びっくりジャボチカバ

b0028299_2154133.jpgここ3日ほどジャボチカバの苗の整理と処分をしています。仕立て直して売れそうな苗は植え替え、密植状態で伸びきった苗は思い切って捨てています。普段、密植された小苗を掻き分け、中の方まで覗くことがないので気がつかずにいましたが、今日面白い株を見つけました。まだ開花するほどの太さになっていないにもかかわらず実をつけた株があったのです。普通ジャボチカバは幹が大人の人差し指くらいにならないと開花を始めませんが、この株は小指くらいの太さの幹に実をいくつも着けていました。幹の根元の太さが直径13ミリ、樹高87センチ。今までこんなに細いうちに実を着けた株はありませんでした。株を見た限り、他のものとの差は一切見当たりません。なぜこの株だけが細いうちから開花したのかは謎です。でも「使えそうだな」ということで、背丈を切り詰め、一回り大きい鉢に植え替え、今後の生育を見守ることにしました。(代表)
by mgarden2 | 2007-08-10 22:14 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 早生みかん園より 玉文試食 >>