カテゴリ:ジャボチカバ( 325 )

特別企画「巨大ジャボチカバアッスーワンを食べてみよう!」

一雨ごとに暖かくなっていくのかと思いきやいまだに寒い4月の始まり。
それでもあちこちにヤマザクラが咲き始め、山の景色も華やいできました。
b0028299_20484583.jpg
先週から熟し始めた大玉品種のアッスーワンが、熟しすぎて連日落果しています。
全部採ってジャムにしようかと思いましたが、せっかくなので興味のある方に試食してもらうことにしました。

アッスーワンの木は摘み取り体験対象外です。
試食したい方は遠慮なく申し出て下さい。(代表)














by mgarden2 | 2017-04-01 20:59 | ジャボチカバ | Comments(0)

水洗いbefore after

朝ジャボチカバの水やりを終えて家への帰り道、カモシカとご対面。
初のご対面でびっくりでしたが、カモシカもびっくりしたらしく慌てて山に入ってしまいました。

ジャボチカバの木は花が萎びて干し草のような香りを放っています。
このままにしておくとガが寄り付きやすくなるので洗います。
水やりのついでにホースの水を飛ばして上から下までジャバジャバ洗います。

  before

b0028299_20312835.jpg

after

b0028299_20365048.jpg
まだ雌しべが残っています。
今回は何割くらい実になってくれるでしょうか。
しっかり観察したことはありませんが、だいたい咲いた花の数の1~3割くらいが実になるような気がします。(代表)











by mgarden2 | 2017-03-30 20:44 | ジャボチカバ | Comments(0)

キリン何歳になった?

b0028299_22203589.jpg
いつもは春と秋に花を咲かせる小葉系ジャボチカバ。
昨年は秋の終りになってもにまったく花を咲かせませんでした。
今日、2本だけ開花。
我が家のキリン(身長2メートル)も喜んでいる様子。
インドネシア産のこのキリン、模様違いで2頭います。
キリンが来たとブログで書いたのはいつのことだったでしょうか?(代表)















by mgarden2 | 2017-03-02 22:35 | ジャボチカバ | Comments(0)

生え際あたり

真冬ですが四季なりジャボチカバの花が咲いています。

画像を見てびっくりしないで下さい。

ジャボチカバは光がしっかり当たる部分なら、枝先を除いた木全体に花を咲かせ実をならせます。

光が重要です。

むき出しになった根にも花を咲かせます。
b0028299_20583188.jpg
一番右の花、頑張ってますね!

まるで土の中から咲いたように見えます。
b0028299_21003171.jpg
別の木です。
b0028299_21010848.jpg
今日は生え際あたりがかなりにぎやかでした。(代表)










by mgarden2 | 2017-01-12 21:14 | ジャボチカバ | Comments(2)

やっと開花

b0028299_19130917.jpg
結局この秋にはあまり実がならなかったジャボチカバ。

昨日から秋の大開花シーズン到来!
(四季なりのみ。小葉はいまだ蕾ふくらまず・・・)

今咲くと実になるのは35日後。

もしかして元旦から鈴なり!?(代表)













by mgarden2 | 2016-11-28 19:19 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカバの温度管理

立冬が過ぎて静岡も朝晩少しずつ寒さが増してきました。
ジャボチカバの実がなるには花が咲いている時期に
15度以上の温度が望ましいと言われています。
今日は温室の暖房がいつでも可動出来るよう
ボイラーの点検と煤掃除をしました。
これから年末年始にかけてなるべく多くの実をならせるよう
温度管理をしていきたいと思います。

b0028299_19175730.jpg

写真はボイラーの点検と煤掃除をしているところです。
by mgarden2 | 2016-11-15 19:32 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカバの肥料

みかん畑に行くつもりだったのに朝起きたら雨が降っていたので予定変更。
ジャボチカバに肥料をやりに行きました。
b0028299_2058976.jpg

左がハウス内に地植えしてあるジャボチカバ用の化成肥料で商品名「しき島6号」。
成分表示は6-8-6(左から窒素・リン酸・カリ、それぞれの含有量(%))で、2ミリくらいの粒状です。
これを根元ではなく地面全体にぱらぱらと撒きます。
今日は113本ある地植えのジャボチカバに10キロくらい与えました。
ジャボチカバは細い根が多く水をよく吸うので、1回の施肥量が多すぎると根焼け・葉焼けを起こしてしまいます。

右は鉢植え苗用の化成肥料で通称「アイビー化成」。
成分は10-10-10-1(窒素・リン酸・カリ・マグネシウム)で、8-12ミリくらいの大粒です。
b0028299_21164193.jpg

鉢のサイズによって撒く量を変えますが、緩効性肥料なので成分高めながら若干多めに入れても根は傷み難いです。

上のふたつは西川農園で最近ジャボチカバに使っている肥料ですが、もちろん他の銘柄や有機肥料や液肥を使ってもかまいません。
なんの肥料をどれだけやらなければならないという決まりはないので、新芽のサイズや葉の色を見ながら、成分の低めの肥料を何回かに分けて与えてやると失敗がありません。(代表)






by mgarden2 | 2016-11-01 21:32 | ジャボチカバ | Comments(0)

山梨からの視察団

10年くらい前のことだと思いますが、東京農大の学生が農園にジャボチカバの見学に来たことがあります。まだ農園の木も小さく実もあまりならない頃でした。
そのときのことは覚えているのですが、引率の先生のインパクトがあまりに強烈で、確か4名ほどいた生徒さんのことはあまり記憶に残っていません。(失礼)

今日、山梨県の若手農業者の集まり「東仲倶楽部」の皆さん19名が、西川農園に寄って下さいました。その中の一人が、当時東京農大の学生だったM君でした。
M君はジャボチカバが大きくなったと言っていましたが、そのM君も立派なブドウ農家になっていました。
b0028299_1930756.jpg

画像は・・・喋りまくっている風に見えなくもないわたし。

最近まったく信じてもらえないのですが、わたし・・・上がり症だし、喋るの下手だし、人前に出るのが苦手なんです。
でも、一人でも多くの方にジャボチカバのことを知ってもらいたいという思いで、皆さんの前で話しもするし、テレビ番組やラジオにも出ています。

1時間ちょっとの視察でしたが、東仲倶楽部の皆さんジャボチカバのことをを好きになってくれたでしょうか?
今日はいろいろ喋らせてもらいましたが、ひとつ、一番肝心なことを言い忘れていました。
「畑まるごとカフェ空間」、これが西川農園の運営する農園カフェのあり方です。(代表)






by mgarden2 | 2016-10-26 19:45 | ジャボチカバ | Comments(0)

大剪定

小葉系ジャボチカバが伸び伸びになり、保温カーテンを突き破りそうなくらい伸びてしまったので、ハウスの入り口側から剪定を始めました。
b0028299_20255010.jpg

1メートルくらい切り取って、樹高を3メートル前後にします。
1本でこれくらいの剪定クズ。
堆肥置き場がいっぱいになったので、畑の隅に積んでおきます。

剪定し終わった木はかなりすっきり。
見晴らしもよくなりました。

夕方ハウスのカエルが大声で鳴きました。
案の定雨の夜です。(代表)





by mgarden2 | 2016-09-07 20:37 | ジャボチカバ | Comments(0)

アッスーワンの様子

今朝、大玉品種のアッスーワンが1本だけ花を咲かせていました。
半月くらいまえに咲いた花の実も着いています。
b0028299_22393220.jpg

この木は40センチポットから下に根が伸びて地面に入り込んでいるので、すこぶる元気がいいです。
収穫までの間に一回でも水切れを起こしたらアウト。
b0028299_22395194.jpg

それにしてもなぜこんな暑いときにこの木が花を咲かせたかは謎です。
ジャボチカバはあまり暑いと蕾を着けません。(代表)







by mgarden2 | 2016-08-30 22:39 | ジャボチカバ | Comments(0)