カテゴリ:ジャボチカバ加工( 136 )

ジャボチカバの草木染め

毎週カフェメニューで出しているジャボチカバのジュースとフルーツティ。
ジュースを絞った後の皮を何か生活に役立つ小物に利用できないかなぁ、、
ジャボチカバは色がとても綺麗なのでこれで布を染めてみたら
いい色に仕上がるのでは。。。そう思い続けていました。

今月の初め、農園のお客さんのご縁で静岡市内で草木染めをしている方と知り合い、
試作をお願いしたところ快く引き受けてくだり、想像以上の素敵な作品が出来ました。
b0028299_19330030.jpg
ジャボチカバの皮で染めたドイリーとクロス(色紡さん作)

ジャボチカバの皮で染めた色がこんな色になるなんて
な~んて素敵なんでしょう!
ドイリーも手編みとのことで
手作りの温かみが伝わって感激です。

色紡さんは静岡市在住の子育て真っ最中のお母さん。
カラーセラピーと布ナプキンの製作をされています。
乳癌手術後のブレストケア用パッドも作られていて
忙しい中女性の視点に立って活動されている姿勢が素晴らしいです。

活動の様子、そしてジャボチカバ草木染の様子も
ブログで紹介してくれるそうですので是非ご覧下さい。
カラーセラピーと布ナプキン『色紡~irotumugi~』



 



b0028299_19375030.jpg
ジャボチカバジュースを絞った後の皮を天日干し中の様子



※今週末のカフェ営業で写真のジャボチカバ染めを展示しますので
来園予定の方、手に取ってご覧になってくださいね。







by mgarden2 | 2017-03-21 20:46 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

明後日摘み取り出来ます

明後日 ジャボチカバ四季なりジャボチカバの摘み取りが出来ます。
そんなに沢山はなっていませんが来園者分ぐらいの実はポコポコとなってきています。
b0028299_22454494.jpg

今日のジャボチカバ


b0028299_2246670.jpg

小さい実を中心に2キロ加工用に収穫しました。
これで20杯弱のジャボチカバティが作れます。

皮は一度湯通ししてレモン汁でマリネしています。
カフェメニューでクルミと一緒に人参サラダに使ってみます。
他のカフェメニュー・・・
ピーマンは今週で収穫が終わり。
肉詰めピーマン、、小っちゃいので一口サイズですが
農園サンドセットに付きます。
農園のシイタケ入り♪

ジャボチカバスィーツは
今週はタルト・ジャムバタサンドベーグル・ジェラートの3種類です。

皆様のお越しをお待ちしています!
by mgarden2 | 2016-11-25 22:58 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

手作り無添加ジャム 好評です

今日は各地でイベントが開かれお出かけされた方も多かったようですね。
農園カフェは毎週がイベントです。
遠方から家族連れが摘み取り体験を楽しんだり、
午後からはのんびりと飲食やおしゃべりを楽しまれる方もいて
イベントの秘境?に来ていただき
どうもありがとうございました。


b0028299_20573595.jpg

今日一番人気だったのは手作りの無添加ジャムです。
ジャボチカバ加工の土産の中では長期に渡ってジャムが一番売れていますが
さっぱりとした甘さに仕上げた今回のジャムはマダム達に人気でした。

次に人気なのがバナナとジャボチカバのシフォンケーキおよびラスクです。
試食を出しながら販売すると軽くて美味しい。と
買われていきます。

けれども、ジャボチカバのパウンドケーキは、
試食を出してもイチジクの味が強すぎるのか
お酒の味でジャボチカバがいかされないのか
ジャボチカバの加工品としては不評のようでした。

パウンドケーキの売れ行き不調の様子をみていて
個人が経営しているニッチなカフェでは
「ここに来たらコレ」
という商品をいつもお出しできるよう準備しておくことが
大切だと気づかされました。
それは値段や外見のよしあしでなく、
「らしさ」や「思い」が伝わる商品かということなのです。
お客さんは、本当にいろいろと見ています。
そして作り手に誠の心があるかが試されているのだと思います。

カフェメニューでは定番の農園サンドの他
毎年人気の「里芋ポタージュ」が今年も好評です。
先週まではアクセントとして
カリカリベーコンをポタージュの上にのせていましたが
今週からはベーコンはやめて添加物を一切使用しない
スープになっています。

ジャボチカバジュース、フルーツティは最後の一杯で
ちょうど在庫がなくなりました。
いつも楽しみに来てくれる方がいて嬉しいです。


来週から早生みかんの直売を始めます。
風邪も流行ってきているようです。
試食もやりますのでビタミンの補給に是非食べに来てくださいね。

それではまた一週間頑張りましょう!
by mgarden2 | 2016-10-16 22:10 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

ジャボチカバソースがけジェラート 

今週末(10/2)はジャボチカバの実が少なく摘み取り体験はありません。
彼岸を過ぎて過ごしやすくなってきたので
緑の中でゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

今週のお勧め!
b0028299_22295350.jpg

ジャボチカバソースジェラート 350円(税込)
スタンダードなミルク味と低糖ミルクの2種類から選べます。
ソースは写真よりももうちょっとたっぷりかかっています。

先週に引き続きミニサイズでダブル(400円)もあります。

ジャボチカバパンのランチもあります。
 <今月の軽食セット>
 農園バゲットサンド
 里芋のポタージュ
 チキンサラダ 
 キノコのマリネ(好評につき10月も作ります)
 お好きなドリンク(ジャボチカバジュースLサイズを除く)
 ジャボチカバミニスィーツ 1品
 (シフォンケーキ レアチーズケーキ ベイクドチーズケーキ ジェラートの中からお一つ)


b0028299_22301047.jpg

ポタージュに使用する畑の里芋の様子
今年は雨が多かったためか里芋がよく育ちました。
里芋の手前に見えるのは補植用の早生みかん苗です。

皆様のお越しをお待ちしています!
by mgarden2 | 2016-09-30 23:14 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

ジャボチカバソースを作りました

先週末、料理の勉強している娘と一緒に
ジャボチカバソースを作りました。
b0028299_2141792.jpg

赤ワインとブイヨン、バター、玉ねぎ摩り下ろしにハーブを加え煮詰めたものに
ジャボチカバを入れて煮詰めたソースですよ。
ジャボチカバの酸味や風味も感じられて
美味しい脇役が出来ました。

先週日曜日のカフェでは
無添加の自家製鳥ハムにジャボチカバソースを添えて
提供させていただきました。
b0028299_2153074.jpg

写真は農園プレートセット

来週のカフェメニューでもジャボチカバソースやジャボチカバジュース、
ジンジャーエール、ジャボチカバ入り農園サンドのセットなど予定しています。


今日は静岡県富士農林事務所管内の
富士地域生活研究会会員が視察研修会で
西川農園に来てくれました。
圃場の視察、農園の取り組み説明の後
上画像同様の農園ランチを召し上がっていただきました。
富士地区は野菜・果樹・酪農そしてそばも名物ということで
農家間の情報交換も出来ました。

視察受け入れにあたって手伝いを引き受けていただいた
県の担当者さま、農家の友人にも感謝です。
by mgarden2 | 2016-09-06 21:40 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

31日のカフェのお知らせ ~ジャボチカバジンジャーエール登場~

7月31日(日)の摘み取り&カフェのお知らせです。

先週たくさんの方に摘み取ってもらったジャボチカバ。
その日はほとんど無くなってしまいましたが
今週になってまたジャボチカバの実が熟してきました。
ネバーギブアップのジャボチカバです!
あまり多くはありませんが今週も試食と摘み取り体験できます。
なくなり次第終了になります。

ハウスの外ではブルーベリー摘み取り体験も出来ます。
長袖・長ズボン・帽子着用でお願いします。
お問合せ
090-7605-3491(西川農園代表)

暑くなってきて今年是非作ってみたいと思っていたドリンク
試作をしたところ生姜がぴりっと効いて美味しいです。
b0028299_20212847.jpg

ジャボチカバのジンジャーエール

静岡市久能地区は古くからイチゴと共に生姜の産地で
先日、縁あって久能生姜の生産者の方から根ショウガを譲っていただきました。


b0028299_20221415.jpg

ハウスの中は出荷最盛期の葉生姜が青々と茂っていました。

b0028299_2023073.jpg

今回ジンジャーエールに使う部分は生姜の根です。
ジャボチカバジュースを絞った後の皮を再利用して
甜菜糖と一緒に煮詰めました。

b0028299_20232747.jpg


ピリッとした生姜とジャボチカバの綺麗な色と
炭酸のシュワシュワ感がこの時期にぴったり。
ジンジャーエールを飲んだ後は身体がポカポカして
汗がじんわりと出てきます。
夏の冷えやむくみに無添加のドリンクはいかがですか^^

他にはマンゴープリン、農園サンデー、
ジャボチカバのジュース、パンナコッタ、シャーベット。
ジャボチカバパンの軽食セット(ポテトサラダ付き400円)
そしてベイクドチーズケーキも今週特別に作ります。

皆様のお越しをお待ちしています!
by mgarden2 | 2016-07-29 21:04 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

ジャボちゃん

b0028299_23425401.jpg

ジャボチカバの種を半分にカットすると
時々こんな断面が出てきて愉しくなります。
マスコットみたいなのでジャボちゃんと
呼んでいます。
b0028299_23435096.jpg

種と皮を分けてジュースを搾ると皮が残ります。

b0028299_23442555.jpg
先週は天然酵母のグリッシーニにジャボチカバの皮を
練り込んでみました。
焼くと味は飛んでしまいますが
グリッシーニの味を邪魔しない美味しい
おつまみになります。
b0028299_23450249.jpg
摘み取ったジャボチカバは無農薬栽培ですので
安心して皮も彩りとして使えますよ。

by mgarden2 | 2016-07-27 23:41 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

明日のカフェジャボチカバ~スムージー改めシャーベット~

各地で急などしゃぶりがあったり落雷があったり
不安定な天気が続いていますね。
農園では天気の様子を伺いながらも
2番茶収穫終盤に来ています。

明日はいつも通り農園カフェ営業します。
b0028299_18532063.jpg

ジャボチカバのスムージーを出す予定で、いろいろと試作をしてみましたが、
出来上がった感じがシャーベットのようなので
”ジャボチカバシャーベット”でお出しします。
シャーベットの上にオレンジ系のリキュールを一振りしたら
農園メニューがグレードアップしました。^^

b0028299_18535716.jpg

暑くなってきたのでのど越しの良いゼリーも作ってみました。

b0028299_18541355.jpg

ケーキ・スコーン・季節のフルーツセットプレートもあります。

パンは焼きビーフカレーパンミニピクルス付き
限定17個があります。←今から仕込みます

b0028299_18543714.jpg

四季なりジャボチカバは実を沢山つけていますが
アリやダンゴムシの害があるので虫が苦手な方は摘み取り体験よりも
お土産カップがお勧めです。

好評の冷茶サービスもあります。
皆様のお越しをお待ちしています!
by mgarden2 | 2016-06-25 19:14 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

ジャボチカバのジャムを使用したゼリー

昨日書いたお客様からの嬉しい話。
というのは、
購入したジャムでゼリーを作られたと写真付きのメッセージを頂いたのです。

b0028299_2058111.jpg

とても綺麗で美味しそうなゼリーだと思いませんか。
70g入りのジャムで250gのゼリーを作ることが出来るそうです。
sさま、レシピ紹介を有難うございます。

レシピを聞いて私も今日のおやつに早速ジャボチカバゼリーを作ってみました。

b0028299_21105465.jpg

同じゼラチンを使ったのですが私のゼリーは紫芋羊羹もどきのような色になりました。
味の方はジャボチカバの風味と皮のつぶつぶ感が美味しく
つるんとしたのど越しで家人+お茶刈ボランティアスタッフからは好評でした。
今までアガーで固めたジャボチカバゼリーは作っていましたが、
ゼラチンを煮溶かしたゼリーは食感が良いことと、
砂糖を足さなくともうまく固まるので
甘すぎないゼリーが出来ます。

ジャボチカバジャム1瓶で2~3人分のゼリーが楽しめます。

これからの季節に夏休みの親子クッキングや、
いつものお客様へ目先の変わった
手作りお菓子を作られるのも楽しそうです。
by mgarden2 | 2016-06-14 21:28 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)

ちょっと驚きました

先週出したジャボチカバのビスコッティは
試食を出してみましたが、お客さんの反応が良くなくて
結構売れ残ってしまいました。
ラベル・値段負け?
再検討してみます。

一方、お客さんがよく買ってくれるお菓子もあります。
特にブラジルのお客さんがよくまとめ買いで買っていかれるので理由を尋ねてみたところ、ブラジルにも形は違うが同じような味のお菓子があるとのこと。
故郷のお菓子を懐かしく思い、買って行かれることがわかりました。

お客さんにポルトガル語で何というのか綴りを書いていただきました。
b0028299_19453736.jpg


SUSPIRO
というのだそうです。
どんなお菓子だろうとワクワクしながら
早速インターネットで調べてみたら、
な~んと、メレンゲ菓子のことでした。

そのお菓子というのは・・・
b0028299_19455252.jpg

ジャボチカバのシフォンラスク

シフォンケーキを日持ちさせるためにラスクにしたもので
焼きメレンゲを塗ってジャボチカバのお花をイメージしています。

お土産に買うものというのは、
美味しさや外観、日持ちや値段など、いろいろな要素の中から
購入する人が選択をして、
旅行先の思い出を自他と共有したかったり
新たに発見したこと、感動したことを知らせたかったり、
メッセージ性のあるものが選ばれやすいのだと思いました。

話は農家の小さな話から大きく飛躍してしまいますが、
先日、農業新聞の一面に2008年洞爺湖サミットで料理を提供した
中道博シェフが紹介されていました。
シェフのメッセージの中で


農産物や農村の魅力を伝えるには、
住む人、作る農家がまず自ら
価値を見出せるかどうか。
何にでも光る価値が一つはある。
どれだけ覚悟と謙虚さを持って、
その価値を深堀りしていけるかが問われている。


と、常に物の本質と向き合っている方の言葉に
深く感銘を受けました。

お土産やメニューを考える時に、
自分の好きなものを商品にも求めがちですが、
まだまだジャボチカバの魅力を十分に理解できていないし
今回のお客さんのように心に響くもの、響かないものがあり、
利他の視点に立って商品を作らなけれ先細りしてしまいます。
悩みは尽きませんが、黒真珠の果実の名にふさわしく、
磨きをかけ続けていきます。
またお立ち寄りいただけたら嬉しいです。
by mgarden2 | 2016-05-25 20:54 | ジャボチカバ加工 | Comments(0)