どうもありがとうございました

開園2周年のカフェ営業を無事に終えました。
来てくれたお客様、どうもありがとうございます!
まだまだ至らないところだらけですが、お客様の声を反映させて少しずつでも農園カフェとして楽しめる空間作りをしていきたいと話しています。これからもどうぞ宜しくお願いします。

毎週日曜の朝は、代表が8時頃までにキッチンカーのワーゲンバスでハウスに出勤します。それから数十分遅れて私が自家用車で到着します。いつもは私がハウスに着く頃にはワーゲンバスが所定の場所にいて、電気系統や排水設備も準備してあります。
 ところが、今日はワーゲンがハウスの入り口付近で二の足を踏んだまま止まっているのです。聞くと、道端で犬の糞を踏んでしまい、タイヤを洗わなくては中へは入れない、とのこと。そして、ハウス前の農道に落ちていた場合はお客さんが誤って踏んでしまうかもしれないということで一巡してきました。けれどもハウスの付近には落ちていなかったので、それは自宅を出て国道に入るまでの農道で、犬ではないかもしれない獣のフンだったのかもしれません。とにかく、今日は2周年記念のお祝い・・・?で、朝からウンが付いていたのです。

b0028299_21172271.jpg

2周年記念の自園・自家焙煎コーヒーセットは、本当に少しで申し訳なかったのですが、
お客さんが喜んでくれたようですのでまた次回もやりたいと思っています。

b0028299_21174594.jpg

キッチンカー前の陳列の様子です。
今週から手作りパイが出ました。涼しくなってきたとはいえ室温は20度前後。
空調設備のない菓子加工場で何度もパイ生地を冷蔵庫に入れて冷やしながらの仕込みでした。今にもバターが溶け出しそうで「あ~、もうだめかも。。」とひやひやしながらで心配でしたが、思いのほかよく仕上がってくれ、無事にメニューに出すことができました。来週も頑張って作りますので是非どうぞ!

朝の一騒動で今朝はいつにも増して掃除が行き届きませんでした。m(。。)m大人にとって、落ちた笹の葉や刈り取った後の芝などはただのゴミにしか見えないですが、子供にとってはカッコウの遊び道具のようです。家族連れで来た小学生の姉妹がハウス前の落ち葉で下の写真の鳥の巣を作ったのです。
b0028299_21182051.jpg

枯れた芝の中にヒメクグ(カヤツリグサの仲間)の実も散りばめられていてとっても素敵だったのですよ(^^

帰宅すると、出荷用の極早生みかんがきちんと袋詰めされていて
出荷できる姿になって待っていました。
父母が一日かけて準備してくれたものです。
日曜の野良作業は父の負担が増えます。
いつも陰ながら支えてくれている父母や家族には特に感謝です。

(AYA)
by mgarden2 | 2011-10-02 22:16 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 農繁期のおやつ休憩 ふぞろいな豆たち ・他 >>