カテゴリ:外遊録( 78 )

食と植めぐり ④ 最終回

NHKのオイコノミアを見て知った代々木VILLAGE。
そこにジャボチカバが植えられているというのも行きたい理由のひとつでしたが、何よりもプラントハンターの西畠清順氏が植栽をプロデュースしているというのが私にとっては最大の吸引力。
夢叶いついにその空間に立つことができました。

埼玉から代々木に行くのは簡単なはずなのに、首都高を下りてから迷いに迷い(ナビが悪いのかそれとも使い方が悪いのか?)やっとのことで代々木にたどり着いたもののまだ迷う。
b0028299_20591293.jpg
着いたときにはお昼をとっくに回ってしまってお腹が空ききっていたので先ずは食事を。
代々木VILLAGEにはコンテナを改造して作られたおしゃれな店舗が並んでいて、どのお店も都会的センスでまとめられています。
b0028299_20561563.jpg
入り口は自己主張がそれほど強くない代々木VILLAGE。
お上りさん風に記念撮影。
b0028299_21124895.jpg
食事のあとはメインイベント西畠氏の集めた個性的な植物が植え込まれた庭の散策。
ボトルツリーのこの重量感、たまりません!
(Facebookに間違えてバオバブと書いてしまいました。失礼しました)
b0028299_21250321.jpg
触るなとは書いてないので思いっきりなでなでします。
b0028299_21263390.jpg
こんなに寒くなったというのにアジサイが枝をしならせていて、花の少ない庭に彩を添えていました。
b0028299_21295982.jpg
こんな名前でした。
b0028299_21305592.jpg
コンテナハウスの中にはパン屋もあります。
商品開発の参考にするためにいろいろ買いこみました。
b0028299_21355863.jpg
二階の紅茶のお店にはバオバブの果肉を練り込んで作ったチーズケーキがあります。
この初めて見るバオバブチーズケーキ、異国情緒あふれる味かと思いきや、優しくまろやかでどちらかと言えば和(?)な風味でした。
店の中もいいけれど植物がすぐそこにある外が気持ちいいので外の席に掛けスマホをいじっていたら、目の前30センチのところにある大事なケーキの一口目をスズメに奪われてしまいました。
手で追い払っても執拗につきまとう都会のグルメスズメ恐るべし。
スズメと駐車料金はさて置き、都会のど真ん中にこんな素敵な空間があるなんて!
最近東京から離れていましたが、代々木VILLAGEを歩いている間に気持ちが少し変わりました。

二日間で見て食べて聞いて摂り込んだものと手にした数々のヒントを如何に活用していくか、旅の終わりに新たなスタートを予感するこのわくわく感はたまりません。(代表)



by mgarden2 | 2017-12-01 22:28 | 外遊録 | Comments(0)

食と植めぐり③~埼玉 フローラ黒田園芸さん

2日目、朝一番でさいたま市のフローラ黒田園芸へ向かいました。

黒田健太郎さんは雑誌連載や本の執筆、ブログ発信もされているので
園芸をされる方ならご存知の方も多いと思います。



b0028299_21140356.jpg
店舗の外観
店の内外には至る所にシックで上品な
寄せ植えやハンギングバスケットが飾られています。

b0028299_21141822.jpg
入口では季節のパンジー・ビオラ、プリムラ等がお客さんの
足が止まるのを待っていました^^

b0028299_21274216.jpg
枕木の通路の奥にはバスストップを模した小屋とベンチが・・・
夢のような通路です



b0028299_21143485.jpg
アンティークな小屋
農家の納屋を思わせます。
b0028299_21144973.jpg
田舎をイメージして建てられた小屋は
どこか懐かしいイメージ
b0028299_21150478.jpg
ショップの中は薪ストーブの火が点いていて
暖をとれます
b0028299_21151359.jpg
クリスマスシーズンを迎えるディスプレー

b0028299_21152524.jpg
ショップで黒田さんの著書を購入しました。
お願いして黒田さんの直筆サインももらいました。

庭造りのヒントが沢山詰まった内容です。
(西川農園のカフェコーナーにも置きますので
ゆっくりとご覧になって下さい)


苗や小物の使い方など尋ねると
スタッフの皆さん対応が爽やかで丁寧。
とても気持ちの良いお店でした。

黒田園芸さんの細やかな園芸手法を学んで
西川農園も面目一新・・・なるかな??


to be continued・・・・














by mgarden2 | 2017-11-30 22:14 | 外遊録 | Comments(0)

食と植めぐり ②

STAND BY FARMで食べ過ぎて重たいお腹をかかえ再度首都高へ。
目指すは千葉市。
大人から子供まで全ての人が植物を愉しむためのガーデンセンターを目指す「the Farm UNIVERSAL」。
先日書店をぶらぶらしていて何気なく手にした雑誌で知りました。
b0028299_23551851.jpg
いきなり店の裏庭からすみません。
オリーブの古木がどーん。
店の内外あちこちに大小様々な見ていて飽きない植物があふれています。
b0028299_23583114.jpg
店内には植物の他に園芸用品やBOOKコーナーも。
私の横の木はお値段28萬円のジャボチカバ。
b0028299_00031635.jpg
植物を見ているだけでは飽きてしまう子供もいますね。
そんなときは矢印の先へ。
b0028299_00054505.jpg
木で作られた魚(=木魚)の下で子供みたいに喜んでいる人。
店舗の外にはこんなハウスが2棟。
「おとなのあそびば」ってとこでしょうか。
b0028299_00082363.jpg
写真を撮りまくったりやたらと店員をつかまえてはあれこれ質問をしたりしていたらあっという間に夜。
暗くなったら急に客がひいてなんだか寂しい感じに、でもまだ帰るわけにはいきません。
b0028299_00134385.jpg
店舗内にある緑あふれるカフェ「FARMER'S KITCHEN」で夕食。
b0028299_00210203.jpg
マイルドな味のサバコロッケバーガー。

またまたお腹がいっぱいになってしまいましたが再度高速へ。
一日目の最終目的地、埼玉県大宮市の温泉付きホテルへ向かいます。
※温泉付きと言ってもリゾート系ではなく夕食も付かないいわゆるビジネスホテルです。

明日さつづく。(代表)


by mgarden2 | 2017-11-30 00:41 | 外遊録 | Comments(0)

食と植めぐり ①


箱根を越えて前々から友人知人のお勧めや
雑誌、インターネットなどで気になっていた場所、
4カ所を代表と二人、2日間で回ってきました。

b0028299_20381142.jpg
久しぶりの東名高速

由比を過ぎた地点から眺める富士山が爽やか

スマホの怪しい迷路ナビを頼りに
最初にたどり着いたのがこちら


b0028299_20393233.jpg
渋谷の中心街から奥に入った松濤のビルの一角

b0028299_20400894.jpg
自社農園の無農薬野菜を毎日仕入れて
いろんな形でこちらのレストランで消費者に提供しているそうです。
(農場は固定種、無農薬無化学肥料にこだわった栽培)
b0028299_20403984.jpg
お冷はデトックスウォーター
b0028299_20410181.jpg
温泉卵キーマカレー ケールのサラダと揚げ野菜スープ付

ケールはもっと苦いと思っていましたが
パクパク食べられました。
画像真ん中のアスパラガスのような野菜は
ケールの茎をブイヨンで煮た後揚げたもの
塩が効いていて美味しいです。


b0028299_20423924.jpg
ビーツの鉄板焼き オレンジオイル

ビーツは長時間加熱調理をしてあり
甘味が感じられました。
カリカリ食感のナッツと一緒にいただきます
b0028299_20430568.jpg
フレッシュチーズ、ブッラータを乗せた
生ビーツヌードルサラダ
フランボワーズソース
デザート感覚で食べるビーツ
フランボワーズのソースと
チーズがよく合って美味しいです


野菜は新鮮で力強さを感じました。

写真はありませんが、
野菜コンテナを客用の手荷物収納に利用したり、
トイレ蛇口が農業ハウスのバルブ用ハンドルだったり、
手洗い場にブリキのバケツが置かれていたり、
農を感じられるアイテムも楽しめます。

そして、レストランのスタッフさんも
月に一度農場に行き、
農家とミーティングをしたり
視察研修も
組み込まれているとのことで
調理場担当者も野菜の美味しさを伝える工夫を
続けているとのこと。素敵です~~💛

中年夫婦二人のランチ利用なので
ここのお店の美味しいものを
沢山紹介できないのが残念!

STAND BY FARM

明日に続く・・・・

by mgarden2 | 2017-11-28 21:39 | 外遊録 | Comments(0)

台湾の友人と伊豆の旅 


代表の台湾の友人達が有休を使って静岡に観光に来てくれました。
そこで夫婦2人と友人4人、
レンタカーを借りて2泊3日の伊豆の旅に行ってきました。

b0028299_21360138.jpg
お世話になった伊豆の地図
伊豆は見所が満載!
どこから手をつけていいか悩みます。
今回も農園の研修を兼ねつつ、友人の希望も合わせたところで
計画を立てました。

なんと!
台湾にはJTBパブリッシング”るるぶ”の台湾版があるとのこと。



旅のスケジュール
静岡駅前―修善寺―浄蓮の滝―天城(森の手作り屋さんかたつむり)
―湯ヶ島温泉(宿泊)
恋人岬―堂ヶ島―松崎町―石廊崎―熱川温泉(宿泊)
熱川バナナワニ園―城ケ崎―伊豆高原―三島―静岡駅

西川農園のピザ焼き体験発想の原点ともいえる
天城のかたつむりさん
b0028299_21365706.jpg
ログハウスの前で

ミントやバジルなどのハーブも植えられていました。

b0028299_21375197.jpg
ピザ焼き体験、大変盛り上がりました!
石窯で焼き上げた出来立てピザ
とっても美味しかった~~!

b0028299_21475299.jpg
三四郎島(象島・中ノ島・高島・沖ノ島の総称)
干潮時に沖合200Mに渡って道が出来、
歩いて渡ることが出来ます。
(トンボロ現象というそうです)
台湾西部澎湖県にも堂ヶ島のトンボロ現象と同じく
潮の干潮により現れる砂州でできる海岸があるそうで
堂ヶ島のある西伊豆町は台湾の澎湖県と2015年に
友好交流提携書に調印をしているそうです。
大小90余りの島々からなる台湾の代表的な観光地だそうですので
訪れてみるのもいいですね。


b0028299_21353988.jpg
伊豆の最南端 石廊崎
石室神社(現在の社殿は1901年に再建)
絶景でした!
海上安全・商売繁盛・学業成就にご利益があるとのこと。
しっかり神頼みしてきました。


b0028299_21384392.jpg
雨の中、熱川バナナワニ園へ。

中国語でワニは何というのか、台湾の友人に聞いてみたら、

「è Yú」

と言うそうです。

     てっきりお腹を空かす意味の

饿(è)魚

だと思い、
「Hungry fish?」

と尋ねると
そうではなく、

è

と書くのだそうです。

鰐という漢字の異体字になるようです。

けれどもワニ君は体調管理のために
1~2週間に一度しかエサ(トリ肉)をあげないそうなので
餓魚もまんざら間違っていない名前かな?
b0028299_21394090.jpg
「お~い、お腹が空いて寝ているのかい~??」

b0028299_21400011.jpg
ワニバナナのオブジェの前で

熱川バナナワニ園は行かれた方も多いと思いますが
バナナとワニの他にも
日本ではここにしかいないというニシレッサーパンダを見ることが出来たり
熱帯果樹温室では大きなマンゴーの樹があり、
いくつも実をつけていたり
植物園では珍しい植物を見ることができ
西川農園にとってはたまらない魅力のテーマパークでした。
またゆっくり来ます!



帰りに伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとで美味しそうなアンチョビを見つけました。
新鮮な伊豆のカタクチイワシをじっくり熟成させた無添加のアンチョビです。
b0028299_21403830.jpg

塩漬けだあって塩が効いていましたがストレートな味で美味しいです。
トマトやチーズ、パン、パスタなどと相性が良さそうです。



3日間の旅でしたが伊豆の至る所で
地元の方々の優しい人柄に触れ、
旅館や土産物店での
細やかなおもてなしにインスパイアされてきました。
すぐのすぐには真似はできませんが、
また地道にコツコツ頑張ります!
まずは草取り・窓ふき、からかな。。


今回一緒に楽しく過ごした台湾の友人4人、
留守の間ハウスの水やりや農作物の管理をしてくれた父、
拙い旅行の記録を読んでくれた貴方に感謝。









by mgarden2 | 2017-09-08 00:28 | 外遊録 | Comments(0)

第17回「ボタニカルアート静岡葵」作品展

毎年春の恒例、母とボタニカルアート展を鑑賞してきました。

b0028299_20024464.jpg

丸子出身の永野先生と、生徒さん22名の作品展。

作品の下には思い出や苦労話しが添えられていて、絵を鑑賞して、文章を読んで、もう一度鑑賞して、描かれている植物が日々の暮らしの中でごく普通に見かけるものが多いということも手伝い、作者のことをとても身近に感じてしまうそんな空間。

そんな風に思っても私にはとても描けませんが。(代表)


第17回「ボタニカルアート静岡葵」作品展
  4月4日(火)~4月9日(日)
  10時~17時(最終日15時迄)
  市民ギャラリー第2展示室(静岡市役所旧館)


by mgarden2 | 2017-04-07 20:42 | 外遊録 | Comments(0)

ときめき女性研修会に参加してきました

今日は静岡県農山漁村ときめき女性パートナーシップ研修会に参加してきました。
研修先は(株)カクト・ロコ様と立岩牧場様の2か所です。
b0028299_2381415.jpg

カクト・ロコさんのパンフレットとお土産で購入したミニ植木鉢と多肉植物

b0028299_23111611.jpg

カクトロコさんの園内
温室の中は手入れが行き届いた多肉植物・サボテン、
エアープランツなどが整然と並んで販売されています。

b0028299_231535.jpg

研修中、参加者全員が多肉植物の寄せ植え体験をしました。
寄せ植えの際はスタッフが丁寧に指導してくれます。


社長の野末信子さんは農業分野でも女性が働きやすい環境を整備し、
また業務内容を制度化し、スタッフ(スタッフの86人中73人が女性)が
働きやすい職場作りをされている様子が印象に残りました。
会社設立当時は相当のご苦労もあったとのことですが
今は全国のホームセンターなどと取引きがあるとのことです。

b0028299_23414098.jpg

カクトロコさんから車で15分ほどの場所に立岩牧場があります。
ときめき女性の立岩恵子さんが運営する牧場に隣接した
まきばの直売所では、ソフトクリームや牛乳の豆腐などを買うことが出来ます。
今日は寒い一日でしたが皆でソフトクリームを頂きました。
牧場の牛乳をたっぷり使用した美味しいソフトクリームでした。
さっぱりとして食べやすいので暑い日なら2個は食べられそうです。

b0028299_23513824.jpg

お食事中の牛に会ってきました。

牛はわが仔に与えるはずの乳を人間用に回し、
当の子牛は代替品を与えられるそうですので
出回っている牛乳も大切に、感謝していただかなければ
いけませんね。
立岩さんは酪農家であるとともに命の教育も地域でされていて
生き生きとお話しをされていたのが印象に残りました。

お二人とも浜松市で活躍している農家・酪農家さんです。
機会がありましたら是非訪れてみてください。
楽しくて元気になれます。
by mgarden2 | 2017-02-02 00:12 | 外遊録 | Comments(0)

第16回「ボタニカルアート静岡葵」作品展

永野先生にジャボチカバを描いていただいてから毎春伺っている作品展、ただいま開催中です。
b0028299_21542645.jpg

ボタニカルアートとは簡単に言うと等身大に描いた植物画です。

写真も好きですが、絵もいいですね。

永野先生と生徒さんたちの作品展、静岡市役所旧館の市民ギャラリーで17日までやっています。

駐車場は葵区役所、作品展の時間は10時から17時(17日は15時)まで。

ぜひお出かけ下さい。(代表)






by mgarden2 | 2016-04-14 22:35 | 外遊録 | Comments(0)

ときめきランチ会(水見色きらく市&二六茶庵)

昨日は農家の友人(農山漁村ときめき女性の仲間)と一緒に
静岡市藁科川上流にある水見色に出掛けてきました。
水見色地区は安倍川と藁科川流域にあり
水見色地区が含まれる本山茶の産地は
静岡県のお茶の発祥の地と言われています。
きらく市は地区の農家のお母さん達が運営していて
農産物や加工品、食事メニューなどが楽しめます。

山奥にあり、また平日でもあるのに
店内は買い物ランチを楽しむお客さんで賑わっていました。

私もランチを注文 ♪
b0028299_20222731.jpg

人気商品きらく味噌と野菜がたっぷり添えられた味噌カレー
御飯には黒米が入っていて
ボリューム、栄養、美味しさたっぷり!

忘れていました
きらく市の外観です
b0028299_20225580.jpg

美しい茶園と青い空に囲まれた三角屋根の建物が目印 

b0028299_20233176.jpg

きらく市店内は農産加工品や
手作り小物などのお土産が沢山

b0028299_20235642.jpg

由比の松永農園さんの美味しい手作りジャムもあります

b0028299_2025614.jpg

農大生とのふれあい交流ポスター
若い世代との交流もよさげですねー^^

b0028299_20254653.jpg

外には地元農家のお父さん達が手作りした東屋
川のせせらぎを眺めながらゆったり・・・
(帰りたくないなー)

b0028299_20264664.jpg

きらく市のパンフレットを数部いただいてきました。
名物のこんにゃくの唐揚げ
最後の2本!買ってきました

農家のお母さんたちの優しさが随所随所に感じられ
身体も心もほぐれる水見色きらく市です。

********************************
水見色を後に地元丸子に戻り、
ときめき女性のときめく話は
丸子紅茶古民家カフェ二六茶庵で続きをしました。
丸子は日本の紅茶発祥の地と言われ、
二六茶庵では美味しい紅茶やウーロン茶が頂けます。
b0028299_20282239.jpg

村松二六さんが生産をされている紅富貴(べにふうき)に
店長駒井さん手作りの紅茶パウンドケーキ、
自家製練乳が添えられていてどれもとっても美味。
(手作り紅茶チョコは今日までの期間限定品)

カフェになっている和室では
茶の文化や農業体験などの情報提供もあり、
サークル活動や宿泊研修などの利用も出来ます。

どちらもお勧めのスポットです。
是非おでかけ下さいね。

◎水見色きらく市
 静岡県静岡市葵区水見色808-1
 ℡ 054-279-0766
 営業時間
 冬季(11月~3月)午前9時~午後4時
 夏季(4月~10月)午前9時~午後5時
 ※定休日・・・火曜日

◎丸子紅茶古民家カフェ 二六茶庵
 静岡県静岡市駿河区丸子6774
 ℡ 090-6036-3670
 営業時間
 13:00~17:00
 ※定休日 水・木
by mgarden2 | 2016-02-16 22:03 | 外遊録 | Comments(0)

広がるジャボチカバの輪・・・・

こんばんは!AYAです^^

雨の一日。時々雷も鳴りました。

そんな中、代表と一緒にジャボチカバの苗4本を車に詰め込んで
静岡市内と富士市の計3箇所にお届けしました。

最初に向かったのは静岡市清水区石川アイクリニックさん
b0028299_19173289.jpg

玄関前にはヤシの植栽
モンステラやガジュマロの鉢もあって
南国情緒に溢れています!


そしてお届けした苗は診察待合室日の当たるコーナーに
インテリアとして置かれることになりました。
横のソファーに腰掛けているのは医院長御夫人です。
b0028299_19181146.jpg

どちらもフォトジェニック!!

次に富士市の個人のお宅へ大苗をお届け。
(プライベートスペースですので写真は割愛させていただきます)

次に富士市北松野にある陶芸教室 陶芦澤に苗をお届けしました。
b0028299_19204390.jpg


b0028299_1922336.jpg

芦澤氏と西川農園代表
これからジャボチカバ苗に合う陶器鉢を制作されるとのことです。

芦澤氏は益子焼に縁のあるイギリス人デザイナー、
バーナード・リーチ氏が広めたスリップウエア(※)の手法を
取り入れた作品を多く制作されています。
乳白色の肌が美しいコーヒーカップや黒く光る独創的なデザインの器も
入口のギャラリーに展示されていました。
どのような鉢にジャボチカバが植え替えられるのか楽しみです。
(※)スリップという泥状の土で模様を描いたもので
   18世紀にイギリスで用いられた手法


そして最後はこちら・・・
b0028299_19231031.jpg

ジャボチカバ苗発送のため,地元丸子のクロネコヤマト宅急便センターに寄りました。
西川農園では苗のネット注文をいただくたびにこちらのセンターを利用させて頂いています。
通販を始めた頃は、店員さんも怪しげな包みをしげしげと見回して
「ジャボチカバ・・?何ですかこれは?」
と質問をされていましたが、
何年にもわたるお付き合いの中で常連さんにさせていただき(照)
1年前からこの北丸子支店の店先に苗をディスプレィしていただいています。
(時々実もなっています!)

それぞれのご家庭、オフィスでジャボチカバを楽しく鑑賞していただけたら嬉しいです。

おまけの画像☆
b0028299_20302116.jpg

お昼に富士市のカフェムシカさんに寄りました。
自家製カレー、ピクルス、ケーキ、コーヒーを勉強を兼ねて注文。
どれも店長の味が出ていて美味しいです。
店内は店長の好みのボサノバが流れていて、近い将来、
ここにもジャボチカバ苗がひょっこり登場するかもしれません・・・・!?

今日紹介したお店はブログ公開の承諾を得ています。
気になるお店がありましたらどうぞ足を運んでみてくださいね。
そしてジャボチカバに宜しくお伝え下さい。

■陶芦澤
 〒421-3301
富士市北松野4069-10

■cafe musica
〒 417-0051
 富士市吉原3-4-12

お店ではないけど、目に不自由を感じたらココ!!
■石川アイクリニック
 〒424-0212
 静岡市清水区八木間町1659-1
by mgarden2 | 2015-09-01 20:51 | 外遊録 | Comments(0)