謎の赤い植物の正体

昨日のカフェでは西川農園産のマンゴーがデザートに付きました。
来週も少量ですがマンゴーが収穫できそうですので
どうぞ楽しみにお越しください。


今年初めてのジャボチカバスムージーはもう少し皮の入り具合を抑えた方が
一般受けするようでした。
さらに、お客様からナイスなご提案を頂きました。
オレンジ系フレーバーを少しかけると
ジャボチカバの皮の渋みが生きてくるのでは?
というご意見です。
これをうけて来週はオレンジ系リキュールでポピュラーな
グラン・マルニエをジャボチカバスムージーに少量試してみます。


さてさて、週末書いたブログでの謎の植物の正体です。
b0028299_19342875.jpg

苞と呼ばれる赤い円錐形の上に小さな黄色いニョロニョロした花と
緑色の実が見えてます。
答えはもうおわかりですね。

b0028299_19345488.jpg

植物の正体はバナナでした。


今、日本人が食べている一般のバナナも昔(紀元前)は
小豆大ほどの種があったそうですが
偶然種無しのバナナを発見した現地の人が、
食味の良さから種無しバナナの株を増やしていったそうです。

ジャボチカバも今は種がネックになって食味を半減させていますが、
種無しが出現したらいいですね。
宝くじよりも当たる確率低そうですが、
多くの人が育てれば中には偶然種無しも出現するんじゃないかなぁ。
バナナを見るといつもそんなことを思います。
by mgarden2 | 2016-06-20 21:10 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 気になる~ 農園に謎の赤い植物 >>