236回目のカフェジャボチカバ ~1+2+3=6 ではない?~

こんばんは!AYAです^^

昨日は家族連れやカップル、そしてボタニカルアートの画家さんや
ブルーベリー農業体験講座の参加者が来てくれたりと、
来園いただいたお客様、どうもありがとうございました。


b0028299_20424060.jpg

1000円プレートのデザートで出しているジャボチカバムース
毎回少しずつムースの配合が違うのですが、
昨日のムースはプロの職人によるレシピで作りました。
卵白を使わないレシピで、普段作るムースよりも硬めの仕上がりです。
ジャボチカバの味自体が乳酸飲料のような風味なので
出来上がりのムースも甘酸っぱい仕上がりでしたね^^

ムースの上にはジャボチカバの木の皮をイメージしたコポー(木くずの意)
をパラパラとのせてみましたよ♪


ブルーベリー農作業体験講座の2回目草取り体験
b0028299_20433976.jpg

草取り体験の様子
前回同様、お子さん方が楽しんで草を取ってくれていました。
中には、隠れプロの方やプロの中のプロの参加も!
1時間足らずで綺麗に草を片付けてくれました。
参加者の方々からは、草の量が少なくて物足りなかったとの声が・・・^^;
畑が狭くてどうもすみませんでした(><)ゝ

b0028299_20431955.jpg

草取りの後は代表と参加者の皆さんと、お茶を囲んでのティータイム♪
参加いただいた方々、どうも有り難うございました!
次回は楽しい収穫体験です。


去年から毎週1人~2人、親戚や知人にカフェのお手伝いを頼んでいますが、
どの方もカフェ営業に向いている方ばかりで私達以上にてきぱきと、
丁寧に作業をしてくれて助けてもらっています。
昨日お手伝いに来てくれた方もカフェが天職!のような方で
大助かりでした。(山川先生、ありがとう~!!)

で、今日のタイトルは何か、っていうと、
2年前の今頃、高校を出たばかりの娘が母校を訪ねた時に
高校の先生から教わった計算です。
娘が農業関係の大学に進む事を聞いた顧問の先生が
「西川、農業の6次産業化ってわかるか?」
と聞いたそうです。
娘が
「1+2+3=6・・・っていうのですよね?」
と答えたところ
職員室に響き渡る、よく通る声で
「違う!1+2+3=6 じゃないだろう!」
と大声で叱ったそうです。
(職員室中から笑い声が聞こえたそうです)
先生が聞きたかった答えは
『農業の6次産業化は1×2×3=6』

娘の知識の無さを嘆いて
思わず主語が抜けてしまったのですね。

6次産業化については、ひとたび新聞をめくると、
農家の〇〇商品開発、〇〇ブランド化、農業所得倍増・・・
と目覚しい活躍が紹介されています。
農業と工業が結びつくと、確かに安定した生産性の高い商品が
大量に出来ていて、知名度がアップしたり、多くの人にメリットが出てくるのだと思います。

傍から見れば我が家の特産品のジャボチカバ加工は手工業レベル。
まだまだ農業者である私自身が自己満足で作っている加工品です。
これからは信頼できるプロとの連携や、今回の農作業体験のような、
地域資源を活用したサービスなどで農園らしい産業を目指していかなければ
ならないのだと感じた一日でした。

農園では2種類のジャボチカバの収穫体験が出来ますが、
本場のジャボチカバの実が増えてきて、
久しぶりにブラジル人の家族も何組か来てくれるようになりました。^^
下の写真は、家族連れで来てくれたブラジル人のお子さんが摘んできたタンポポ。
b0028299_2043416.jpg


日本の子供も、ブラジル人の子供も、この時期はタンポポ摘みに夢中です。


それでは今週も一週間頑張りましょう!
by mgarden2 | 2014-04-07 22:23 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 一年生 明日のカフェメニュー♪ >>