やけに大きいジャボチカバの実

b0028299_19391170.jpg少し前から気になっていたジャボチカバ。やけに大きな実がひとつ。今日採って食べてみました。糖度19度以上、味は上々。でも、なぜこの実だけ大きくなったのでしょう?横の実は極普通のサイズの直径23ミリ、果重8グラム、糖度19.8度。秋にこの枝の下の方から出ていた太い枝を切り取ったので、樹勢が強まったということが原因のひとつかもしれません。しかし、画像には写っていないところの実も普通のサイズですし、この実ひとつだけがこれだけ大きいというのはたぶん別のところに理由があるのでしょう。画像では大きさがわからないので数字を書いてみます。直径32ミリ、果重18グラム、大きな種3個と皮の重さ6グラムを引いた可食部は12グラムになりました。これだけ大きいと食べ応えがあります。この種を蒔いたら大きい実がなるジャボチカバができるわけではありませんが、可能性が全くないわけではないと勝手に信じて種蒔きをする私です。環境を整えてやれば播種後5年以内に花を咲かせることもできます。(代表)
by mgarden2 | 2008-12-04 20:08 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 寿太郎みかんの収穫  寿太郎温州の収穫 >>