ブルーベリーの剪定

寒い時期にやっておきたい農作業の一つに
ブルーベリーの剪定があります。
b0028299_19114024.jpg
古くなった主軸は良い実がならないようなので
思い切って根元から鋸で伐ります。
また、交差枝や高く伸びすぎた枝も収穫しづらくなるので
これも今のうちに剪定します。
b0028299_19115580.jpg
どの枝を切ったら美味しい実をならせてくれるかな?
一本一本枝を見ながら剪定ばさみと鋸を使って作業をしていたら
何やら木の方が私の事を観察しているように感じてきました。
ご存知の方も多いと思いますが
詩人の八木重吉さんの一行詩でこんな作品がありますね。



木に眼が生って人を見ている

貧しき信徒より

木に叱られないように向き合いたいです。



 
b0028299_19120420.jpg

2016年夏のブルーベリー園


# by mgarden2 | 2018-02-19 19:31 | 果樹(その他) | Comments(0)

プーチン来園

寒いけれど風もなくハウスの中はいい気持ち~の農園営業日でした。

今日は西川農園始まって以来初のお客様、その名もプーチン!
b0028299_21321153.jpg
なんでもロシアリクガメという種類のリクガメなのでプーチンという名前になったそうです。
カメさん可愛い!
b0028299_21370398.jpeg
ガラスケースの中で農園で採れたレタスを美味しそうに食べるプーチン。

カメと言えば何となく似ていなくもないメキシコソテツザミアの花穂。
b0028299_21453517.jpg
昨年から変化がないままでしたが最近中から何かが出てきそうな雰囲気に。
ちょっと不気味な姿になってきました。
b0028299_21481118.jpg
この時期だけ焼くオレンジピールパンの姿もリクガメの背中のようで撫でたくなります。

子供の頃は家のまわりにもイシガメが生息していて、よく捕まえてきて庭の水槽で飼っていました。
ただその水槽には蓋がなく大雨の度に水槽が氾濫してカメが逃げてしまうというのが恒例で、別のカメを見つけたらまた捕まえて飼うの繰り返し。
そしていつの間にかカメそのものが住める環境がなくなり、家の近くでカメを見かけることはなくなりました。

本題からそれますが家の近くの蔵「初亀」のお酒も美味しいですよ。(代表)



# by mgarden2 | 2018-02-18 22:15 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

2月18日(日)カフェ営業のお知らせ

平昌オリンピックが盛り上がっていますね。
今日はラジオで男子フィギュアスケート選手達の
活躍ぶりを聞いてワクワクしていました。

明後日18日は四季なりジャボチカバの摘み取り体験ができます。
b0028299_20182939.jpg
最近テントウムシの幼虫がアブラムシと一緒に
うろうろしているのでジャボチカバの実を水で洗わないでいたのですが
実がべとべとしてきたので今日はテントウムシごとジャバジャバと
洗いました。
摘み取りの方はきれいな実を選んで摘んでください。

b0028299_20184236.jpg
先週摘み取り体験で残った実はジュースやゼリー、
ドライフルーツに加工しました。
写真は洗浄したジャボチカバからジュースを作っているところです。


b0028299_20164853.jpg
ジャボチカバのパンナコッタは最近ドライフルーツが出来たので
トッピングで使っています。
生のままでは食べられない皮もドライ加工すると美味しくなります。
パンナコッタの下のミニケーキも以前のように付ける事にしました。

b0028299_20180645.jpg
駿河エレガントのガトーショコラ

ビター味です。



b0028299_20190926.jpg
サラダ用農園のリーフレタスも元気!
b0028299_20193458.jpg
去年の暮れに蒔いた無農薬ホウレンソウ
軽食メニューの季節のスープに使用しています。


お土産用のカレーパン、オレンジブレッドも
少量ですが準備してお待ちしています。




# by mgarden2 | 2018-02-16 20:43 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

貸し切りピザ焼き体験

静岡は時折北風が吹き荒れる寒い一日でした。

連休最終日の今日は静岡市内・外から26名の方が
石窯ピザ焼き体験に来てくれました。
参加頂いた方、どうも有り難うございました!

あまり良い写真が撮れなかったのですが
ピザ焼き体験&食体験の様子を少しお伝えしますね。

b0028299_21442390.jpg
最初の一枚は
ピザ焼き用に準備した具材の残りで焼いた
最後のピザ一枚から。。

準備したナチュラルチーズを使い果たしてしまい
冷蔵庫のサワークリームとサラダの残りでアレンジしました。
いつものとろけるチーズよりもさっぱりとして
これも美味しかったです。

大勢が集まる食体験では
農園でお世話になっている
食のプロの味も楽しんでもらえたらと思い
いくつかメニューに加えました。

b0028299_21444527.jpg
人参ラペに添えたのはジャボチカバピクルス開発でお世話になっている
こうのものさんの野菜&フルーツピクルス
油っぽいピザにさっぱりとしたピクルス。
どれもだしが効いていて美味しいんです。
b0028299_21450778.jpg
サイドメニューのサラダには先日南房総から来てくれた
オーガニックグループで開発したそら豆のドレッシング
新鮮な味がお客さんに好評でした!
b0028299_21533138.jpg
いつもは青空ピザ焼き体験ですが
今日は風が強く食器や食材が山に飛んでいってしまうため
ハウスの中で生地を伸ばしたりトッピングをしました。
これまでに何回も参加してくれている方は
ピザ伸ばしもとても上手です。
b0028299_21535975.jpg
石窯から焼きたてを取り出しているところ
b0028299_21455666.jpg
ポカポカのハウス内で焼きたてピザやチキン、サラダ
持ち込みドリンクなどで話が盛り上がっていました。
アメリカ人のケンさんのパフォーマンスも素敵でした!


途中でスイーツピザも焼きました。

季節のリンゴを薄切りにしていちじくジャムと
サワークリームを乗せて焼きました。

b0028299_21541866.jpg
今回は2種類のいちじくジャム
千葉の館山パイオニアファームさんのいちじくジャムと
静岡市清水の松永農園さんのいちじくジャム
どちらも自然の味でそのまま食べても美味しい!

b0028299_21545146.jpg
スーツピザはマシュマロも乗せたりと
小さなお友達が中心になって楽しそうに作っていました。


b0028299_21565141.jpg
今日のダッチオーブン

農園のローズマリーでハーブチキンに。。

農園のピザ焼き体験は
不便なところもありますが
その経験を皆さんの明日からの
活力に変えてもらえたら嬉しいです。

またのご参加をおまちしています!






# by mgarden2 | 2018-02-12 23:23 | 農業体験&食体験 | Comments(0)

日曜日のみの営業です

明日から三連休ですが、西川農園の営業は11日(日曜日)のみです。
宜しくお願いします。
なお、明後日11日の営業は15時までとさせていただきます。
私はたぶん17時まではいると思うので15時以降もドリンクは出せますが、調理担当の妻がいなくなるのでそれ以上は期待しないで下さい。
農園セットや焼きカレーパン、オレンジピールパン、ジャボチカバスイーツは普段通りに準備するのでよろしくお願いします!
b0028299_20152161.jpg
枝に着いた緑のぽつぽつは四季なりジャボチカバの赤ちゃんたちです。
先日花はたくさん咲きましたが、燃料が高くて実がなる最低ラインの暖房しか入れていないので着果率はすごく悪いです。
b0028299_20192107.jpg
木によってはこんなになっているものもあるので摘み取り体験も楽しんで下さい(四季なりジャボチカバ)。
小葉系ジャボチカバはかなり前から蕾が見えていますが一向に咲いてくれません。
小葉系が咲くときは暖房を全開にするつもりでいるんですが…。(代表)



# by mgarden2 | 2018-02-09 20:29 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

みんなすごい!

今日は千葉県の南房総から4人の若い農家が農園の視察に訪れました。
皆さん農家出身ではないけれど農家になってしっかりと経営されている方々。
私のようなドがみっつくらいつく根っからの農家とはなにかが違う!?
ものの見方だろうか感性だろうか?
b0028299_20481166.jpg
どんな人たちなのかよく知らずにいろいろ話しをして、家に帰ってからインターネットで調べたら皆すごい方々!!
なにがすごいか。
自身の志す農業のあり方を求めそれを実践しているところがすごい。

私なんか迷いが多くてだめだー。(代表)

# by mgarden2 | 2018-02-07 21:16 | 視察 | Comments(0)

寒害と肥(こえ)焼け

今年の冬は寒さもきつく、軒下のジャボチカバもかなり葉が傷んできました。

先日ジャボチカバ初心者の友人のところへ伺った折、電話で聞いていた具合が悪いを通り越してすでに瀕死の状態にあるジャボチカバと対面することになり、もっと早く来ていればよかったと後悔しました。
b0028299_20283976.jpg
上の画像は我が家の軒下で管理しているジャボチカバの現在の様子です。
気温がマイナスにならなくても冷たい風に当たればジャボチカバの葉は簡単に傷みます。まだ寒さが続くようなので、痛みはさらにひどくなるでしょう。
b0028299_20342138.jpg
二枚目の画像は寒害や夏の日焼けのようにも見えますが実は違います。
この葉の中心から葉脈に沿って茶色や赤茶色に変色していく傷み方、これが肥料をやりすぎたときに起きる葉焼けいわゆる肥焼け(肥傷み)です。
これはかなりひどい状態ですが、さらにひどい場合は葉が下に垂れてしまいます。そうなった場合は残念ですが手遅れの可能性が大きいです。応急処置としては、葉の量を減らし水を多めにあげるとこくらいしか方法がありません。樹勢が回復して新芽が出ても葉がしっかり開くまでは肥料を上げないで下さい。

ジャボチカバは細い根が多いので水や肥料をよく吸います。早く大きくしたくてつい肥料を多めにやってしまいますが、人間と同じで過度の栄養過多はよくありません。木のサイズ鉢のサイズにより必要な肥料の量は変わってきます。
一概にこれだけやればよいということが言えないので肥料について質問されるととても答えにくいのですが、目安としてひとつ言えることは、チッソ成分が10パーセント以下の肥料をほんの少しずつ1年に数回与えるようにすれば、肥料のやりすぎで枯らしてしまうことはまずないということです。新芽が伸びて葉が開いたときになんだか葉が小さくなったように感じたら、次の肥料は少し多めに与えて下さい。
そういう私も初めの頃はお茶用の肥料を与えて苗を大量に枯らしてしまったこともあるし、今でもときどき肥料のやりすぎで葉焼けを起こさせたりしています。(代表)


# by mgarden2 | 2018-02-05 21:19 | ジャボチカバ | Comments(0)