カテゴリ:茶( 363 )

秋のお茶のならし終了!

2番茶を収穫した後の、夏の間に伸びた茶の穂をようやく刈り終えました。

b0028299_21193661.jpg
作業を終えて汗を拭いている代表


お茶刈を始める時には
毎回機械に付属する紐をひっぱってエンジンをかけますが、
先日、作業中に紐を収納している蓋のネジが
どこかに飛んでしまいそのままにしていたので
うっかり片手で紐を引っ張ったらエンジンはかからずに
「バッコーン~!」と蓋が外れてしまいました。

農機具も購入後は年ごとに減価償却していき
備忘価額として未償却残高が1円を残すまで計算するそうですが
古くなって壊れかけた茶刈機同様、
私ももうお嫁に来て30年近く経つので価額はすでに一円に?

なにはともあれ来年の整枝作業までに
エンジン始動用のネジは止めておかないといけません。







by mgarden2 | 2017-11-07 22:17 | | Comments(0)

草取り終了

暑い日が戻ってきました。
草はよく枯れるけど暑い暑い!
b0028299_21073647.jpg
山の茶園。
畝間から草がぼうぼうなんて場所もありましたが、数日間の格闘の成果でこの通りお茶しか見えない!
b0028299_21094410.jpg
午後、ビニールハウス前の茶園でタマムシの死骸発見。
どうするわけでもないけれど拾ってみる私。
しばし眺めまた土の上へ。(代表)

by mgarden2 | 2017-08-23 21:15 |

2番茶終了!

6月20日から始まった2番茶の収穫がようやく終わりました。
b0028299_21130348.jpg
2番茶を刈り終えた茶園

収穫中に<仕事はもうイヤダイヤダ~!>って、
ふて腐れて、このお茶刈機は何度か故障しました。
機械が2台あるので修理をしてなだめつつ、
共に17日間茶畑で働きました。
お茶刈機も、茶袋もお疲れさまでした。

b0028299_21134237.jpg
茶畑には急な斜面がいくつかあり、写真は清水沢という場所の茶畑
きつそうな足場ですがここまでくるとお茶刈ももうひと踏ん張りです。
何年も前にこの沢でムササビが飛ぶのを見て
また会えるかなぁ、と愉しみにしていますが全く再会の兆しがありません。


b0028299_21161957.jpg
刈り取ってきた茶葉を茶工場に入れたところ
給葉機に茶葉を送り込むのは手動です。

b0028299_21170298.jpg
茶葉コンテナから茶葉を計量籠に入れたところ
急いで夕飯を食べまた茶工場へ

日中暑くて体が動けなくなった時はちょっとゴロンと横になり
裏庭の向日葵に元気をもらってお茶刈に。
b0028299_21175064.jpg

代表の父母が工場を見てくれるので大助かりです。
夫婦二人でお茶刈~加工までしている茶農家もいると思いますが
頭が下がります。




今日は七夕

先日、親戚の農家の大先輩が天国へ旅立ちました。
農業一筋でとても美味しい物を作る方でした。
本当に惜しい方を亡くしたな・・・と
これからも農作業のたびに思い出すに違いありません。
弔いの言葉を認めて今年はひっそりと行事を終えました。
b0028299_21181621.jpg
笹の下の小包は昨夜仕上げて梱包した荒茶

お盆が近くなると我が家の中には毎年決まってトンボが舞い込んできます。
昨夜もオニヤンマが居間に入ってきてバタバタとしていました。
外へ出そうとしてもなかなか出ていこうとしないので
これは相当この家に思い入れのある先祖の魂が宿っているんだと思いました。


b0028299_21183950.jpg
今日は茶袋の上でしばらくバッタ君と話をしました。


明日からは2番茶のお礼肥えや消毒
夏場の草取りなどが主な作業です。
お茶の仕事は年末まで、エンドレスで続きます。





by mgarden2 | 2017-07-07 22:22 | | Comments(0)

2番茶が始まりました


今週から2番茶の収穫が始まりました。
今年は空梅雨で農家も一雨欲しいところですが
梅雨の晴れ間を利用して順々に機械作業を進めています。
b0028299_21010378.jpg

今日は刈り取り作業中にトンボがくるりとやってきて、
代表の指に止まりました。
このトンボ、人懐っこいのか、モデルの素質があるのか、
しばらくじっと澄ましていたので
ツーショットを撮りました。
b0028299_21033417.jpg
ほんのちょっと前には畑でダニに刺された代表、
「俺のところにくっついてくるのはいつも虫だけだ。
美女はやってこないなぁ。」と嘆いていたので

「そのトンボはこの畑一番の美人トンボだよ。」

と励ましました。



件のトンボ
b0028299_21040959.jpg
茶の上で気持ちよさそう

帰宅して昆虫図鑑で名前を調べてみたら
クロサナエ というトンボのようです。
”サナエちゃん”
ベッピンさんに多い名前だと思いませんか。

注:トンボのメスには副性器はなく、
腹の下は真っ平ら。
また、メスの尾の先には付属器がない。

ということで
写真から性別はわかりませんでした。

もしかするとオスのサナエちゃんだったかも。。。
 

b0028299_21043243.jpg
茶園の横では今年もホタルブクロが軽やかに咲いています。


お茶の収穫~集荷~加工作業は体力がいる仕事ですが
畑の昆虫や植物達の声援を期待しながら、
2番茶も頑張ります。








by mgarden2 | 2017-06-20 22:11 | | Comments(0)

1番茶終了!明日から発送します。

今年の一番茶の収穫がようやく終わりました。
b0028299_20303578.jpg
お茶を刈り終えて代表がお茶刈り機を片付けているところです。

b0028299_20305199.jpg
今日は今年もお世話になった茶刈袋をクローズアップしてみました。
袋の表面はお茶を刈る際に機械から茶袋に送られてくる風が
袋の外に抜けるようメッシュになっています。

この袋もかなり年季が入っていて(30年ぐらい経つかな?)
母が繁忙期の合間に破れた個所を繕ったり括ったり
修繕してくれ使まわしています。

b0028299_20310998.jpg
茶葉を生葉コンテナ(180kg収容)に入れたところです。
この後、茶工場で荒茶まで加工し
製茶問屋で茶の粉や茎をきれいに取って火入れをしてもらった後、
別の専門店で窒素充填包装をしてもらいようやく商品になります。
b0028299_20314432.jpg
今日仕上がった今年の新茶

今年のお茶はまだかまだか。と、電話での問い合わせも何件かいただき
ご心配をおかけして申し訳ありません。


今日の夕方ようやく商品が仕上がってきました。
(写真は100g入り)
お茶の注文をいただいているお客様、明日から順次発送を致します。




by mgarden2 | 2017-05-24 21:12 | | Comments(0)

お茶刈り終盤戦

5月中旬に入り、静岡の茶産地では早い所は収穫シーズンを終えてきたようです。
当園でも去年は13日にお茶刈を終えましたが今年は天候の影響で
1週間ほど収穫時期が遅れています。
お茶の注文を頂いている皆様、お届けはもうしばらくお待ちください。


b0028299_19132044.jpg

お茶の収穫というと初夏の日差しの汗ばむ陽気の下で
作業をする光景を思い描く方が多いかもしれません。
けれどもお茶にとっては今日のような曇り空の方が
茶葉が葉焼けを起こしにくく良いお茶に加工できるのです。

b0028299_19134272.jpg
茶を刈り終えた後は茶袋を縛って鉄線で農道まで荷を降ろします。

b0028299_19140476.jpg
写真は精揉機に入った茶葉
今日も良いお茶が出来てます。


今日のお土産は。。。
な~んと!
左右で星の色が違うテントウムシ!
b0028299_19175033.jpg
今までに赤い星二つ、黄褐色の星二つのナミテントウを
見かけたことはありましたがダブルカラーは初めてです。

茶葉の上でこんな風に死んだふりをしているのも可愛らしい^^



by mgarden2 | 2017-05-17 19:54 | | Comments(0)

新茶が出来ました


ようやく今年の一番茶が摘み頃を迎えました。
連日、家族総出でお茶摘みに励んでいます。
b0028299_20323827.jpg

朝日を浴びた葉は、葉脈までもはっきりと透き通っていて
まばゆいばかり。それはそれは美しいのです。

b0028299_20324973.jpg
今日は親戚もGW返上でお茶摘みの手伝いに来てくれました。

b0028299_20330655.jpg
この方も何気に応援に・・・^^

b0028299_20343012.jpg
さきほど茶工場で仕上がった今年の手摘み茶

b0028299_20344955.jpg
爽やかな新茶の香り
とても美味しく仕上がりました。

まだまだ茶摘みは続きます。


by mgarden2 | 2017-05-03 20:52 | | Comments(0)

秋冬番茶終盤

ひたすら番茶収穫の日々が続いています。
朝はどんよりとした雲に覆われていた茶畑も
午後から青空が出てきて、
刈り取ったお茶が日に焼ける事無く
今週は順調に作業が進んでいます。

b0028299_22181510.jpg


一日茶畑と空を眺めて過ごしました。
美しい雲だったので美しい詩を口ずさみながら。

「白い雲」

おお見よ、白い雲はまた
忘れられた美しい歌の
かすかなメロディーのように
青い空をかなたへ漂っていく

長い旅路にあって
さすらいの悲しみと喜びを
味わいつくしたものでなければ
あの雲の心はわからない

私は、太陽や海や風のように
白いもの、定めないものが好きだ
それは、ふるさとを離れたさすらい人の
姉妹であり天使であるのだから

     ー ヘルマン・ヘッセ ー

b0028299_22184247.jpg


b0028299_22185966.jpg

あの雲の白い粒粒の一つ一つが、
もしかしたら遠い昔、
この山の茶園の葉から沸き上がったものだとしたら?

そんなことを考えていたらワクワクしてしまうのでした。(へ_へ)

お茶刈りはあと数日続きます。
by mgarden2 | 2016-10-12 22:34 | | Comments(0)

分け入って 分け入っても 茶

八十八夜が過ぎて我が家の一番茶も収穫期中盤に入りました。
写真は一番茶収穫中の茶園


b0028299_2146774.jpg

朝日が昇り始める茶園の様子
静かな山里に茶刈機の音だけが響き渡っています。


b0028299_222227.jpg

順調に生育している茶葉。

b0028299_22321.jpg

刈り終えた茶園

b0028299_2242520.jpg

これから刈る茶園
先はまだ長い

b0028299_2252989.jpg

昨日は縁あって静岡県立大学の学生さんがお茶刈りの
手伝いに来てくれました。
茶袋を縛っているオレンジの彼は、
今は研究室で実験三昧の毎日。
子供の頃はボーイスカウトに所属していてアウトドアの作業も
ラクラクとこなすという文武両道派です。
(K君、T君どうも有難う!お陰で助かったよ!)

高齢化や人手不足が進む県の茶農家に、
彼らのような若い人材が手伝いに来られる
システムがあると一極集中の収穫期に助かるのでは、、
と感じました。


b0028299_22232761.jpg

今日の茶園

拙い写真と文章では生の茶畑の様子をお伝え出来ないのが
残念です。


b0028299_22251741.jpg

妹夫婦も休日返上で茶刈りのてんだいに来てくれました。
(いつもいつも、有難うございます!)


b0028299_2343535.jpg

刈り終えた茶葉を茶工場に運んでいたら山から
バッタもついて来てしまいました

「飛べ!バッタ君!」
そう言ったら・・・
b0028299_2236381.jpg

この後、バタバタと茶工場の外へ飛んで逃げて行きました。
以心伝心?(へ_へ)

春の小さな命一つ、失わなくて良かったです。

一番茶の収穫はまだまだ続きます。
by mgarden2 | 2016-05-04 22:59 | | Comments(0)

秋が来た!

こんばんは!AYAです。

皆さんはどんなモノに秋を感じますか?
日本に住む人なら秋を感じる受容体のようなものが
それぞれ備わっているように思うのですが、
私が「秋が来た!」と大きく感じるのが
魚粕と菜種粕のぷんぷん漂うこの肥料の匂いです。

b0028299_1921462.jpg

茶園用の肥料  有機分たっぷり!

毎年秋と春には物干場下のガレージにこれらの肥料袋が山積みになるので
朝の清々しい時間帯から芳しい、肥料の匂いに包まれます。

肥料を撒き終えるとまた頭から服から肥料まみれになっているので
一日中肥料の匂いが身体に纏わりつきます。
けれどもけっして嫌なにおいではありません。

b0028299_19223994.jpg

初夏から咲き続けてきた青色の露草は
秋の季語にふさわしく青い空の色に負けじと花を開いています。

赤紫の葛の花も藪の合間に姿を見せ始めました。

青や赤の野の花と、
ばらけた無数の茶の穂の間に撒かれた肥料の匂いと、
遠くなった空が、
私が秋が来たと感じる時です。
by mgarden2 | 2015-09-10 20:15 | | Comments(0)