アッスーワン結実

b0028299_1918231.jpg大き目のアッスーワン5株の内、今年は4株で花が咲きました。4株の内で一番多く実をつけたものが画像の株で、1株で30数個実を着けていました。画像左の実が直径32ミリ、果重20グラムで一番大きく、樹勢が悪いせいか30ミリ以下の実ばかりになってしまいました。味の方は昨年同様すごく美味しいとは思えない、アッスーとあまり変らない味でした。糖度は10数個を計測した結果14度台が数個、15度16度台が多数、17度台が数個、18度というものがひとつありました。数値的には甘く感じられてもおかしくないのですが、酸が割と多いこととジャボチカバ特有の臭いが感じられることにより、それほど美味しく感じられません。やはり種は大きいけれど素直な甘みで(熟せば)ジャボチカバ臭のない四季なり種が一番日本人の口に合うようです。(代表)
by mgarden2 | 2008-10-03 19:30 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 台湾のパイナップル 細菌感染したジャボチカバの葉 >>