この花が実になる頃には

b0028299_20542678.jpg観光農園の駐車場になる場所に蒔いた芝生の種、明日で蒔いて丁度一週間です。一昨日には場所によってはにょきにょきと小さな丸い葉が顔を出し始め、なんとなく芝生ぽいので「ついに!」と喜んだのもほんの一日。昨日本物の芝生の芽を見つけ、それと同時にあのたくさんのかわいいにょきにょきが芝はシバでもメヒシバだと思い至り、いやおう無しに一ヵ月後の状況が頭に浮かびちょっと沈みました。発芽したばかりのメヒシバはなんとなく芝生っぽいのですが、芝生の芽は稲の芽によく似ていました。
今朝温室の戸を開けると、温室内がかぎ慣れた香りでいっぱいになっていて、木の方を見なくてもジャボチカバの花が満開になっていることがわかりました。(そういえば夜の何時頃咲くのか興味がありますが、忙しくて観察するのを忘れていました)今回の花が実になり収穫できるのは約1ヶ月後。多くの方に摘み取りを楽しんでいただけるよう、とりあえずの開園を目指し準備している最中です。時間制限の食べ放題とか、摘み取っただけ料金をいただくのではなく、制限量は小さなカップ1杯、持ち帰りはなしで席に着いて食べていただきます。おそらく量が足りないので、摘み取り希望の方は事前に電話かメールでの予約ということで。
例のカエル、毎日見かけます。もともと茶園に住んでいたのでしょうか?気になるところです。(代表)
by mgarden2 | 2009-09-07 21:25 | Cafe Jaboticaba | Comments(0)
<< 秋肥散布 電気工事 >>