2017年 09月 08日 ( 2 )

マンゴーそろそろ終わりです

昨日ドーンと大きなマンゴーが採れました。
b0028299_20001892.jpg
アーウィン(いわゆる普通に売られているアップルマンゴーです)にしてはかなり大きめの611グラム!
これは明後日のマンゴープリンのトッピングや農園サンデーの具にします。
ご期待あれ!
b0028299_20070056.jpg
ジャボチカバはまだまだ欠乏期で摘み取り体験は10カップ分くらいしかありません。
実がなくなり次第摘み取り体験は終了です。
なお明後日10日は4時で営業を終わらせていただきます。
宜しくお願いします。(代表)


by mgarden2 | 2017-09-08 20:09 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)

台湾の友人と伊豆の旅 


代表の台湾の友人達が有休を使って静岡に観光に来てくれました。
そこで夫婦2人と友人4人、
レンタカーを借りて2泊3日の伊豆の旅に行ってきました。

b0028299_21360138.jpg
お世話になった伊豆の地図
伊豆は見所が満載!
どこから手をつけていいか悩みます。
今回も農園の研修を兼ねつつ、友人の希望も合わせたところで
計画を立てました。

なんと!
台湾にはJTBパブリッシング”るるぶ”の台湾版があるとのこと。



旅のスケジュール
静岡駅前―修善寺―浄蓮の滝―天城(森の手作り屋さんかたつむり)
―湯ヶ島温泉(宿泊)
恋人岬―堂ヶ島―松崎町―石廊崎―熱川温泉(宿泊)
熱川バナナワニ園―城ケ崎―伊豆高原―三島―静岡駅

西川農園のピザ焼き体験発想の原点ともいえる
天城のかたつむりさん
b0028299_21365706.jpg
ログハウスの前で

ミントやバジルなどのハーブも植えられていました。

b0028299_21375197.jpg
ピザ焼き体験、大変盛り上がりました!
石窯で焼き上げた出来立てピザ
とっても美味しかった~~!

b0028299_21475299.jpg
三四郎島(象島・中ノ島・高島・沖ノ島の総称)
干潮時に沖合200Mに渡って道が出来、
歩いて渡ることが出来ます。
(トンボロ現象というそうです)
台湾西部澎湖県にも堂ヶ島のトンボロ現象と同じく
潮の干潮により現れる砂州でできる海岸があるそうで
堂ヶ島のある西伊豆町は台湾の澎湖県と2015年に
友好交流提携書に調印をしているそうです。
大小90余りの島々からなる台湾の代表的な観光地だそうですので
訪れてみるのもいいですね。


b0028299_21353988.jpg
伊豆の最南端 石廊崎
石室神社(現在の社殿は1901年に再建)
絶景でした!
海上安全・商売繁盛・学業成就にご利益があるとのこと。
しっかり神頼みしてきました。


b0028299_21384392.jpg
雨の中、熱川バナナワニ園へ。

中国語でワニは何というのか、台湾の友人に聞いてみたら、

「è Yú」

と言うそうです。

     てっきりお腹を空かす意味の

饿(è)魚

だと思い、
「Hungry fish?」

と尋ねると
そうではなく、

è

と書くのだそうです。

鰐という漢字の異体字になるようです。

けれどもワニ君は体調管理のために
1~2週間に一度しかエサ(トリ肉)をあげないそうなので
餓魚もまんざら間違っていない名前かな?
b0028299_21394090.jpg
「お~い、お腹が空いて寝ているのかい~??」

b0028299_21400011.jpg
ワニバナナのオブジェの前で

熱川バナナワニ園は行かれた方も多いと思いますが
バナナとワニの他にも
日本ではここにしかいないというニシレッサーパンダを見ることが出来たり
熱帯果樹温室では大きなマンゴーの樹があり、
いくつも実をつけていたり
植物園では珍しい植物を見ることができ
西川農園にとってはたまらない魅力のテーマパークでした。
またゆっくり来ます!



帰りに伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとで美味しそうなアンチョビを見つけました。
新鮮な伊豆のカタクチイワシをじっくり熟成させた無添加のアンチョビです。
b0028299_21403830.jpg

塩漬けだあって塩が効いていましたがストレートな味で美味しいです。
トマトやチーズ、パン、パスタなどと相性が良さそうです。



3日間の旅でしたが伊豆の至る所で
地元の方々の優しい人柄に触れ、
旅館や土産物店での
細やかなおもてなしにインスパイアされてきました。
すぐのすぐには真似はできませんが、
また地道にコツコツ頑張ります!
まずは草取り・窓ふき、からかな。。


今回一緒に楽しく過ごした台湾の友人4人、
留守の間ハウスの水やりや農作物の管理をしてくれた父、
拙い旅行の記録を読んでくれた貴方に感謝。









by mgarden2 | 2017-09-08 00:28 | 外遊録 | Comments(0)