小葉系ジャボチカバ

b0028299_2044914.jpg
小葉系ジャボチカバの実がなり始めました。大葉系(四季なり)と違うところは、年に一回か二回しか実をつけない、実の大きさや味は大葉系と変わりませんが、種がサクランボの種ぐらいの大きさで可食部が多いということです。果実のなり方も、大葉系は幹に直接張り付いた感じですが、小葉系はサクランボのように軸があります。軸の長さは5~10ミリほどです。短くても軸があると可愛く見えます。不思議なものですね。(代表)
by mgarden2 | 2005-04-08 20:16 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< バンザイ 玉吊り作業他マンゴー関連記事 >>