ついに「アッスー・ワン」開花!

b0028299_19452181.jpg二番茶で忙しくしている今日この頃、私には少し前から気になっていることがありました。2003年に沖縄より持ち帰ったジャボチカバ“アッスー・ワン”に最近蕾らしきものが出てきていたのです。アッスーもそうですがこのアッスー・ワン、枝に現れたそのプチプチとした突起物が蕾なのか単なる芽なのか、慣れないと判別できません。一週間ほど前から徐々に膨らんできたその突起物が蕾だと確認できたのは二日前です。今朝ハウスに入ると、念願の花が咲いていました。国内での開花報告は、私が知る限りまだありません。今夜、私が苗を買った沖縄の苗木屋に電話してみましたが、腕ほどの太さのある親木でもまだ花が咲かないということでした。我が家のアッスー・ワンは(おそらく)接木7年目くらい。接木部の幹の太さは4センチ前後、樹高2メートル数十センチ、決して大きくはありません。それなのに蕾が着いた理由として考えられるのは、まず鉢栽培ということ、そして冬は6~8度の低温に長時間さらしていること。あまりにもすくすく育ってしまうと、植物は安心しきってなかなか花を咲かせてくれません。上手くいけば、この夏にはアッスー・ワンの果実特性を報告できるかもしれません。今まで「実が大きくて甘い」というウソか本当かわからないあいまいな情報しかありませんでしたが、正確な情報を発信できる日が近付いているのは嬉しい限りです。いったいどんな実がなるのでしょう。このわくわく感が感激に変わるか失望に変わるか、初収穫が楽しみでもあり怖くもあります。(代表)
by mgarden2 | 2007-06-18 20:11 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< マンゴーのカットの仕方 2番茶収穫始まりました >>