カテゴリ:農家の暮らし( 268 )

ミニたけのこを捨てられないわけ

先週はイノシシの巡回がなかったお陰でタケノコがたくさん採れました。
ここ数日タケノコ三昧!

どんなに沢山たけのこが採れても捨てることができないミニたけのこ。
これを掘ろうとして掘ってしまうのではなくて、ほとんどの場合他のたけのこを掘っていて偶然掘り当ててしまうミニたけのこ。
可愛くて捨てることができず家に持ち帰ります。
b0028299_21230864.jpg
皮を剥くと爪ほどのサイズになって大鍋の中で米糠にまみれて行方不明になってしまうので皮付きのまま鍋の中へ。

一口で終わってしまうのになぜ持ち帰るのだろう。
たぶんもったいないというよりは愛おしいという気持ちが強いから。(代表)



by mgarden2 | 2017-04-24 21:45 | 農家の暮らし | Comments(0)

木出し

伐り倒しておいたコナラ2本のうちの1本を刻んで山から運び出しました。
それだけで1日が終わってしまいました。
b0028299_20094025.jpg
小さく見えますが、農園にある丸太の椅子とほぼ同じサイズです。
1人では運搬機に積めない重さ。
今年は8個追加!(笑)
って、丸太の椅子の話しです。
ピザ小屋を作るまでに30個ぐらいまで増やしたいとか勝手な妄想。

b0028299_20153567.jpg
画像はシイタケほだ木用。
細めに見えるのがホームセンターで売ってるサイズくらいの太さです。
コナラも植えて30年経つと1本で1トントラックいっぱい。
久々の重労働で疲れました。
もう1本、もっと足場の悪いところに伐り倒してありますが・・・もう1日頑張りますか。(代表)












by mgarden2 | 2017-02-16 20:47 | 農家の暮らし | Comments(0)

コナラ林で


大好きな野兎たち最近山で見かけることが少なくなって少しさみしいけれど、今日はたくさん糞を見つけてうれしくなってしまった私です。
b0028299_20305539.jpg
それにしても色の濃いうんこ。
君たちはいったいなにを食べているのか?

物心ついた頃から大人になるまで、何匹も野兎を飼ってきました。
どれほど可愛がっても抜けない野生とどう猛さ。
なにかの拍子に逃げられたら終り。
それでも可愛かったな~、エリザベスとか呼んで。笑
b0028299_21083366.jpg
コナラの落ち葉の中は野兎のうんこだらけ。
紅いのはアオキの実です。
コーヒーにそっくり。
b0028299_21181170.jpg
しいたけのほだ木にするにははるかに太すぎる径約50センチと40センチの2本。

本当は農園の丸太の椅子用だとばればれだったり。
椅子ばかり増えて・・・お客も増えるといいな。
メニューも増やせと!?

みかんの苗やヒノキの苗を食い荒らされて悔しい思いもしました。
それでも可愛かった野兎たち。
もう仔兎を見つけても追いかける体力もなし。
息を切らして仔兎を追いかけた頃、コナラの林はまだみかんがたわわに実るみかん山でした。(代表)












by mgarden2 | 2017-01-31 22:07 | 農家の暮らし | Comments(0)

一富士二鷹三茄子は見れずとも

ぴーひょろろー。
秋によく頭上で聞いた声ですが、聞かないまま年を越してしまいました。
今日、茶畑で作業をしていると、トンビが上の方にいたり下に見えたり、ゆっくりと回りながら徐々に位置を変えながら飛んでいました。
茶畑の標高300メートル弱くらいのところで、高く高く上ったトンビを写してみました。
b0028299_21581014.jpg
画像右上に1羽。見えにくいですね。
3羽飛んでいました。

一富士二鷹三茄子でまだ続きがありますが鳶はなし。
なんだか忙しすぎて初夢を見る余裕もない私。
元日は農園営業日でたくさんのお客さんに会え、2日3日は東名高速からきれいな富士を見て、今日は青空の向こうに飛ぶトンビに励まされ、好スタートな2017年です。

今年も頑張ります!(代表)









by mgarden2 | 2017-01-04 22:19 | 農家の暮らし | Comments(0)

自家製堆肥+赤玉土+鹿沼土

b0028299_20402370.jpg

8月に愛知県田原市よりエコ関係の方々が視察に見えました。
普段夏にはいじらない堆肥をほじほじ。
そのとき掻き出した堆肥です。

ジャボチカバなどの剪定屑にコーヒー粕、米糠等を混ぜるというよりただ積み上げて時間の経過に任せただけの堆肥です。
ミミズも出てくるし、草の芽も自然に生えています。
b0028299_20445457.jpg

自家製堆肥1:赤玉土1:鹿沼土1で混ぜて培養土を作りました。
b0028299_20474155.jpg

まずは、またまた堆肥の中から救出したアボカドを植えてしまいました。
もう堆肥置き場にアボカドの種は捨てないようにします。(代表)







by mgarden2 | 2016-09-22 20:54 | 農家の暮らし | Comments(0)

ホームページ閲覧できません

昨日午前中よりサーバーの不具合により西川農園のホームページが閲覧できなくなっています。

一日経っても復旧しないので心配です。

ご迷惑をお掛けしますが復旧まで今しばらくお待ち下さい。(代表)





by mgarden2 | 2016-08-23 20:34 | 農家の暮らし | Comments(0)

ド根性アボカド発見

堆肥置き場の堆肥が自家製コンポストから溢れてしまったので
代表と二人でゴミの整理をしました。
b0028299_20201365.jpg

堆肥置き場の様子
剪定枝や枯草、傷みのひどいジャボチカバ
カフェで出たコーヒー粕や茶殻、フルーツの皮などを米ぬかと一緒に
投入しています。
スコップで下の方を掘ると黒々とした堆肥が出来上がっていました。

作業中、か弱い緑の茎がヒョロヒョロと伸びているのを見つけました。
b0028299_2020365.jpg



b0028299_20205813.jpg

正体は今年捨てたアボカドの種から伸びたモヤシ化した茎でした。
長さは40センチほど。

この後、このど根性アボカドは鉢植えにしてみました。

カフェの人気メニュー、ベーコン&アボカド農園サンドの具材として
使われる日が来るかもしれません。
by mgarden2 | 2016-08-16 20:54 | 農家の暮らし | Comments(0)

環境月間か~

6月は環境月間という事をこのチラシで知りました。
b0028299_21444115.jpg

エコなうつわ屋さんと授産施設とのコラボ企画の風鈴展です。
地元の作家さんによって再生陶器作られた風鈴が3期間にわたって巡回販売されます。
(チラシはカフェジャボチカバにも掲示してあります)
風鈴自体がエコグッズだと思うので一押しのイベントです。

ところで、何故、6月が環境月間なのか調べてみたら、
1972年6月5日からスウェーデンのストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念した
世界環境デー(せかいかんきょうデー、World Environment Day)に由来するそうです。

エコ活動とは真逆の活動で、我が家は環境月間中もお茶やみかんの農薬散布があり、
地球さん、ごめんなさい~!!です。
消毒薬は土壌を汚すことになるけれど、そもそも作物を作る事自体が土壌を汚すので
無駄な作物は作らない方が環境には良いですね。
適正な生産量で、適正な農作物の取引ができるようになれば、
ちょっとは環境に、人にも優しい農業ができるように思います。
なかなか難しいことですけど。
ジャボチカバの栽培は農薬を使っていないけれど
毎日灌水するので水も無駄にならないように
どんどん売らなければ!(そこか!)
いやいや、緑を育てる水ならまた地球に還元されることを期待しよう。

b0028299_22175942.jpg

写真はハウスで使用する蚊除けスプレー
シトロネラ、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)精油(天然芳香)を配合した商品を購入したもの。
結構効果があるので来園の際に使ってみてください。

仕事以外ではなるべく化合物を避けた生活を心がけたいし、
普段環境に負担ばかりかけているので
今月は生活を見直す良い機会にしたいですね。
by mgarden2 | 2016-06-02 22:43 | 農家の暮らし | Comments(0)

ぽっかり

b0028299_22554910.jpg


かつてのみかん山も今ではすっかり姿を変えて、昔(30年前)の面影はなくなりました。

植林したコナラも大きくなりすぎて、シイタケ栽培には向かない太さに!(笑)

それでも毎年少しずつ伐り出して、シイタケの菌を打ったり、マキにしたり、私の作品(?)作りの材料にしたりしています。

大きなコナラが倒れると、ぽっかりと頭の上に大きな穴が開きます。

このぽっかり穴もすぐふさがるのですが。

今はまだぽっかり。(代表)
by mgarden2 | 2016-01-12 23:15 | 農家の暮らし | Comments(0)

七草粥の日でした

神様なむなむ。
朝、家の内外いくつもの神様に七草粥を供えました。
仏壇はひとつですが、神様はいろいろあって、正式な名称は竈神様と天神様くらいしか知りません。
あとの神様なんだったっけ?(汗)
b0028299_19235551.jpg

家の裏手の一段上がったところに「作りの神様」が祭られています。
父がそう言うからには作りの神様なのでしょう。それならとくに大事にしなければ!

ごめんなさい。今日は神様の横にあるボタンキョウを伐らせていただきます。
お神酒を供え、そのお神酒をボタンキョウにふりかけました。
根が傷んで倒れてしまったボタンキョウ。
昔使っていたみかんの貯蔵庫に寄りかかっています。
b0028299_19423719.jpg

無事切り倒した後は瓦の補修。
そして、神様のまわりの伸びすぎたナンテンやミツマタを切り詰め掃除をして終了。
鳥居が朽ちてぼろぼろなのが気になるところ。
そのうち直しますので今日のところはこれで~。(代表)
by mgarden2 | 2016-01-07 19:49 | 農家の暮らし | Comments(0)