何個でも食べることができそうです。今回収穫する前に落ちてしまった初収穫の実ですが、開花後2週間ほどで肥大が止まり色付いてしまいました。株の都合で実の発育は完全ではなかったのだと思われます。現在別の2株にも実がなっており、その中の大きいものは3センチほどの大きさになっています。画像は今朝のその実の様子ですが、夕方見たときには薄っすらと色付いてきていました。完全に色付いたらこちらで紹介したいと思います。(代表)
by mgarden2 | 2007-07-18 22:12 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

マンゴーの出荷状況

お盆明け、雨上がりの今日の主な仕事は
代表   ーみかん園の下草刈り
代表の父ーみかんの摘果
AYA   ーボウボウに伸びた茶園の草取りとマンゴー収穫~マンゴー出荷
夫々分担して作業を行いました。

午後に市内の方がハウスまでマンゴーを買いに来ました。お客様の話では、6月30日付の静岡新聞を見て我家のマンゴーを知り、新聞社に問い合わせた後、このハウスを探してきたとのことでした。<買うことができないのなら、そういう記事を載せる静岡新聞社に対してインターネットで文句を書く>と、かなりの思い入れで、地元のお店に出すように用意していた小玉マンゴーを急遽回して買っていただきました。
我家のマンゴーは、今、市内では駿河ダイニング伽音という地産地消をモットーにしている食事処で食べることが出来ます。プロの料理人が丁寧に調理した我家のマンゴーです。お近くの方、又興味のある方は是非足を運んでみてください!


写真は今日のハウスのマンゴーの一部です。
小規模ながら毎日数十個単位で収穫が続いています。あと残り500個のカウントダウンに入りましたが、これからが我家のマンゴーに旨みが乗る時期です。
箱入りのマンゴーはようやく今年の5月24日までに注文をいただいている方の発送を終えたところです。25日以降に注文をしている方、特に大玉注文の方、もうしばらくお待ちください。

*この度の中越沖地震で震災に遭われた方、お見舞い申し上げます。
 地震の影響で我家のマンゴーも到着が数日遅れる可能性があるとのこと。ご了承下さい。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-07-17 22:03 | マンゴー | Comments(0)