カテゴリ:Cafe Jaboticaba( 967 )

ジャボチカバの植え替え


3,5号鉢で育てていた実生の大葉系ジャボチカバの植え替えを行いました。
土は牛糞堆肥と衣土を使用。
最近、一緒に育てているマンゴーの開花準備ために最低温度を今までより5度高い
15度に設定したため、ジャボチカバの根の活動も活発になり、新しい葉が出てきた
ので早めに一回り大きい鉢に植え替えたのです。
可愛い苗がいくつも並ぶとラブリーです。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2006-02-02 21:07 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ジャボチカバの寄せ植え

家の裏庭に置いていたジャボチカバの苗や鉢植えを11月下旬にハウスへ移動しました。
その中の一鉢に、イオノプシディムの花が紛れ込んでいて、一鉢同居の格好になっています。
ジャボチカバも苗が小さいうちはこのような寄せ植えで楽しんでみるのも良いと思います。


MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-12-12 21:58 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

今日のジャボチカバ

b0028299_19381581.jpg
上空に寒気が入り込むようになり、朝晩はかなり寒く感じるようになってきました。今朝のハウス内の最低温度は10℃、そろそろ冬支度をしなければなりません。画像は現在の四季なりジャボチカバの様子です。小葉系のジャボチカバにも蕾が出てきましたが、このまま寒くなっていけば昨年同様花を咲かせることなく落ちてしまうのではないかと思います。少し加温してやれば実がなると思われますが、今の重油の値段ではむやみにボイラーを焚くわけにもいきません。秋の蕾がダメになっても、春にはまた花を咲かせてくれるはずなのでそちらに期待したいと思います。(代表)
by mgarden2 | 2005-10-24 19:51 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ジャボチカバ特大果実

b0028299_22102463.jpg
画像左端のひときわ大きな実を採り、可食部がどれほどあるか測ってみました。普通の実は果重6-8グラム程度ですが、この実は15グラムありました。皮を剥いて食べ、まず皮の重さを測ります。2グラムありました。次に種、4グラム。15-6で、この実は9グラムも食べるところがありました。四季なりジャボチカバとしては特大の部類に入ります。普通大きな実には種が3個、ときには4個も入っていますが、この実には2個しか入っていませんでした。(これはもう蒔くしかありません!可食部の多いタイプができるかもしれません)ちなみに糖度は14.5度と少し低めでしたが、食味は悪くはありません。食べた後で気がついたのですが、直径を測るのを忘れました。
普通の大きさの実も可食部の重さを出してみました。
8(果重)-4(皮・種)=4(可食部)グラム
8-5=3グラム
7-4=3グラム
7-5=2グラム
こんな結果が出ました。もう少し種が小さいといいのですが・・・。今後、可食部の多い系統を探していく必要があります。(代表)
by mgarden2 | 2005-09-21 22:29 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

ジャボチカバのケーキ作りました。



2週間前に仕込んだジャボチカバの砂糖漬けが仕上がったので
それをフルーツケーキの素材として利用してみました。
ジャボチカバの砂糖漬けの他にバナナやラム酒漬けのドライフルーツ、
そしてアーモンドパウダー等を生地に練りこんで焼き上げました。

先ずは代表が焼きたてを毒味しました。
試食用を一カット、口に入れてあげたら
「あぢぢっ~~~!」
熱くて味がよくわからなかったそうです。。
今夜一晩寝かせてまた食べてもらおうと思います。

カウンタープレゼント用にもまた作りますので、
「食べてやるぞ」という有志の方、キリ番を狙ってみて下さい。

MGarden(AYA)
by mgarden2 | 2005-09-06 20:31 | Cafe Jaboticaba | Comments(1)

脱皮

b0028299_1927374.jpg「ジャボチカバの幹の皮が剥けるけれども大丈夫だろうか?」という問い合わせがありましたので、急遽画像アップです。実はジャボチカバは生長して幹や枝がある程度太くなると、皮が剥けるようになります。けっこう派手に剥けます。古い皮が剥がれ落ち新しい樹皮が現れた様子は、サルスベリに少し似ています。樹皮が薄く剥けるようになると、蕾がつくのも時間の問題です。と言ってもこれは四季なり種(大葉系)の話しで、中葉系(アッスー)や小葉系は皮が剥けてきても花を咲かせるまでにはあと何年かかかります。ジャボチカバの樹皮が剥がれるのは正常なことで、もうすぐ花が咲くというサインですから、安心して見守って下さい。(代表)
by mgarden2 | 2005-08-22 19:50 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

花を食べるコガネムシ

b0028299_2224855.jpg今年はどういうわけか春に花を咲かせてくれなかった小葉系ジャボチカバ。木が若いうちは実のなりが安定しないと師匠に教わりました。今になって蕾をつけた株がちらほら。そのうちの一本が今日満開になりました。コガネムシはジャボチカバの葉(新芽、硬化した葉とも)、実、花、全て食べますが、とくに実が好きなようです。(代表)
by mgarden2 | 2005-06-23 22:23 | Cafe Jaboticaba | Comments(2)

初めて食べた中葉系ジャボチカバ

b0028299_20618100.jpg
今日、鹿児島の師匠よりジャボチカバの実が送られてきました。初めて見るアッスー(中葉系)の実。大きいです!ちょっと測ってみました。小葉系の実、直径25ミリ前後、果重8グラム前後。それに比べアッスー(画像左)は直径30~35ミリ、果重は20グラム前後。糖度は13~14度で小葉系に比べ低く、熟度によっては酸もかなりあります。種は小さいものが3個前後。食味自体は小葉系にかないませんが、そのインパクトと言ったらかなりのものです。アッスーの苗は当園にも何本かありますが、実をならせてくれるのはまだまだ先のことでしょう。一本の木で年間どの程度の量を収穫できるのでしょう?礼がてら師匠に電話をして聞いてみます。(代表)
by mgarden2 | 2005-06-10 20:24 | Cafe Jaboticaba | Comments(4)

しなびたジャボチカバ

b0028299_195896.jpg
画像は鉢植えの二年生のジャボチカバです。本体の割りに鉢が小さいので、一日水をあげないだけでしなびてしまいます。硬化した葉までふにゃっとして下を向いています。この程度のしなび方なら、水をあげれば回復しますが、あまりにも長時間水をあげないでいると、当たり前ですが枯死します。(代表)
by mgarden2 | 2005-05-30 20:01 | Cafe Jaboticaba | Comments(10)

ダンゴムシによる被害

b0028299_21514372.jpg
今朝ハウスに入ってみると、昨日以上にジャボチカバの幼果が落ちていました。ダンゴムシの子供も何匹か幹についています。実を食べるのではなく、軸を食べてしまうので実が落ちてしまいます。昨日載せた画像の株とその周りが特に被害が多く出ています。あまりの高温にさらしたりして木にストレスを与えても、幼果が落ちる場合がありますが、今回のものはダンゴムシの仕業のようです。大きくなったダンゴムシはあまり木に登りませんが、子供の間はよく木登りをしています。もう少し様子を見て、さらに被害が多きくなるようなら、粘着テープなどで木登りを阻止した方がよさそうです。(代表)
by mgarden2 | 2005-04-12 22:03 | Cafe Jaboticaba | Comments(6)