カテゴリ:ジャボチカバ( 328 )

見上げれば宇宙を感じる!?

農園の苗コーナー正面向かって右が大葉系と呼ばれる四季なりジャボチカバ。
左が小葉系ジャボチカバ。
真ん中にどーんと鎮座しているのが中葉系とも呼ばれることがあるアッスー。
b0028299_21415977.jpg
この苗けっこう人気者ですが「非売品」、見て楽しんで下さい。
もともとは2003年に沖縄で買ってきた苗ですが、その時点でそこそこの大きさだったので樹齢は20年くらいだと思います。
b0028299_22074071.jpg
バッサリ切ってからは実が着かずにいましたが、今年久しぶりになってくれました。
そして今日味見しました。
アッスーとしては小さめの3センチくらいの実。
色、形もアッスー。
でも、アッスー特有の臭みや酸味がほとんどないばかりか四季なりジャボチカバに負けないくらい甘い!
35センチの鉢で窮屈しながら育ったからかも?
苦労を掛けます。
b0028299_21581189.jpg
見上げれば枝の先、木の葉の向こうに宇宙を感じる!
って、左右の幅が120センチで樹高が80センチしかないですけど。
次回ご来園の際は是非腰をかがめて宇宙を体感して下さい。(代表)

by mgarden2 | 2017-06-13 22:04 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカバ苗の通販を一時休止します



静岡も昨日梅雨入りしました。

雨の日は雨の日の作業を。
ジャボチカバ苗の植え替えをしようと思っていましたが、ぜーんぜんできませんでした。

苗はあるにはあるのですが、新芽をスリップスやアブラムシに吸われてしまったり古い葉がきたなくなったりで、見た目が悪いものばかりになってしまったため通販を一時休止します。
生育に問題はないので、農園の苗コーナーには常時並べてあります。
b0028299_21363239.jpg
2番茶の収穫が終わったらまた苗作りに励みます。(代表)


by mgarden2 | 2017-06-08 21:48 | ジャボチカバ | Comments(0)

復活・・・だがちょっと変だ

b0028299_21004371.jpg
農園のシェードの下にある50センチの陶器鉢に植えてある四季なりジャボチカバ。
それほど傷まずに冬を越すだろうという甘い予想は外れ見事に枯れこんでしまいました。
冷たい風に当たったため細い枝は枯死、幹に裂傷が起きなかったのが幸いです。
b0028299_21035302.jpg
最近になって枯れてしまった細い枝以外の木全体から恐ろしい数の新芽を伸ばし始めました。
本来蕾が着くプチプチしたところほぼ全てから芽吹いています。
蕾はほんの数個だけ。
寒さに当たり本来とは違った芽吹きとなりました。(代表)

by mgarden2 | 2017-05-29 21:11 | ジャボチカバ | Comments(0)

特別企画「巨大ジャボチカバアッスーワンを食べてみよう!」

一雨ごとに暖かくなっていくのかと思いきやいまだに寒い4月の始まり。
それでもあちこちにヤマザクラが咲き始め、山の景色も華やいできました。
b0028299_20484583.jpg
先週から熟し始めた大玉品種のアッスーワンが、熟しすぎて連日落果しています。
全部採ってジャムにしようかと思いましたが、せっかくなので興味のある方に試食してもらうことにしました。

アッスーワンの木は摘み取り体験対象外です。
試食したい方は遠慮なく申し出て下さい。(代表)














by mgarden2 | 2017-04-01 20:59 | ジャボチカバ | Comments(0)

水洗いbefore after

朝ジャボチカバの水やりを終えて家への帰り道、カモシカとご対面。
初のご対面でびっくりでしたが、カモシカもびっくりしたらしく慌てて山に入ってしまいました。

ジャボチカバの木は花が萎びて干し草のような香りを放っています。
このままにしておくとガが寄り付きやすくなるので洗います。
水やりのついでにホースの水を飛ばして上から下までジャバジャバ洗います。

  before

b0028299_20312835.jpg

after

b0028299_20365048.jpg
まだ雌しべが残っています。
今回は何割くらい実になってくれるでしょうか。
しっかり観察したことはありませんが、だいたい咲いた花の数の1~3割くらいが実になるような気がします。(代表)











by mgarden2 | 2017-03-30 20:44 | ジャボチカバ | Comments(0)

キリン何歳になった?

b0028299_22203589.jpg
いつもは春と秋に花を咲かせる小葉系ジャボチカバ。
昨年は秋の終りになってもにまったく花を咲かせませんでした。
今日、2本だけ開花。
我が家のキリン(身長2メートル)も喜んでいる様子。
インドネシア産のこのキリン、模様違いで2頭います。
キリンが来たとブログで書いたのはいつのことだったでしょうか?(代表)















by mgarden2 | 2017-03-02 22:35 | ジャボチカバ | Comments(0)

生え際あたり

真冬ですが四季なりジャボチカバの花が咲いています。

画像を見てびっくりしないで下さい。

ジャボチカバは光がしっかり当たる部分なら、枝先を除いた木全体に花を咲かせ実をならせます。

光が重要です。

むき出しになった根にも花を咲かせます。
b0028299_20583188.jpg
一番右の花、頑張ってますね!

まるで土の中から咲いたように見えます。
b0028299_21003171.jpg
別の木です。
b0028299_21010848.jpg
今日は生え際あたりがかなりにぎやかでした。(代表)










by mgarden2 | 2017-01-12 21:14 | ジャボチカバ | Comments(2)

やっと開花

b0028299_19130917.jpg
結局この秋にはあまり実がならなかったジャボチカバ。

昨日から秋の大開花シーズン到来!
(四季なりのみ。小葉はいまだ蕾ふくらまず・・・)

今咲くと実になるのは35日後。

もしかして元旦から鈴なり!?(代表)













by mgarden2 | 2016-11-28 19:19 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカバの温度管理

立冬が過ぎて静岡も朝晩少しずつ寒さが増してきました。
ジャボチカバの実がなるには花が咲いている時期に
15度以上の温度が望ましいと言われています。
今日は温室の暖房がいつでも可動出来るよう
ボイラーの点検と煤掃除をしました。
これから年末年始にかけてなるべく多くの実をならせるよう
温度管理をしていきたいと思います。

b0028299_19175730.jpg

写真はボイラーの点検と煤掃除をしているところです。
by mgarden2 | 2016-11-15 19:32 | ジャボチカバ | Comments(0)

ジャボチカバの肥料

みかん畑に行くつもりだったのに朝起きたら雨が降っていたので予定変更。
ジャボチカバに肥料をやりに行きました。
b0028299_2058976.jpg

左がハウス内に地植えしてあるジャボチカバ用の化成肥料で商品名「しき島6号」。
成分表示は6-8-6(左から窒素・リン酸・カリ、それぞれの含有量(%))で、2ミリくらいの粒状です。
これを根元ではなく地面全体にぱらぱらと撒きます。
今日は113本ある地植えのジャボチカバに10キロくらい与えました。
ジャボチカバは細い根が多く水をよく吸うので、1回の施肥量が多すぎると根焼け・葉焼けを起こしてしまいます。

右は鉢植え苗用の化成肥料で通称「アイビー化成」。
成分は10-10-10-1(窒素・リン酸・カリ・マグネシウム)で、8-12ミリくらいの大粒です。
b0028299_21164193.jpg

鉢のサイズによって撒く量を変えますが、緩効性肥料なので成分高めながら若干多めに入れても根は傷み難いです。

上のふたつは西川農園で最近ジャボチカバに使っている肥料ですが、もちろん他の銘柄や有機肥料や液肥を使ってもかまいません。
なんの肥料をどれだけやらなければならないという決まりはないので、新芽のサイズや葉の色を見ながら、成分の低めの肥料を何回かに分けて与えてやると失敗がありません。(代表)






by mgarden2 | 2016-11-01 21:32 | ジャボチカバ | Comments(0)