<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

渇水

果樹温室内には井戸をついてあるのですが、毎年12月から2月頃までの雨の少ない期間は干上がってしまいます。今年は秋に雨が少なかったせいもあり、11月の中旬から干上がってしまいました。ここ半月は、農薬散布用のタンク(1100リットルあるいは500リットルのどちらか)に水を汲んで運び潅水しています。正直面倒です。以前から考えていたことですが、ハウスの東西どちらにもある小川のどちらかから水を吸い上げれば、冬の渇水期でもなんとか間に合いそうです。今日、父と実況見分(?)した結果、ハウスの西側にある小川から水をくみ上げることにしました。必要なものは、過般式の小さなポンプ、あるいは小さな水中ポンプ、電源まで届く約80メートルのコード、約80メートルのホースです。水の流れからして、1分間に溜まる水量は30リットル前後のようです。汲み上げる高さは約2メートル、ホースの長さ80メートルから生じる抵抗を考えても、そう大きなポンプは使えません。明日、ホームセンターに行って材料を揃えます。実は今日下見に行ったのですが、大体2~3万円でなんとかなります。施設園芸に手を染めて3年。一番に必要なものは資金。二番目に必要なものは水でしょうか。とにかく水がないことにはなんともなりません。冬の渇水期でも安心して潅水できるよう、なんとか工夫して水源を確保するつもりです。(代表)
by mgarden2 | 2005-11-30 19:48 | マンゴー | Comments(0)

ニームオイル散布

ニームオイルと呼ばれるニームの実から採ったオイルを果樹ハウス内に散布しました。これは定期的に行っていることで、以前は不定期でしたが、今年の夏からは月に2回か3回散布しています。当園では化学農薬を一切使わないようにしているので、カイガラムシ、ウンカ、アカダニなどの害虫が作物に着きます。ニームオイルを散布することにより、どの程度防虫効果があるのかははっきりしませんが、上記の害虫のうちウンカに対しては効果があるようです。マンゴーにアカダニが発生した場合はピカコーという海草を原料とした農業資材を散布します。これははっきりした効果があります。当園で一番問題になっているカイガラムシですが、これに効く農業資材、あるいは天敵はまだ見つかっていません。歩かないカイガラムシはいつの間にかいなくなりましたが、歩くカイガラムシがアリと共生して増えてしまい困っています。有効な防除方をご存知の方がいらしたら教えていただけると助かります。(代表)
by mgarden2 | 2005-11-29 23:03 | マンゴー | Comments(0)

早生みかんの残り集め


前回収穫時にまだ青かった早生みかんを収穫しました。
今年の早生みかんの収穫が全て終了しました。
これから数日は貯蔵庫に保管しているみかんを一回に200k前後ずつ出荷します。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-11-27 18:48 | みかん | Comments(0)

エケベリア


温室の中でシックな橙色をしたエケベリアの仲間の錦晃星(Echeveria pulvinata)
の花が咲いています。葉の周りにフワフワとした柔らかい毛が生えているので触るのも
気持ちよい植物です。

11月に入って乾燥が続き、ハウスの横を流れる川の水がすっかり干上がって
しまいました。ハウス内で使う農業用水の確保ができなくなり、ここ一週間ほどは
毎朝代表が家で500Lの水をタンクに汲み、トラックで運んでマンゴーやジャボチカバなど
の水遣りをしています。

<重油高に水不足>
農村の倹しい生活では苦になりませんが、商いをするとなると社会で
取り上げられている問題と直にぶち当たってしまいます。
21世紀は水の世紀と言われているようです。
栽培に多量の水を必要としないサボテン類の栽培はエコ園芸として流行るかも
しれません。

みかんを切りながら、このような多肉植物と、廃園になった場所のみかんの幹を
土台にした多肉の寄せ植えなどを農園で利用できたら面白いんじゃないかと思いました。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-11-25 21:49 | Comments(0)

カウントダウン

みかんの収穫もついに小宮沢に場所が変わりました。
宮川早生を今日・明日収穫すれば後は12月の青島みかんの収穫を
残すだけになります。

この沢の傾斜地を利用して作ってきたみかんも今年で終わりです。
祖父母、そして父や母が子育て時代に汗を流してきた土地の終焉を
ルーキーの嫁が安易に書き綴ってはならないような、複雑な心境です。
これが、無常の人間の生活が常在の自然に流されるというものでしょうか。
山にはすでに数年前から植栽を進めてきたヒノキ苗がみかんの老木の丈を
追い越し始めました。
来年からはもうみかん切りにこの山に登ることはありません。
いざ、放棄となると、残されたみかんが平家の残党のようにも映ります。

急いでみかんの軸を切っていると、時々鳥害に遭ったみかんを切ってしまうことも
あります。


そうか・・、来年から沢のみかんは鳥や、山の獣の餌になっていくのか。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-11-24 21:02 | みかん | Comments(0)

平地のみかんほぼ終了


写真は平地のみかん園にある高林早生です。
今日で色づきの良いみかんはほぼ切り終えました。
明日以降は山の急斜面にある宮川早生みかんの収穫を行います。

園の敷き藁の合間からはカキドオシの鋸歯がまるで歯車を組み合わせたように
繁らせながら生えてきていました。きっとこのまま越冬するのでしょうね。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-11-23 21:36 | みかん | Comments(2)

タヌキ先生

・・とは、私の事。
畑にはまだ早生みかんがたわわになっていますので
収穫を急がなくてはみかんの樹のためにもよくないのですが、収穫中に
樹ごとにどのように味が違うか?などと研究を装って熱心に食べ分けて
いるものだから夫から「たぬき先生。」という称号をいただきました。(へ~へ

みかんの酸が抜けてきて大きめのみかんは味がマイルド。
小ぶりのみかんはまだ酸っぱいものもあります。
身体を動かしているせいか、酸っぱいみかんは
喉の渇きを取るには恰好のおやつになります。
でも、多種豊富なおやつに恵まれている時代におやつにみかんを
食べること自体が最近ではあまりないことなのかもしれません。

ところで美味くなってくる頃になるとみかんの値が下がってくるって面白い現象です。
プロには出盛りの時期に美味い作物を作る技が要求されるのだと思います。
みかん作りには、日当たり・排水の良い土地を選ぶのは第一条件ですが
我が家の場合は両方を兼ね備えている土地がありません。
みかんをゼリーやケーキ、クッキーに加工すればまた付加価値もつくのでしょうけれど
このままの作業サイクルでは収穫・加工・販売まではなかなかできません。
あ~、パートさんが欲しいです!(でもパートを雇うお金もありません~~)

<収穫だけならわしも手伝うよーー。>
ってタヌキだけは声援を送ってくれてます。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-11-20 22:06 | みかん | Comments(2)

みかんの値段

早生みかん高林の収穫を続けています。
平地の園では皮がぶくぶくとした浮き果がいくつか目立ち始めました。
これを予防するために薬剤を使うこともありますが、浮き果の多い樹に対して
土質の改良や肥料の工夫等で防止すれば同時にもっとしまりのある味になるのでは
ないかと思いました。ここへきてもまだ小ぶりのみかんの味は良くなってきました。
(職務中に商品を食べてばかりいるのがバレバレですね)

今日の農業新聞に一面で<ミカンで緊急出荷調整>の記事が出ていました。
全国果実生産出荷安定協議会の措置によるものでみかんの価格が予想以上に
低迷しているため月末まで出荷を2割カットするとの事。
我が家の場合は出荷先の9割以上は市場ですが、いつも出す市場では
毎年11月19~20日はえびす講があるためその数日前になるといつもみかんの
値が大きく下がります。
昔、父がみかんを出荷していた頃、市場の関係者から
「近くえびす講があるので沢山出してくださいよ。」
と激励(?)されて多く出荷したところ、値は逆に下がっていたということが
あったそうです。それって良い値で買うというのではなくてイベント用の
ボランティア品は大歓迎ということだったのですね。

先日、夫に
「えびす講の前にはみかんの値が下がるから出荷しない方が良いと思う。
 みかんの価値が下がってしまうから。」
 と話したら、夫は
「みかんの価値は値段で決まるのか。」と発言に疑いをかけられました。
樹にぶらさがっていたみかんも商品となった以上、値段も価値の基準の一つに
なると思っているのですが・・。

先ほどTVで探求ロマン世界遺産~ワイン聖地・フランス・センテミリオン~を見ました。
格付けされたフランスのワイン農家の話の中で
<(ワインも)多くの人々に合わせて味が均一化されていく傾向にあるけれど
独自の味を守り続けることが大切>と希望に向かって努力をされている言葉が
印象に残ります。

農家にとっての価値と消費者にとっての価値が一致すればこんなに素晴らしい職業は
ないんじゃないか。って思いました。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-11-17 21:41 | みかん | Comments(0)

早生ミカン収穫再開

茶園に農薬を散布したり、菜園で作ったサトイモやショウガを掘り上げて整理したり、ここのところミカン畑には足を運んでいませんでした。今日から早生ミカンの収穫再開です。市場にもまた出荷を始めました。(代表)
by mgarden2 | 2005-11-16 19:21 | みかん | Comments(0)

茶園の消毒終了

やりかけになっていた茶園の農薬撒布を終えました。
これで今年のお茶の主な作業が終わりました。
一日消毒ホースを引きずっていたので疲れました。

これで心置きなくみかんの収穫(と押し花)に熱中できます。(AYA)
MGarden
by mgarden2 | 2005-11-14 19:00 | | Comments(0)