新年初のカフェ営業~171回目~

こんばんは♪AYAです!

今年初めてのカフェ営業、どうにか無事に終えることができました。
お越しくださいましたお客様、有難うございました!

今朝は全く人の気配が感じられない静かなハウスで始まりました。
新年初の来客と言えば、ハウスの出口には、

こんな方とか・・・
b0028299_2004852.jpg

我が家の大切なミミズを食べに来たモグラの穴・・・(ーー; 

この方とか・・
b0028299_201757.jpg

芝生を食べた後のお返し・・・??(´0`)

樹の上ではメジロやキビタキ、そして初めて見かけたこんな鳥が。。。
b0028299_2013712.jpg

ジャボチカバの実を食べに???(@□@;;

農園らしい客に見舞われての新年のスタートです。

今週はブラジル人の故郷の味と言われている小葉系ジャボチカバが鈴なりということで、
在日ブラジル人の方々も大勢来てくれました。
b0028299_202168.jpg

この明るい笑顔!!そして陽気な事!!
ブラジル人がいなければ今のカフェジャボチカバはなかったといって言い程、
在日ブラジル人の方々から多くの励ましを受けてきました。
年頭にあたり、感謝と共に、初心に戻れた一時でした。
皆さんゆっくりと楽しんでいただけてオブリガーダ!です。

日本人のお客さんもパンを買いに来てくれたり、ランチを注文してくださったり、
常連の皆さん、口コミやネット検索で来てくれた方々に感謝です。
去年の初めから始めた1,000円ランチですが、一年間どうにか続けてこられました。
今日の惣菜一品は塩味のみの根菜のチップ&ニンニクソース、
素材の味を楽しんでいただけたようで安心しました。

昨日書いたプルーンのデニッシュ
b0028299_2022491.jpg

一般のデニッシュ生地よりもバターの分量が少ないレシピで作りましたので
あまりサクサク感はなかったですが、カスタードクリームとプルーンは相性◎です
(Fさま プルーンを有難う!)

こちらはいただき物です
b0028299_2023779.jpg

「ひしほ」醤油
加賀百万石のかくし味だそうです。 
生醤油を加熱処理させずにミクロフィルターでろ過して造ったものだそうで、
10年前まで我が家で作っていたしょう油と同じ製法です。
(我が家の場合ミクロフィルターはありませんでしたが。)
懐かしい味です。有難うございます。

本や雑誌を持ち込んでオーダーしたランチセットをゆっくり待ってくださる方もいて、
休みの日の、時間の使い方を上手に工夫しているお客さんが数組いて
いいアイデアだなぁ、と思いました。
(本といえば、私も先日、水神下巻読了しました。
 お陰でいい正月になりました。心が熱くなりました。
 今は三浦しをんさんの『神去なあなあ日常』を読み始め・・・、
 東洋脳×西洋脳もこれから読みます!)

今日は市内のフレンチレストランtetsuya sugimotoさんがブログ
ジャボチカバの記事を取り上げて下さいました。

食材や料理に対する思い込みってあります。
食わず嫌いっていうのもありますし、
特に日本人は伝統、または逆に流行そして健康食、
などのカテゴリの中で食を選ぶのを好みますよね。
以前読んだ本の中に、食に関して説得力のある文章が書かれていたので
引っ張りだしてきました・・・・。



ブランドの食材だといわれれば妙に納得してしまう。
ワインのように最初に情報があって、味覚がそれを学習するという
動物としては本末転倒も随所に見られる
・・・・<中略>・・・
うまいかまずいかよりも、太らないというフレーズが人間には有効である。
おいしいステーキやチョコレートよりも、情報がもっとおいしい。
人間とは奇妙な動物である。
「からだで味わう動物と情報を味わう人間」(伏木 亨氏 京都大学教授)より一部引用



このような情報も踏まえつつ、
カフェメニューの献立も前向きに、また作っていきたいし、
ジャボチカバも今年は私達から離れて、プロの料理人や、
皆さんのご家庭内で、さらに使われてもらえたら。。。
と願っています。

あと、最後になってしまいましたが、忘れてはならない事は、東北支援の継続です。
去年は毎月個人的に募金活動を行うことだけに甘んじていました、、。
今年は何か・・・。
少しでも結果が残せますように。。。決心を固くしています。

今年も一年、農園カフェの方もどうぞ宜しくお願いします。
by mgarden2 | 2013-01-06 21:42 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< しずふぁん!!の取材がありました 明日のカフェメニュー >>