<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

茶の秋肥え

数日前から茶の秋肥えをしています。
魚粕主体の有機肥料で、これが冬に向けて茶の根にじわじわと効いてきます。
(他に菜種粕・リンカリ配合・サンアミノ・硫安。これを自家配合します。)

作業中は父と私で肥料を振った後から夫が小型攪拌機で肥料と土を
よく混ぜていきます。先日取った害草の女王(?)メヒシバなどが攪拌機の刃に
絡み付いて機械が動かなくなることがあるので取った草をまた取って茶畝の中に
押し込んだりします。

時々、チャノコカクモンハマキがその葉の上をヒラヒラ飛んでいるのを見つけました。
見つけた時は<これって幻覚じゃないか・・・>と思いましたが、
肥料を終えて畑の世話をしていたら父も「トジ虫が飛んでいたな・・・。」と、
害虫を気にしていました。
ハマキの話をしていると、いつもの肥料店が来たので撒布用の農薬を頼みました。
年内にあと2回は農薬散布の予定です。

平地の茶園は土に保水力が足りないためか、葉先が萎びてきています。
そろそろまとまった雨が欲しいところです。

(AYA)
by mgarden2 | 2006-08-31 22:26 | | Comments(0)

茶園とダイコンソウ

茶園の消毒がひと段落し、先日から畝間に生える草を鎌で取り除いています。
昨日、今日と曇り空で涼しかったので作業が楽でした。

茶園の下ではダイコンソウの花が実をつけ始め、秋の気配を感じさせて
くれます。

(AYA)
by mgarden2 | 2006-08-28 20:15 | | Comments(0)

巨大マンゴー収穫

「レッドキーツ」本日収穫しました。画像ではその大きさ重さ迫力がいまいち伝わってきませんが、このマンゴーうちの10歳の息子の顔の大きさとほぼ同じです。計量計の針は2080グラムを指していますが、タオルの重さが80グラムあるので、マンゴー自体の重さは丁度2000グラムです。今年は3つ採れましたが、大きいもの2つはすでに売約済み、一番小さいものを家で食べるつもりです。小さいといっても1300グラム、とても一人では食べきれない大きさです。追熟が完了して試食をした際は、味の報告をしたいと思います。
キーツが卵形でずどーんとした形なのに比べ、レッドキーツは勾玉型のずんぐりタイプ。追熟の過程でかなり赤味が増します。私個人はこういう形のマンゴー好きです。(代表)
by mgarden2 | 2006-08-26 18:49 | マンゴー | Comments(2)

キーツを試食しました


8月9日に収穫してブログにも載せたキーツがやっと追熟完了しました。収穫時970グラムあったものが、今日量ってみるとなんと880グラムしかありませんでした。肝心の味ですが、ねっとりとした食感でコクがあり美味しかったのですが、早く収穫しすぎたのか甘みが思っていたより足りない感じがしました。室温で追熟したのに半月もかかり、しかも味がちょっと薄めということはやはり採るのが早すぎたのでしょうか?見た目は青くてあまり美味しそうではありませんが、実は美味しいマンゴー「キーツ」。来年も自家消費用に少しだけ栽培してみようと思います。(代表)
by mgarden2 | 2006-08-24 20:53 | マンゴー | Comments(0)

マンゴーの新芽


2週間前にお礼肥をあげたマンゴーのその後です。
柔らかな薄緑の芽は数日で画像のような立派な葉になります。
この芽が枝として生長し、来年の結果母枝になります。

今の主な観察ポイントは芽の尖端や葉の裏にいるカイガラムシの有無です。
葉の裏にいるカイガラムシをホースの水で飛ばしていますが、
裏側に水をかけると気孔が閉じて水の蒸散を防ぐため、マンゴーの夏バテも
予防できるように考えています。

<AYA>
by mgarden2 | 2006-08-21 19:11 | マンゴー | Comments(0)

茶園の農薬散布


先日から続いているお茶の農薬散布を、またしていました。
(撒布農薬ーコテツ、オンリーワン、スプラサイド)
外は30℃を超え、立っていると頭がくらくらして日陰に入りたくなるような
天気でした。農薬散布がなければ農業も楽なのになぁ・・・。と思うことが
ありますが、大切なお茶のために、茶の樹と一緒に夏の暑さの中を頑張
らなくてはいけません。

(AYA)
by mgarden2 | 2006-08-20 20:36 | | Comments(0)

ジャボチカバ一斉開花


今日はジャボチカバが一斉に開花していました。どの樹も、という訳ではありませんが、
小葉系・大葉系とも、よく開花して、辺りはほのかに甘い香りが漂っていました。
一斉開花のメカニズムがよくわからないため、樹の仲間同士で申し合わせて
誘い合って咲いているんじゃないかと話しています。
科学的な根拠が解明されたら嬉しいし、業務にも利用できるんじゃないかと
考えますが、謎のままでいたほうが楽しいこともあるように思います。

午前中は少しずつ小葉系ジャボチカバの植え替えをしています。
土は牛糞堆肥と衣土を4:6の割で混ぜたものを使用しています。
ジャボチカバは植え替え時に根を傷めると枯れてしまうことがあるので
根に注意しながら行います。

(AYA)
by mgarden2 | 2006-08-19 22:03 | Cafe Jaboticaba | Comments(5)

みかん園の草取り

午後から鎌でみかん園の草を取っていました。
前回、ここの園の草を取ったのが8/3なので2週間以上も草を取って
いませんでした。その間どこへ行っていたんだ。と、みかんからお叱りをうけそうです。
今、生えている草は主にツユクサです。
この草は葉の付き方にはリズムがなく、午後になると花は凋んでしまい、
それが面白くありませんが、取ったツユクサをまとめてみかんの樹間にまとめて
築山を作るとツンツンとした揚げたてのようなリングが沢山できるので楽しいです。

画像は高林早生と取り終えたツユクサです。

(AYA)
by mgarden2 | 2006-08-18 20:52 | みかん | Comments(0)

ハウスの土産画像

時々、雷と豪雨があり、ハウスの中で仕事をしていました。
室内の温度計では33度でしたが、蒸し暑いためもっと温度があるように感じました。
夫と一緒にマンゴーやジャボチカバの水やり、ジャボチカバの植え替え、
カイガラムシ対策で農業資材の撒布、そしてマンゴーを吊っていたフックはずし
などの後始末をしていました。

今日は夕飯にハウスで採れた無農薬栽培のパイン(重さ1.5キロ)を切って食べたので
オマケで画像をお届けします。
以前、冬に収穫したパインを食べてみたら冷や汗が出るほど酸っぱかったので
夏のパインをとても楽しみにしていました。
はたして、切って糖度を測ってみると20度以上あり、蜜がたっぷりでした。


(後ろにいるのは我家のウサギ。毛玉症の予防にパインジュースを飲ませよう
としたら嫌がって飲まなかったことがありましたが、これなら食べるかもしれません)


食べてみるとジューシーでとっても甘いです!
夏に採れるパイナップルはとても美味しいです。


(AYA)
by mgarden2 | 2006-08-17 20:05 | 果樹(その他) | Comments(0)

日録

外は30℃を越えていましたが、雨が近づいているというので夫と父と一緒に
お茶の消毒をしていました。
時々、頭上を大きな雲の一行が通るので「ヤレ、助かるわぃ。」と、
独り言を言いながら、消毒ホースの誘導をしながら草を取ったり、
シダを抜いたりしていました。

(AYA)

ジャボチカバ販売ページを再開しました。
自宅で栽培・収穫をしてみたい方、どうぞご利用下さい。

by mgarden2 | 2006-08-16 19:56 | | Comments(3)