<   2007年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

マンゴーの植え替えと訂正

今日も引き続きマンゴー鉢の用土植え替え作業を行っていました。
今まで使っていた山土に堆肥等を加えたものと、今回植え替えに
使った土とでは、感触は今回の土の方が良いと感じているのですが、
植え替えの際に根が切れてしまいます。これが果実の生育にとって
ダメージがどれだけでるかが心配なところです。
結局園全体の1/4の植え替えにしました。

前回の植え替えの際、マンゴー苗を30センチ深植えしたと思って書いてしまいましたが
実際に植えた深さを測ってみたら15cm前後しかもぐっていませんでした。
接木までの高さが30センチ以上あるので、写した写真でみると全部土に埋まったように
見えてしまい間違えました。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-01-31 20:53 | マンゴー | Comments(0)

マンゴー用土採掘現場



午前中にマンゴー土が足りなくなったので午後から山へ行き、真冬の茶園を眼下
に見下ろしながらマンゴー鉢用の土を採取してきました。林床ではヒノキの枝の蔭
になった真っ赤な千両の実が緩やかな線を見せながら小さく輝いていました。

途中、近隣の茶農家が使わなくなった茶運搬用の鉄線はずしに登ってきました。
茶をやめれば線も必要がなくなるんだなぁ、と思うと少し淋しい気持ちになりました。

鍬でせっせと掘った土は1tトラック分、袋に詰めて運びました。
もしも丁度その時に登山客がその場に居合わせたならば、怪しい二人組を横目に、
「土に目が眩んでるんであんな異様な眼差しで土を掘っているんだろうか。」
と思ったに違いありません。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-01-30 19:37 | マンゴー | Comments(2)

沖縄視察旅行

今回の視察では、二軒のマンゴー農家(果樹農家)を見学しましたが、農家以外にもあちこち顔を突っ込んではいろいろ吸収してきました。
国頭郡東村にある「ヒロ・コーヒーファーム」。名前の通りコーヒー農園です。喫茶スペースでいただいた自園自製のコーヒーは素朴な味わいでした。
宜野湾市の「宗像堂」。石釜で焼いた天然酵母パンを売るお店です。亀を連想させる大きな石釜も見させていただきました。ジャボチカバ天然酵母で醗酵させたパンを焼くには、やはり石釜が一番でしょう。
本島南部糸満市のファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」には、地元の野菜や果物、特産品が所狭しと並べられていました。客はもちろん地元の方々、価格設定も良心的です。島とうがらしの種を一袋買いました。夏に実が採れたら、泡盛に漬けます。農業資材のひとつとして活用してみようと思います。
限られた時間の中で見られるものは限られますが、かつてないほど大きな収穫を得ることができ、大変有意義な視察旅行となりました。沖縄滞在中にお世話になった全ての方々に、沖縄の広く深い心に、心より感謝いたします。(代表)
by mgarden2 | 2007-01-29 22:17 | マンゴー | Comments(2)

マンゴーの植え替え

昨日の書き忘れですが、沖縄へ視察に出かけている間、茶園の施肥やら
みかんの剪定、マンゴーやジャボチカバの水遣りなどは父が一人で済ま
してくれてありました。感謝に耐えません。帰省後もまだまだ茶園の作業や
みかんの剪定枝片付け作業なども残っている状態ですが、マンゴーの芽が
活発に動き始める前に沖縄視察旅行で得た栽培法を早速取り入れようと話し合い、
数鉢ずつマンゴーの樹高をさげる作業を始めました。
今植えてある位置よりも30センチ深植えするのは成長に悪い影響があるかも
しれませんが、再来年の苗を理想的な樹形に仕立てていくためにはなるべく
低い位置から横枝を出した方が良いと考えたのです。そして一度に全部の
植え替えは無理なので、樹勢があまり良くない樹やカイガラムシの吸汁によって
黄ばんでしまった葉が多い樹を選んで植え替え作業を行いました。

植え替えのために、今日は茶園付近の山土を掘りトラックでハウスまで
運んできました。
以前にも書きましたが土の粒子が細かい赤土でマンゴーに良さそうです。


人間の場合は入浴の際に深く湯船に浸かると疲れが取れやすいそうですが、
マンゴーも深く土に潜ることでリフレッシュできるといいのですが・・・。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-01-28 21:37 | マンゴー | Comments(0)

マンゴー栽培の視察で考えたこと

代表と2人で沖縄にマンゴー栽培の視察に出かけてきました。
今回は地植えでマンゴーの減農薬栽培を実践されている農家の園地を中心に
回りました。剪定法や農業資材の内容、土壌や温度管理法等を実際に伺い、
勉強をさせていただいたのですが、特にその農家の方は樹の仕立て技術が素晴らしく、
これは鉢栽培でも参考にできる樹形ではないかと思いました。
当面の私達の課題はどうしたら鉢栽培で収量があがる樹形を作っていけるかという
ことですが、味や翌年のマンゴーのことを考えると、樹の収量が多ければそれで良い
というものでもありません。
今年は去年の倍の収量を目標にしていますので、そんなことも考えながらこれから
2月、3月にかけて開花・受粉期の管理を行っていきたいと考えています。

(AYA)
by mgarden2 | 2007-01-27 22:17 | マンゴー | Comments(0)

ジャボチカバの天然酵母 6

b0028299_2162045.jpg
午後から仕事関係の会合があり、夜家に戻るとジャボチカバの実から作った天然酵母で焼いたパン“ジャボチカパン(Jaboticapan)”ができていました。「おかえりなさい。頭痛いから寝るけどブログ書いといて」と妻。妻の説明ではジャボチカバの木をイメージして焼いたということです。実をならせたジャボチカバを想像しながらまずは一口。フランスパンの生地にジャボチカバの砂糖漬け(コンフィ)が練りこまれていますが、味はブドウパンに似ています。私の評価は「普通に美味しい」。一番奥に見える一本、これは同じ生地に砂糖煮の小豆を練りこんだものです。ジャボチカパン大納言バージョン。あんこが苦手な私の評価は、「かなり美味しい」でした。私もまだやらなければならないことがあるので、詳しい話しは日を改めて作った本人に書いてもらいます。(代表)
by mgarden2 | 2007-01-24 21:34 | ジャボチカバ加工 | Comments(3)

エコファーマー申請

昨年暮れに農家仲間からエコファーマーにならないかという誘いがありました。エコファーマーとは、平成11年に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出し、その認定を受けた農家のことです。今回はとりあえずみかんだけを対象として申請しました。経営上とくに大きなメリットはないかもしれませんが、農家と農産物のイメージアップにはつながりそうです。(代表)
by mgarden2 | 2007-01-18 20:23 | みかん | Comments(2)

マンゴー苗の一部に内城菌投入

マンゴー苗の一部の株に、内城菌という菌を混ぜてみました。
先日、この菌を使って茶や野菜を栽培している方の畑を見学させていただいた
ところ、実際に土壌改良・減農薬・うまみ向上につながっていると伺い、
業者を紹介してもらいました。
我が園ではタンソ病がひどい鉢を中心に5鉢分菌を入れてみました。
耐病性のある土作りを試行中です。

写真は菌投入後6日が経過して菌糸が出ているところです。

MGarden
by mgarden2 | 2007-01-17 21:35 | マンゴー | Comments(2)

シイタケの菌打ち

b0028299_20211521.jpgb0028299_20212451.jpg

家庭用に今年もシイタケの菌打ちをしました。家庭用なので量はほんの少しです。午前中に山からコナラを3本伐り出し、適当な長さに切り20本ほどのホダ木が完成。夕方、息子の手を借り菌打ちをしました。妻や娘も手伝いましたが、主力は息子です。私が電気ドリルで開けた穴に、長さ2センチほどの菌駒を入れ、金槌で打ち込んでいきます。菌駒は500個、あっという間に終了しました。今年は、ここ何年か買っていた品種とは違う品種を買ってみました。来年の春が楽しみです。(代表)
by mgarden2 | 2007-01-15 20:36 | 農家の暮らし | Comments(0)

果樹ハウスより

今朝、ハウスの中でマダガスカル原産のドンベア・ワリッチーが開花しました。
この花はマンゴーの開花時期と重なり、マンゴー受粉の媒体を呼んでくれるので
マンゴーにとっては守護花のような存在なのですが、マンゴーは先日書いたように
芽を欠いてあるのでドンベアは一人淋しく咲いている訳です。

ハウスの中で咲いたドンベア・ワリッチー クスダマのような可愛い花で今は甘い香りがします。

そして、12月に植え替えたジャボチカバの中には、葉が暗紫色になっている株が
いくつか見られます。これは寒さのせいでも病気でもありません。
植え替え前にかなり鉢が乾燥してしまい、水分不足が原因でこのような色に
なってしまったのです。(反省)

この変色した葉は再び緑色に再生することはありませんが、これからきちんと水をやり、
適宜植え替えをしてやれば新しい枝葉が出てきます。

今日はハウスの外でも写真を撮りました。
並列状の葉ボタンが競い合って自己主張をしているのが目立ちますが、
その両横でデージーの花とゴデジャの葉が楽しそうに繁っています。


(AYA)
by mgarden2 | 2007-01-14 21:49 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)